アルファベットについて
1年4組
村上英司郎
動機
► 中学校の英語の時間に「アルファベット」につ
いて習った時に興味を抱いたから。
► アルファベットの歴史について知りたかったか
ら。
アルファベットとは?
► アルファベットとは、ひとつひとつの文字が原則
としてひとつの子音または母音の音素をあらわ
す表音文字の一種である。
► 「アルファベット」という語は、ギリシア文字の最
初の2文字 α, β の読み方である「アルファ」
(ἄλφα)、「ベータ」(βήτα) に由来する。
文字体系の類型
► アルファベットはアブギダやアブジャドとともに
音素文字に属する
► アブギダは特定の母音が伴った音節を表し、そ
れ以外の母音が伴った音節を表す場合などは
補助的な記号を付加することで表記する。
► アブジャドは子音だけを表記し、母音はたいて
い表記しない
► 欧米では、これら3つをまとめて「アルファベッ
ト」と呼ぶことがある。
概要
► 日本では「アルファベット」という言葉は、世界で
もっとも広く通用している代表的なアルファベッ
トであるラテン文字のことを指すことがある。
► アルファベットでは、原則として、音声言語の音
素のうち子音と母音の両方をそれぞれ別の字
母で表記する。
► アルファベットのほとんどは、セム諸語のため
の文字として中東で誕生したアブジャドから発
展してきたと考えられている。
歴史
► 知られている最初のアルファベットは、紀元前
1700年~前1500年頃に地中海東部の沿岸地
域で発達したと一般に考えられている。
► ギリシャ人はセム文字系統のフェニキア文字を
採用し、もともと子音字22文字だったものを、
24文字に増やし、母音を表す文字と子音を表
す文字を区別するようにした。
► 紀元前500年ごろからは、ギリシャ文字は左か
ら右に書かれる規則が成立した。
おわり
ダウンロード

英司郎