第8章 インターネット
インターネットは全世界のネットワークを相互に接続した
巨大なコンピュータネットワークである.インターネットは知
識の宝庫であり,膨大な情報源をもち,行政や教育の分野
はもちろん,ビジネスやショッピングなど日常の中にも浸透
し,郵便・新聞・テレビなどを超え,新しいメディアとしての地
位を築きつつある.インターネットは人類生活に欠かせない
電気や水道のようにごく当たり前の存在となる.
インターネットの大きな特徴は,国境を意識することなく
情報の交換が行われ,世界中の出来事はさまざまなルート
で,リアルタイムで世界中に飛び交っている.こうした新しい
特徴は, 21世紀の生活や文化に大きな変化をもたらす.
1
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
8.1 internet と Internet
インターネット(internet またはInternet)とは何か?
internet とは,inter (間・相互の意味) + net (ネットワーク)
のことで,ネットワークやLAN を相互間に接続したもの,と
いうイメージになる.即ち,ネットワークとネットワークをつな
いだネットワークである.
Internet は,米国で作られたARPAnetとして始まり,
TCP/IPというプロトコルによるホームページや電子メールな
どのサービスを提供し,今使われているいわゆるインター
ネットのことである.英語でthe Internet と書くべきである.
2
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
インターネットの歴史
インターネットの起源は,1969年に米国国防総省の高
等研究計画のARPAnetであるといわれている.1986年
にARPAnetで培った技術により大学や研究所のサーバ
を相互に接続しながら徐々に,全米科学財団ネットワー
クNSFnetの運営が開始された.1990年代中頃から次第
に商用利用されるようになり,現在のインターネットに
至った.
3
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
インターネットの歴史
■1984年にインターネットが日本に上陸した.当時東京工
業大学,東京大学,慶応義塾大学を中心にJUNETの運営
が開始された.
■1988年にはJUNETの技術を利用して,専用線によるネッ
トワークとして,WIDEが発足した.このWIDEは,日本で最
初の広域インターネットとして位置づけられている.
■1990年から,インターネットの商用利用は本格化された.
■1991年にはJUNETから日本のインターネットに関する管
理業務を引き継いだJNICが誕生した.
■1992年にはJPNICに組織が変更された.
4
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●インターネットへの接続
●サーバを所有している教育機関や団体,企業などに所
属していれば,LAN経由で利用できる.
●サーバを持たない企業や個人は,インターネットへの接
続を提供するプロバイダと契約を結び,電話回線などを
利用してインターネットに接続する.
5
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
8.2 インターネットのプロトコル(TCP/IP)
インターネットやイントラネットで標準的に使われる
プロトコル(通信規約)はTCP/IP(Transmission Control
Protocol/Internet Protocol)である.
TCP/IPは,米国防総省が部分的に攻撃・破壊され
ても全体が停止することのないコンピュータネットワー
クを開発する過程で生まれ,現在世界で最も普及して
いるプロトコルである.
インターネットは世界規模でTCP/IPによって構築さ
れている巨大なネットワークである.
6
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●TCP/IPの体系
TCP/IP を 使 う こ と
によって,異なるコ
ンピュータ同士の
データのやりとり
が容易になる.
●IPはOSI基本参照モデルの第3層に位置し,ネットワー
クに参加しているコンピュータ・機器のアドレスや,通信経路
を選定をするための方法などが規格されている.
●TCPはOSI参照モデルの第4層にあたり,ネットワーク層
のIPと,セッション層以上のプロトコルの橋渡しをする.
7
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●IPの役割
IPは,ネットワーク層の中心となるプロトコルである.
送信側では,トランスポート層からパケットを受け取り,
宛先を特定する番号(IPアドレスという)などを書き込んだ
IPヘッダ(IP header)をパケットにつけて,下位のデータリン
ク層に渡す.
受信側では,IPヘッダをみて,データにエラーがあるかど
うか,自分宛かどうかなどを確認して,上位のトランスポー
トに渡す.
8
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●IPヘッダ
IP ヘ ッ ダ の 長 さ は
32bit(4バイト)の倍数
で,オプションのない
と き , 5×32bit ( 20 バ
イト)であるので,ヘッ
ダの長さは5である.
IPでは,次のことが行なわれる.
■パケットの転送を受け持つ.■IPアドレスを決定する.
■IPアドレスで受信者の宛先の特定を行う.■伝送経路を
設定してパケットを転送する.
