Excelマクロ機能入門
操作マクロ入門
1
Excelのマクロ機能
1. Excelマクロ(操作の記録・自動実行)
– 比較的簡単
– ユーザーの操作を記録し、自動的に実行させる
2. Excel VBA
– 比較的難しい
– VBAというプログラミング言語によるプログラミング
VisualBasic for Applications
– プログラムさえ作成すればなんでもできる
• 新しい関数の作成
• ユーザーインターフェースの作成
• Excelをベースにしたアプリの開発(電子カルテ, etc.)
2
準備:「開発」タブの表示
• ファイルメニューの「オプション」をクリックして
「Excelのオプション」を表示し、
• 「リボンのユーザー設定」で右側の「開発」に
チェックを
入れ「OK」を
クリック
 「開発」タブが
表示される
3
開発タブ
• 開発タブは上述の手順を踏まないと表示されな
い
 バージョンにより手順が多少異なるので注意
• マクロ関係の機能が集められている
4
はじめてのマクロ登録(1/2)
• 開発タブの「マクロの記録」をクリック
• 「マクロの記録」ダイアログ
が表示されるので、
マクロ名を
「はじめてのマクロ」とし
「OK」ボタンをクリック。
5
はじめてのマクロ登録(2/2)
• C3セルを選択し、“はじめてのマクロ”と入力し、
フォントサイズを14にし、太字、斜体にし、文字
を赤色にし、背景を黄色にする。
• 開発タブの「記録終了」ボタンをクリック
6
マクロの実行
• 開発タブの
「マクロ」ボタンを
クリックすると
「マクロ」ダイアログが
表示されるので、
「はじめてのマクロ」を
選択して
「実行」ボタンを
クリックする。
7
実行結果の確認
• 「はじめてのマクロ」は対象をC3セルに限
定して実行されるため、同じマクロを繰り
返し実行しても見た目の変化はない。
Sheet1で実行しても何も変わらない。
• Sheet2に移動して実行してみる。
8
相対参照マクロ
• 常に同じセルを対象にマクロが実行されるの
は、マクロの記録時に「絶対参照」として記録
したため。
• 「相対参照で記録」ボタンを押し込んだ状態で
記録すると、相対参照マクロになる。
相対参照マクロは対象セルを選択して実行で
きる。
9
練習1
• 「はじめての相対マクロ」を作成せよ。
• 内容は「はじめてのマクロ」と同じとする。
• ただし相対参照で記録し、選択した任意の
セルを対象に実行できるようにすること。
10
マクロのあるファイルの保存
• 「名前をつけて保存」で、「ファイルの種類」
として「Excelマクロ有効ブック」を選択して
保存。
11
マクロ有効ブックを開く(コンテンツ有効化)
• マクロ有効ブックを開き直すとセキュリティ警告
が出るので、「コンテンツの有効化」をチェックし、
「OK」をクリック
12
マクロの正体を確認する
• 開発タブの「マクロ」をクリックし「マクロ」ダイア
ログを表示する
• 「マクロ」ダイアログで「はじめてのマクロ」を選
択し「編集」ボタンをクリック
13
VBEが表示される
• VBE(VisualBasic Editor)が表示され、VBAのコー
ドが表示される
マクロを表現した
VBAプログラムの
コード
これがマクロの正体
14
文字列を変更してみる
• コード中の“はじめてのマクロ”を“最初のマク
ロ”に変更して上書き保存し、実行してみる。
15
マクロ実行用ボタンの作成
• 開発タブの「挿入」ボタンの
フォームコントロール一覧
から「ボタン」を選択
• ドラッグしてボタンを作成
• 「マクロの登録」ダイアロ
グが表示されるので
「はじめての相対マクロ」
を選択して「OK」をクリック
• ボタンの名前を
「相対マクロ」に変更する
16
ボタンからのマクロ実行
• 「相対マクロ」ボタンをクリックするとマクロが実
行される
17
今日のまとめ
• Excelでマクロと呼ばれる機能は大きく二つ。
• 一つはユーザーの行った操作を記録して自動
実行する機能(操作マクロ)
• もう一つはVBAプログラム
• 操作マクロの中身もExcelが自動生成したVBAの
プログラム
• ボタンを配置してアプリのように実行することも
できる
リボンの中にボタンを追加することも可能
• マクロ・VBAを利用するとさまざまなことが自動
実行できる。アプリも作製可能。
18
ダウンロード

マクロ