なぜ情報実験か?その2
最低限知識の確認と
さらなる飛躍にむけて
北海道大学理学院
宇宙理学専攻
石渡正樹
[email protected]
2008年07月18日
目次
• 情報実験の目的の確認
• 最低限確認: 技術知識編
– Internet の基本, セキュリティーの基本(パスワード)
• 最低限確認: 利用者知識編
– 日本のインターネットの歴史:日本の大学の特殊性
– 管理運営構造と自力更正
• さらなる飛躍に向けて
– 知の爆発, V. Bush (1945)
– 近所の活動あれこれ
•
•
•
•
教育・研究資料公開, 講義・セミナー動画配信
大容量高速ネットワークを介したデータ転送
遠隔計算, 遠隔制御
などなど
情報実験の目的の確認
• 立派な大人になる
• Internet の文化的背景と最低限技術を理解する
• 少なくとも,置かれている状況を慮ることを知る:
– 他人に迷惑をかけてはならない
– 自分のことは自分でやらなくてはならない
• 願わくば
– 相互扶助による運営へ協力ならびに貢献
– 地球惑星科学の情報化を真に進められる人材が育つこ
とを期待する.
最低限確認
利用者的技術編
最低技術知識の確認
これくらい知っとけよ, こんなこと周囲・管理者に聞くなよ
• 計算機あれこれ
– 基本
• Unix (Linux), X
– ハードウェアの名前とイメージ
• メモリ、CPU、ハードディスク、バ
ス、…
– 計算機を動かしている基本ソフ
トウェア (OS) とそれにまつわる
基本単語
• ブート、シャットダウン、BIOS、…,
• 電源は切っていいとは限らない
最低技術知識の確認
これくらい知っとけよ, こんなこと周囲・管理者に聞くなよ
• ネットワーク基本単語あれこれ
– TCP/IP
– IP アドレス (IP address)
•
•
•
•
ネットマスク(netmask)
ネットワーク(network)アドレス
ホスト(host)アドレス
ブロードキャスト(broadcast) アドレス
– ドメイン (domain)
• ホストネーム(host name)・ドメインネーム (domain name)
• DNS
133.
87.
45.
15
= 10000101. 01010111. 00101101. 00001111
1 byte = 8 bit
最低技術知識の確認
これくらい知っとけよ, こんなこと周囲・管理者に聞くなよ
• ネットワーク基本概念あれこれ
– サーバ・クライアントモデル
• デーモン
• ポート(port)
– メール
• SMTP
• POP
最低限確認
利用者知識編
最低利用知識の確認
• セキュリティーに対する高い意識
– まずは自分を守る
• 自分のアカウントに侵入されない
• 意図しないプライバシーの全世界への公開
• ウィルス防御・駆除ソフトの導入は必須
– それは, 他人(仲間/プロジェクト)を守ること
• アカウントをとられると, 計算機内の他人/プロジェクト
の資源が危険にさらされる.
– それは, 世界(ネットワーク全体)を守ること
• 踏台にされ, 知らない間に他の重要資源攻撃に荷担
させられる.
最低利用知識の確認
• ネットワーク常時接続→計算
機は『危険物』
– 車と同じ
• 運用操作技術の習得, 適切な日常
点検, 適切な管理
• 計算機をかわいがることが重要
– でも車と違う。成熟した技術では
ない → 知識の更新が必要.
• 整備不良, 管理不備により深刻な
被害をもたらした場合は刑事責任
• ネットワークの機器のログの確保
提供義務
• 当局への提供においては個人情
報の扱いに注意必要
http:////www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/inci06/inci01.html
より転載
最低利用知識の確認
• パスワードと暗号化
– パスワード
• パスワードは最初にして最後の砦
• 正しいパスワード.
『辞書』(あらゆる辞典)にのってそうな単語はダメ
– 暗号化
• ネットワーク上では暗号化を施さなければまるみえ.