9
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
● IPアドレスの表示
IPアドレスは,ネットワーク内の各コンピュータに割り当て,
通信相手を識別・特定するための基本的な項目であり,手紙
の宛先のようなもので,これがないと通信することはできない.
IPv4(Internet Protocol version 4)では,IPアドレスは4バイト
からなる32bitの数値であり,どのネットワーク上のどのコン
ピュータを識別するためのものである.
32bitのIPアドレスは識別できるコンピュータの最大数は42億
9496万7296台(232)である.
32ビットのIPv4は,IPアドレスの不足が予測されているので,
128ビットのアドレス空間をもつIPv6が研究・開発されている.
10
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
オクテット表記
IPアドレスでは,8bit(ここでオクテットという)単位に
区切り,各オクテットの値を10進数で表記する.即ち,
32bitの数値を第1オクテット,第2オクテット,第3オク
テットと第4オクテットに分けられ,各オクテットの値を
10進表記にし,各オクテット間にドット「.」で区切る.
32ビット(
4オクテット)
第1オクテット 第2オクテット 第3オクテット 第4オクテット
2進数の数
10101100
00000101
00100010
00001011
8ビットずつ
10101100
00000101
00100010
00001011
10進数の数
↓
172
↓
5
↓
34
↓
11
IP アドレス
172.5.34.11
11
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●IPアドレスの構成
IPアドレスは2進数の数値であるから,コンピュータにとって
系統的に管理しやすい.
IPアドレスは送受信者の「場所」と「誰」を表すものである.
つまり,IPアドレスは,「ネットワーク番号」と「ホスト番号」と
いう2つの部分から構成される.ホスト(host)とは,ネットワー
クに接続しているサーバで,いろいろなサービスを提供する
コンピュータのことである.
12
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●IPアドレスのクラス分類
実際にはIPアドレス中のどの部分がネットワーク番号か,ど
の部分がホスト番号かは,ネットワークの構成によって変わる.
一般に次のように,オクテット単位でクラスA,B,C,DとEに分
類され,IPアドレスクラスという.
後述のCIDRなどが使われるようになってから,IPアドレスクラス
の重要性が薄れてきているが,IPに関する重要な概念である.
13
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●IPアドレスクラスの認識
クラス
第1オクテット
IP アドレス
A
0 * * * * * * *
0.*.*.* ~ 127.*.*.*
B
1 0 * * * * * *
128.*.*.* ~ 191.*.*.*
C
1 1 0 * * * * *
192.*.*.* ~ 223.*.*.*
D
1 1 1 0 * * * *
224.*.*.* ~ 239.*.*.*
E
1 1 1 1 * * * *
240.*.*.* ~ 255.*.*.*
IPアドレスに示さ
れているネットワー
クのクラスは,第1
オクテットの1~4bit
の異なるパターンで
識別できる.
例えば,IPアドレス11000000 10101000 00000001 10010010
(192.168.1.146)の第1オクテット前3ビットが110となっているか
ら,クラスCのネットワークと認識でき,そのネットワーク番号は
11000000 10101000 00000001(192.168.1)であり,ホスト番号は
10010010(146)である.
14
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●IPアドレスとネットワークの大きさ
■クラスAのIPアドレスは,すべてのIPアドレス空間(約42億
個)のうち,半分に相当する.クラスAのネットワークでは接続
可能のホスト数が最も多く,最も大きなネットワークである.
■クラスBのIPアドレスにおいて,すべてのIPアドレス空間の
うち,4分の1に相当する.
■クラスCのIPアドレスにおいて,すべてのIPアドレス空間の
うち,8分の1に占める.
■残りの8分の1のIPアドレス空間はクラスDとEに配分される.
ただし,クラスDとEは実験と研究用に設けられ,実用に使われ
ていない.
15
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●各クラスのネットワーク数とホスト数
クラスAのネットワークの個数は27=128となり(識別番号の1
ビットを除いて,28-1となる),各ネットワークに接続可能最大ホ
スト数は224=16,777,216となる.実際には,各クラスにおいて
接続可能最大ホスト数は,上の数値から2を引く必要がある.
ホスト番号がオール0のアドレスはネットワークそのものを表す.
また,ホスト番号がオール1のアドレスは,ブロードキャストアド
レスといい,ネットワークに接続しているすべてのホストを表す.
よって,クラスAに接続可能最大ホスト数は16,777,214となる.
16
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●サブネットワーク
サブネットワークの構成
世界範囲で考えると,
32bitのIPアドレス空
間で表せる端末数
は 約 42 億 し か な い
ので不足を予想でき
る . 有 限 なIPア ド レ
ス空間を有効に利
用するために,サブ
ネットワーク技術が
用いられている.
