付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
付属書I.9
支援統計手法
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 1
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
 管理図(例) :
> シューハート管理図(ISO 8258参照)
> 算術平均及び管理限界を有する管理図(ISO 7873参照)
> 受容管理図(ISO 7966参照)
> 累積図(ISO 7871参照)
> 加重移動平均
以下を支援:
 実験計画法(DOE)
- 効果的なデータ
アセスメント
- データセットの
有意性の決定
 パレート図
 工程能力分析
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 2
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
管理図(ISO 7870)
 システムに組み込まれた変動の範囲を示す
 工程平均の両側に引いた線によって統計的に求められた上方
及び下方管理限界を示す
 管理図の境界は上方及び下方管理限界によって示される
> データに統計手法を適用することにより算出する
> この境界から外れるデータ点は特別な原因による変動を示す
> 見つけ出し、除去することができる
 改善には工程の変更を必要とする
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 3
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
管理図
適用分野
 重要パラメータのモニタリング
 以下の決定に必要な情報の提供
上方管理限界
> 工程能力
> 変動
中心線
下方管理限界
プロセスの変更
シグナル
> 管理
 管理図には警告限界や傾向分析を
扱うものもある
サブグループ番号
例
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 4
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
管理図:シューハート管理図(ISO 8258)
 警告限界を用いる
 傾向のパターンを分析する
上方管理限界(UCL)
中心線(CL)
下方管理限界(LCL)
サブグループ番号
例
適用分野
 統計的な工程管理
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 5
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
算術平均及び警告限界を有する管理図(ISO 7873)
 警告及び処置の
限界を有する管理図
上方処置限界
上方警告限界
中心線
下方警告限界
適用分野
下方処置限界
 品質に関する処置の目安を可能とする
 工程と製品品質との関係構築における基礎を提供する
 工程の調整に関する推奨事項を提供する
 プロセス解析工学(PAT)に関する手法と併用することができる
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 6
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
管理図:受容管理図(ISO 7966)
 中心線が受容可能な
プロセス領域内にある
管理図
 理想的には平均値が
目標値と一致すべきである
適用分野
棄却すべきプロセス
無関心領域
受容可能なプロセス
目標レベル
無関心領域
棄却すべきプロセス
 通常のバッチ生産の間に標本サイズ、処置限界及び決定基準に対する
指針が得られる
 プロセス頑健性/6シグマプログラムの下での継続的改善を開始する
ことができる
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 7
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
限界と範囲の一覧
不適となる領域
デザイン
スペースから
のずれ
許容できない工程の上限値(RPL)
登録範囲の上限値
規格の上限値
通常工程における最大値
目標値=最適値
通常工程における最小値
規格の下限値
工程パラメータ又は規格
許容できる工程の上限値(APL)
実測値
動作
範囲
登録範囲
又は
デザイン
スペース
登録範囲の下限値
許容できる工程の下限値(APL)
許容できない工程の下限値(RPL)
不適となる領域
デザイン
スペースから
のずれ
S. Rönninger, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 8
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
管理図:累積図(ISO 7871)
 平均値又はあらかじめ定義された値からの偏差の和及び
時間又は発生回数に対するプロット(Vマスク法など)
決定ライン
決定区間
標本区間
決定ライン
 モニター中の工程が変化しているかどうかを判定することができる
 同じ標本サイズではシューハート管理図の半分の時間で0.5~2.0
の変化が検出できる
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 9
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
管理図:累積図(ISO 7871)
適用分野
 工程における
わずかな逸脱を
他の管理図で
傾向が見える前に
検出することが
可能
累積和
 工程パラメータ
又は分析結果の
解析(PATなど)
観測値
例
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 10
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
I.9:支援統計手法
分析値
管理図:累積図(ISO 7871)
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 11
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
管理図:加重移動平均
 一般的な移動平均値は、ある期間におけるセキュリティーの終値の
総和をその期間の日数で割ることによって算出する
適用分野
 工程パラメータ又は分析結果の解析(PATなど)
 工程におけるわずかな逸脱を他の管理図で傾向が見える前に
検出する
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
ICH Q9
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 12