SSH (secure shell) 計算機アカウントアクセス時
SSL (secure socket layer) WEB アクセス時
最低利用知識の確認
• 不必要なネットワークサー
ビスは危険
– 不要なデーモンを停止
– ポートを閉める
• セキュリティホールをなくす
– セキュリティ情報のチェック
• JPCERT:http://www.jpcert.
or.jp
– 最新資源へのアップデート
JPCERTのトップページ
最低利用知識の確認
• 資源とその管理体制を理解する
– 何が何処の管理に属するか
• 重層的なハードウェア, ソフトウェア環境
• 対応した重層的な管理組織
• 技術管理者・政策管理者・危機管理者
– 障害発生レベルと対応した管理組織の掌握
• 例: メールの配送
– ネットワークの管理運用者
– 計算機資源のハードウェアと OS レベルの環境の管理運用
者
– メールサーバーソフトウェアの管理運用者
– メールリストの管理運用者
最低利用知識の確認
• 重層的なネットワーク環境
– SINET(国立情報学研究所)
– 大学キャンパスネットワーク
– 各部局、研究室
SINET3の構成
http://www.sinet.ad.jp/about_sinet3/sinet3_kousei.PNG
最低利用知識の確認
• 日本のインターネット文化を理解する
• 自分のことは自分でやる
最低利用知識の確認
• 日本におけるインターネット黎明
– 日本のInternetは大学から
– WIDE 1988 年-現在 (村井純
http://www.wide.ad.jp/ )
• Internet それ自体を研究する目的.
• 大学や企業の研究室, 研究グループを会員組
織とする実験プロジェクト.
• 多種多様な組織を繋いだ時に生じる技術的・
政治的・社会的諸問題を経験する.
– TISN 1989 年 ~ 1996 年
• 東大理学部を中心として日米国際回線の共同
利用のために組織された.
• 接続は原則として会員組織のみ. 会員は理学
研究目的の組織に限定していた.
• 科学技術庁省際ネットワーク(IMnet)に吸収さ
れることにより発展的に解消.
村井純氏
http://biography.sophia-it.com/
imgb/bimu001.png
より転載
最低利用知識の確認
• 日本におけるインターネット黎明
– 日本のInternetは大学から
– Unixの文化の継承=基本精神は, そのまま古
きよき大学の精神
• 自力更生(自分のことは自分でやる)
• 無保証
• ボランティア(相互扶助)
– 研究室から学科, 学部, 大学, 研究所, そしてそ
れら相互のnetwork 同士を接続し, 自分のネッ
トワーク上を他人のパケットが通過することを許
容することにより総体として Internet を作って
いっていった
最低利用知識の確認
• 日本におけるInternet の発展:プロバイダへ
– プロバイダ=Internet 接続サービスを提供する「組織」
– SINET (1991 年末):大学・研究機関のためのプロバイダ
• SINET の下に各大学が独自のキャンパスネットを運営:HINES,
UTnet, Kuins, ...
– ISP (= Internet Service Provider):商用プロバイダ
• IIJ が1992 年末, 開業
http://www2.ttcn.ne.jp/
~honkawa/6200.html
最低利用知識の確認
日本のInternetは大学から
• 日本における Internet の発展に大学や研究者個々人の活
動は触媒として有効に機能した.
– WIDEプロジェクトの役割が非常に大きい
– Unixのワークスステーションとしての普及と同時期に開始, むしろ
ネットワーク接続のためにUnixを導入するようになる
– 日本の大学の触媒機能
• 情報科学発展に対してはいまいち(各業界との交流があまり生まれな
かった)
• 大型計算機・スーパーコンピュータの発展には大きく寄与
• Internet の発展には本質的に寄与
• このことが逆に大学におけるネットワークの運用を現在困難
にしている
– 予算がないこともあり昔と同じままの体制(使う人が作る人=利用者
は高いモラルと技術知識を持っていることが前提)
最低利用知識の確認
• 日本の大学では自力更正
– 貧弱な管理運用体制
• 大学の精神に根ざす歴史的事情と貧乏とにより現在も昔(自力
更生時代)とあまりかわらない運用体制になっている
– 利用者は
• 自由な活動(自分で自分の環境を構築できる. 自分の責任にお
いて何をやっても良い)
• 高いモラル
• ボランティア精神
– 対応して個々人に要請されることは
• 自分のことは自分でやる
• 無保証であることの認識、覚悟
更なる飛躍に向けて
真の目的は情報化の推進
•
(人類として)本当にやって行かなければならないことは
知の爆発への対応
• Vannevar Bush (1945)
MITの副学長, 第二次大戦中は国防研究委員会議長, レー
ダーから対潜水艦作戦, マンハッタン計画にいたるまでの
兵器開発計画の監督.
人類にとっての真の挑戦は
原子をさらに細かく調べたり
生命の複雑さを探求したり
することではなく
科学技術が氾濫させる情報
のよりよい管理方法を
発見することだ.