ネッ ト ワ ーク 番号
各国のNI Cによ り 配分
I Pアド レ ス
ホス ト 番号
NI Cから 配分
↓
ネッ ト ワ ーク A
ネッ ト ワ ーク B
ネッ ト ワ ーク C
……
ネッ ト ワ ーク 管理者によ り 配分
管理者から 配分
↓
↓
サブネッ ト ワ ーク A1
ホ ス ト A11
サブネッ ト ワ ーク A2 . ホ ス ト A12
サブネッ ト ワ ーク A3 . ホ ス ト A13
.
……
……
サブネッ ト ワ ーク B1
ホ ス ト B11
サブネッ ト ワ ーク B2 . ホ ス ト B12
サブネッ ト ワ ーク B3 . ホ ス ト B13
.
……
……
……
17
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●サブネットワークの実現
サブネットワークを実現するために,管理者がIPアドレス
のホスト番号部をさらに分割し,サブネット番号と定義する.
ネットワーク部番号
IPアドレスにおいて,どこまでがネットワークを表すか,最
初の1~4bitの識別番号で分かる.しかし,サブネットワーク
を使用した場合,サブネットワーク番号はどこまで分からな
い.それを識別するために,サブネットマスクが用いられる.
18
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●サブネットマスクとは
サブネットマスクとは,IPアドレスのうち,何ビットが
ネットワーク部番号か,を表す32ビットの数値である.
IPアドレスとサブネットマスクを同時に使って,ネット
ワーク部番号が取得できる.すなわち,サブネットマス
ク値の1に対応する部分がネットワーク部番号で,0に
対応する部分がホスト番号となる.
例えば,IPアドレスとサブネットマスク
11111111 11111111 11110000 00000000(255. 255. 240. 0)
が同時に使われるなら,IPアドレスの上位20ビットが
ネットワーク部番号,下位12ビットがホスト番号となる.
19
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●サブネットマスクの例
例 : IP ア ド レ ス
172.16.18.22とサブネッ
ト マ ス ク 255.255.240.0
が与えられた場合,
サブネットマスク
255.255.240.0
ネットワーク部10101100 00010000 0001とホスト部0010 00010110
20
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●CIDRについて
サブネットを使うことによりネットワーク構成の柔軟性が増
えたが,クラスA,BとCは,どの組織にも接続ホスト数が足り
なかったり,余ったりしてぴったりにはならない.
どの組織にも適切なサイズのネットワークを提供できるよう
に,CIDR(Classless Inter-Domain Routing)が利用されてい
る.CIDRはクラスA,B,Cという概念によらず,オクテット単
位ではなく,ビット単位で自由にネットワークを分ける.
例えば,1000台のホストが必要な組織に,クラスBを与える
必要がある.しかし,1000台だけを接続するから,もったいな
い(クラスBでは約65,000台接続可能).CIDRは,適切なネッ
トワークのサイズを選ぶことができるので,IPアドレス空間の
有効利用に役立つ.
21
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●CIDRの表現
CIDRは2つの数値MとNからなり,M/Nと表される.Mは与え
られたネットワークのIPアドレスで,Nは最上位の方からNビット
をネットワーク番号に使っていることを示すものである.
例えば,CIDRは173.168.0.128/25とすると,指定されたネット
ワークのIPアドレスは上位から25ビットの数で表し,残りの7
ビットはホスト番号となる.
173
168
0
128
.
.
.
10101101 10101000 00000000 10000000
ネットワーク番号(25ビット)
ホスト番号
不変
128個
10101101 10101000 00000000 11111111
173
168
0
255
.
.
.
ネットワークのIPアドレスは
173.168.0.128で,
接続可能ホストのIPアドレスは
173.168.0.129~173.168.0.254
の126個となる.
22
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●プライベートアドレス
プライベートアドレスは,ローカルアドレスともいい,インター
ネットに接続しない組織のためのIPアドレスである. NICに申請
を行わなくても組織内で自由に割り当てることができる.インター
ネット上でIPアドレスの一意性を保証するため,そのままではイ
ンターネット上で使うことが絶対許されない.これに対し,イン
ターネット上で使用するIPアドレスをグローバルアドレスと呼ぶ.
プライベートアドレスしか持たな
いコンピュータがインターネットア
クセスするとき,NATでグローバ
ルアドレスを割り当てもらえる.
IPアドレスのA,B,Cクラスとは別物であるので,要注意.
