岡山新望遠鏡の運用方針
太田耕司
(京大宇宙物理)
On behalf of 岡山新望遠鏡WG
2011年9月6日
岡山新望遠鏡運用方針
• 京大サイドでは、方針は基本的に不変
(2000年頃から同じ方針)
岡山UM等でも2,3年に一度紹介・議論
• 半分は京大で利用
• 半分は他大学の共同利用・運用
– 共同運用大学による利用(例:○×大学が1カ月)
– 従来型共同利用(国立天文台による)
• 時間に応じて運営経費を負担
• 半分は京大で利用
=>運営費は、既存施設の縮小、大学間連携、
寄付。人員の再配置
• 半分は他大学の共同利用・運用
– 共同運用大学による利用(例:○×大学が1カ
月)
=>具体的提案は今のところなし
– 従来型共同利用(国立天文台による)
• 時間に応じて運営経費を負担
=> 国立天文台と京大理の間での協定(未)
実際には運用経費の半分を天文台で
京都大学大学院理学研究科
物理学第2教室
宇宙物理学教室
附属天文台
地磁気世界資料
解析センター
運営協議会
全国の大学
岡山天文台
(仮称)
国立天文台
岡山共同利用協議会
(仮称)
赤が新設される運用体制
花山天文台
飛騨天文台
この1年の間に出てきた新しい話
• ドーム・望遠鏡本体は、ナノオプトニクス所有
(減価償却後に京大へ寄付を前提)
• 京大と国立天文台がレンタルする
(大型計算機レンタルみたいな感じ)
• 望遠鏡時間の例えば15%はナノに利用権があ
って観望会等に利用
(必ずしも15%を使いきるとは限らない)
という案も
ダウンロード

岡山新望遠鏡の運用方針