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
実験計画法(DOE)
 統計的な考慮に基づいて実験を
計画する
 以下のためにデータ及び結果を分析する
Degradation
and fines
分解及び微粉化
> 工程のばらつき
> 交互作用の可能性の探索
Fines
微粉化
給気温度
Inlet
humidity
給気温度
Inlet
humidity
Degradation
分解
Inlet給気温度
temperature
> Keyとなるパラメータの設定
気流
Air flow
Air flow
気流
Air flow
気流
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 13
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
実験計画法(DOE)
適用分野
 探索研究及び研究開発分野
 設定パラメータの回顧的評価
(証明済みの許容範囲)
 変数の組合せを系統的に選ぶことにより個々の効果を分離
することが可能になる
 特別な変法:出力パラメータの平均目標値を達成するため、
事前に変動を最小限に抑え設計パラメータを最適化する
ことに重点をおく
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 14
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
I.9:支援統計手法
承認申請における実験計画法(DOE)
 使用された実験デザインの種類:完全/一部実施要因
計画など
 因子及び応答の選択の妥当性
 補足として
> 検討対象とする因子の数と水準
> 各因子の組合せに対する応答の値による実験マトリックス
 図式表示
> 検討対象とする因子の相対有意差及び因子間交互作用の
係数のプロット
PATに関するリフレクションペーパー:EMEA/INS/277260/2005, 2006年3月20日
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 15
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
I.9:支援統計手法
承認申請における実験計画法(DOE)
 DOEから導かれたモデルに対する統計的評価
(分散分析表など)
 結論の全容を明確に示すため、検討において有意であった
因子について、応答との関係を図で示す(たとえば、応答
曲面や等高線図)
 ICH Q8に定義されたデザインスペース(実際の試験結果及び
/又はモデルに基づく)
 DOE から得られたモデルの検証
PATに関するリフレクションペーパー:EMEA/INS/277260/2005, 2006年3月20日
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 16
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
パレート図
 相対頻度データの累積頻度を
大きい順にプロットすることに
より作成される
 解析における最も重要な
因子が図式的に明解であり、
かつ秩序のある型式で示される。
標準化された効果
適用分野
 システム上で最大の累積効果のある因子の特定
 プロセス中の限られた重要因子:重要度の低い因子を選別して落とす
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 17
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
I.9:支援統計手法
 パレート図
標準化された効果
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 18
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
工程能力分析
 欠陥製品の割合の推定
Cp値
Cp value
graphical
view of
種々のCp値の図示
different cp values
values
statistically
統計的に限界外の値
out of limit
values
in the limit
限界内の値
結果:
Result:
cp=0.5
cp=1
OGW
UGW
UGW
cp=3
OGW
UGW
OGW
13,58 %
0,27 %
約0 0
approx.
86,42 %
99,73 %
> 99,999999 %
統計解析上、
process
statistically
管理されていないと
out of control
見なされる工程
process
statisticaly under control
統計解析上、管理されていると見なされる工程
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 19
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
工程能力分析
適用分野
 工程の変動のモニタリング/測定
 データの回顧的な解析
> 年次製品レビュー
 工程のばらつきと規格の関係の決定
 要件:工程に特化したデータ
 規制当局及び業界の両方で使用できる手法
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 20
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
ヒストグラム
 累積されたデータの単純な図示
> データの分散及び中心的傾向を含む
 データ分布の評価のための最も簡便な方法を提供する
LSL(下限規格値)=0.0, Nominal(公称値)=0.12, USL(上限規格値)=0.5
頻度
Cpk(上限)=4.98
Cpk(下限)=1.57
工程の
適合性
例
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 21
付属書Ⅰ:リスクマネジメントの方法と手法
ICH Q9 品質リスクマネジメント
I.9:支援統計手法
散布図(x/yダイアグラム)
 ひとつの変数が別の変数に及ぼす影響を図示
 通常、ひとつの変数の観察値と対応する他の変数の値を示す点で
表される
 進め方:
2つのパラメータx及びyの値を2次元的にプロットする
ICH Q9
正の相関の例
負の相関の例
相関関係なしの例
強い正の相関の例
弱い負の相関の例
http://www.sytsma.com/tqmtools/Scat.html
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 22
ダウンロード

付属書I.9 支援統計手法