23
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●NATとは
NAT(Network Address Translation)とは,プライベート
アドレスとグローバルドレスを1対1で対応させて変換す
ることである.1つのグローバルアドレスは複数のコン
ピュータに対応できるから,最近不足がちなグローバル
アドレスを効率よく利用できる.NAT等の技術が普及し
たことにより,企業や大学内ではほとんど,プライベート
アドレスを使用している.
24
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●NATの仕組み
NAT
送信元はプライベートアド
レスを使っている。
NATでグローバルアド
レスに変換してくれる
引用:http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/3min/46.html
コンピュータとネットワーク概論
25
第8章 インターネット
●DHCPについて
TCP/IP を使ったネットワークでは,各コンピュータは一意の IP
アドレスをもつ必要がある.インターネット上で移動性のあるコン
ピュータ,また一時的に接続するコンピュータに,自動的にIPアド
レスを割り当てる方法があり,現在主流な方式がDHCPである.
DHCP(Dynamic Host
Configuration Protocol)とは,
ホストのIP 構成を動的に管
理するプロトコルのことであ
る.この DHCP サービスを
使うと,IP アドレスを自動的
に割り当てることができる.
26
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●DHCPの特徴
クライアントが起動するとき,DHCPサーバは動的にクライア
ントにIPアドレスを割り当て,終了時にIPアドレスを回収する.
サーバはIPアドレスを幾つか用意して,要求してきたクライア
ントに対して,用意したIPアドレス範囲で一意にIPアドレスを与
える.管理者はIPアドレス範囲とリース期限だけ決めておけば,
あとは自動的に割り振ってくれる.リース期限を設けるのはクラ
イアントに一時的に与える意味で,クライアント側は継続して使
うならば,使用期間の延長を申請する形になる.
貸し出しの日
貸し出しの期限
27
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●ドメイン名
インターネット上のホストを識別するためにIPアドレスが使
われている.しかし,オクテット表記で表示されているIPアド
レスは,コンピュータにとって系統的に管理しやすいが,人
間にとって識別するには極めて難しい.そこで,人間が覚え
やすいように,
例えば,IPアドレス「127.23.45.6」を「mail. aa.bb.co.jp」と
いった文字列に振り替える.このような文字列をドメイン名
(domain name)と呼ぶ.
28
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●ドメイン名の構成
ドメイン名の構成は下図のように,右側からトップレベルド
メインが配置され,左へ順に第2レベルドメイン,第3レベル
ドメイン……と呼ぶ.各レベルのドメイン名は63文字以下で,
ドメイン名の全体の長さは255文字以下と制限されている.
ドメイン名は一般に
「ホスト名.サブネットワーク名.ネットワーク名.組織名.国名」
という形で名前が付けられる.
第5 レ ベル
ド メ イン
mail
第4 レ ベル
ド メ イン
.
aa
第3 レ ベル
ド メ イン
.
bb
第2 レ ベル
ド メ イン
.
co
ト ッ プレ ベ
ルド メ イ ン
.
jp
ド メ イ ン 名の長さ は255文字以下
29
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
トップレベルと第レベルドメイン名
トップレベルドメイン名(TLD: top level domain)は,国名と特
別種類の分野を示しており,一般に国名は2つの文字で表し,
特別分野は3文字または4文字で表す.
第2レベルドメイン名はイン
ターネットの組織名を表す.
30
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
ドメイン名の構造
DNSは,右図の階層構造を
もち,データを階層的に分散
管理する.一番上のルート
(root)と呼ばれる頂点から下
の階層へ広がっていく.ルート
の下にはトップレベルドメイン
が配置され,そのさらに下に
第2レベルドメイン,第3レベル
ドメイン……と続く.
ルート
au
com
…
…
…
jp
de
…
co
…
…
ac
go
…
…
31
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●ドメイン名からIPアドレスの取得
引用:http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/3min/46.html
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
32
●TCPの役割
トランスポート層のプロトコルにはTCPとUDPがある.TCPは,
データ転送などの信頼性を求めるときに使われ,転送速度が低
い.送りっぱなしでよい場合にはUDPが使われる.UDPの転送
速度は高いが,信頼性が低い.TCPでは,データが途中で破損
したり,何らかの事情により相手に届かなかったりするとき,再
送信する機能がある.UDPでは,相手にどんどんデータをすば
やく送り,安全に届いたかどうかを確認しない.リアルタイム性を
重視するIP電話,テレビ電話と画像の中継配信で利用される.
これらのサービスでは,音声や映像が乱れたからといっても,再
度送信する必要もないからである.