→ 計算機に地球惑星科学の知識を教えていくこと.
http://en.wikipedia.org/wiki/Vannevar_Bush
地球惑星科学における展開
• 遠隔計算・遠隔観測のためのネットワーク環境構築
– Gbit大域のネットワークの設計と接続, 制御を自前で行う必
要
• http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~ssinet/ Super SINET
• http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~jgn/ JGN→post JGN
• 環境研究所, 天文台, 宇宙研のスーパーコンピュータの利用へ
• 遠隔授業,望遠鏡観測などのための
インフラ
北海道仮想天文台プロジェクト
http://madeira.cc.hokudai.ac.jp/ops/nw-key-men/index.php?snobs
地球惑星科学における展開
• ネットワーク上での知識提供実験 / ネットワーク上での教育実験
– 参考: School of Internet (WIDE) (http://www.soi.wide.ad.jp/)
– 地球惑星業界でも
同様な試みを展開
する必要
• WIDE SOI にならった
動画配信活動
Mosir プロジェクト
(http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~mosir/ )
地球惑星科学における展開
• データの構造化, 知見プラットフォームへの試み
– 地球流体電脳倶楽部
(http://www.gfd-dennou.org/)
• 地球惑星(流体現象)に
かかわる諸々の知見を
ネットワーク上に蓄積
• そのための道具作り
• 情報交換に便利な
数値データ構造の考察
• 地球惑星科学における
知見データの構造自体を
考える
情報実習の周辺における展開
最低利用知識の確認
• 資源とその管理体制
– SINET 国立情報学研究所
文部科学省の大学間接続を担うプロバイダ
– 情報基盤センターHINES
北海道大学キャンパスネットワークのプロバイダ
– 理学営繕掛/理学情報ネットワーク委員会
HINES 部局支線 = 理学研究院が配線管理
運用管理は HINES
– EPネットワーク委員会
宇宙惑星科学分野・地球惑星科学関連有志による主として8号館
(情報実験環境)のネットワーク接続の掌握, 管理, 運用
– 各々の研究室等
各研究室の情報環境
最低利用知識の確認
• 計算機資源の管理運用者
– 情報基盤センター(メディア教育)
学部学生用計算機資源
– 情報基盤センター(大型計算機システム)
院生・研究者用計算機資源
スーパーコンピュータ
– EPネットワーク委員会
地球惑星科学関係有志による主要サーバ群
dns, www, mail, news, ftp, router, ...
情報実習関係のネットワーク運用体制
–
EPネットワーク委員会 (netcom)
•
•
–
EPネットワーク技術支援グループ (epcore)
•
•
–
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~epcore/
実働担当の学生ボランティアグループ, EPNetFan の運営
EPNetFan
•
•
–
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~netcom/
政策決定, 運用責任
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~epnetfan/
相互扶助的勉強会, epcore メンバー養成, 情報実験の運営
物理実験I(情報実験)
•
•
•
•
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~inex/
支援グループ等々に迷惑かけないための啓蒙
ボランティア養成
情報科学的アプローチのできる地球惑星分野の科学者・技術者へのきっかけ
の
ご近所での展開
• 知の情報化に向けた情報研究教育活動
– 情報実習
– EPサーバー群
– EPNeTFan
おわりに
• 今後の機材の利用
→EPNeTFan に登録, 参加することにより,
– ルート(機材あたり1名)としての責任(セキュリティー対
策)を担ってもらう.
– 実験機材(3N+1,3N+2)は次の9月まで使える.
– さらに 3N 機材担当者に昇格すると在籍するかぎりずー
と使える.
• VTA になってもらうけど.
• 連絡先 [email protected]
• おしまい, おつかれさまでした.
参考書, 参考文献
• Bush, V., 1945: As we may think. Atlantic Monthly, 1945
July, 101-108.
• 村井純, 1997: インターネット, 岩波新書 新赤 416, 岩波書
店.
• 村井純, 1998: インターネットII, 岩波新書 新赤 571, 岩波書
店.
• 歌田明弘, 2000: 本の未来はどうなるか 新しい記憶技術の
時代へ, 中公新書 1562, 中央公論新社
• 山岸俊男,2000: 社会的ジレンマー「環境破壊」から「いじ
め」までー,PHP新書117,PHP研究所
• D. Libes & S. Ressler 著, 坂本 文 訳, 1990: Life with Unix,
アスキー.
• 坂村健, 2002: 痛快! コンピュータ学, 集英社文庫.
• 山口 英, 2002: ブロードバンド時代のインターネットセキュリ
ティー, 岩波科学ライブラリー85
ダウンロード

なぜ情報実験か? Unix (Linux) / Internet の歴史と 学問の情報化への