★ここでは,TCPの役割のみ説明する.
33
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●TCPによる送信
データを確実に届くために,受信側と送信側は1対1で
通信を行う.また,データを決められた大きさで幾つかのセ
グメントに順番をつけて分割する.さらに各セグメントに下
図に示すTCPヘッダがつけられて,パケットとなる.
34
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
TCP送信の3つのステップ
■送信側のコンピュータAが受信側のコンピュータBに通信
開始の要求(SYN=1)を送る.
■SYN=1のパケットを受信したBは,受信確認の応答(ACK
=1)をAに送信する.通信が確立され,AからBへシーケンス
順番にパケットを確認しながら送信する.Bが受信したら,A
に必ず確認応答とを送る.なお,送信の途中でパケットが破
損してしまった場合,Bはそのパケットを破棄し,確認応答を
送らない.一定回数以上再送しても確認応答が返ってこない
場合,Aが強制的に通信(RST=1)を切断する.
■正常に全てのパケットを送り終わったら,AはBに通信終了
の要求(FIN=1)を送り,Bは確認応答(ACK=1)して,通信
が終了する.
35
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
TCP通信の確立と切断
通信の確立
通信の切断
36
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●TCPによる受信
受信側では,アプリケーション層には,数多くのサービスの
プロトコルが存在する.例えば,HTTP(WWWサービス,ブラ
ウザを使う),SMTP(電子メールサービス、メーラを使う)など
がある.サービスの出入り口をポートといい,各ポートにポー
ト番号が振られている.受信したデータはどのポートに送るか
を判断するのは,TCPの仕事である.
TCPヘッダに書き込ま
れたポート番号を調べて,
指定されたアプリケー
ションのポートにデータ
を渡す.
37
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
8.3 クライアントとサーバ
サーバ(server)とは,情報やコンピュータ資源を提供する
コンピュータのことである.搭載しているソフトによってWeb
サーバ(ホームページのサービスを提供する),メールサー
バ(電子メールのサービスを提供する)やFTPサーバ(ファイ
ル伝送のサービスを提供する)などがある.
クライアント(client)とは,情報またはサービスを受ける側
のコンピュータのことである.
狭義では,クライアントとサーバはネットワークを利用して,
サービスを要求と提供するプログラムである.
38
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●クライアントとサーバの形式
インターネットでは,全てのサービスが,例えば,電子メール,
ホームページ,ファイル伝送,ドメイン名システムなど,クライ
アントとサーバの形式で実現されている.
例えば, あるコンピュータ(クライアント)でYahooのホーム
ページを見たい場合,ブラウザから http://www.yahoo.co.jp
(YahooのWWW サーバ),「このホームページを見たいので
内容を送ってくれ」というリクエストを送る.WWWサーバは要
求されたホームページのデータを送り返す.送ってきたデータ
をHTTPというプロトコルを介して,自分のコンピュータで
Yahooのホームページが見られる.
39
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
8.4 インターネットの利用
インターネットは,巨大な情報源として,さまざまなサービス
を提供してくれるので,社会の隅々まで浸透し人類の生活・
文化の大きな支えとなる.
一般ユーザでも接続できるようになってから,インターネット
が大きく発展した.新しい技術がどんどん導入され,特に,検
索エンジンの出現により,インターネットの真価が発揮され始
めた.ホームページによる情報の収集と発信,掲示板,ネッ
トニュースなどのサービスが提供された.最近,マルチメディ
アの普及に,メールも文字情報に加えて画像などが添付で
きるようになり,インターネット電話,音楽配信などの利用も
急速に増加している.
40
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●インターネットにできること
インターネットサービスのベースは次のようになる.
■Webページ:WWWにより提供されたホームページなどの
サービスである.HTMLという言語で作ったハイパーテキス
に,他のWebページのアドレスを埋め込むことができ,このア
ドレスの部分をリンクすると,アクセスできる.よって,イン
ターネット上で相互につながる形となる.
■電子メール:インターネット上で送受信される文字だけでな
く画像や音声,プログラムなどを含むメッセージのことである.
インターネットにつなぐことさえできれば,世界中のどこにい
てもメールの送受信ができる.
41
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●インターネットにできること
■ネットニュース:ネットニュースは不特定多数と情報交換
や議論をする場となり,いわば「電子会議室」,「電子掲示
板」である.
■ファイル転送(ftp):ftpはインターネット上でコンピュータ
相互間において,ファイルを伝送するサービスである.イン
ターネットにおいてWebページから音楽や,プログラムや,
ファイルなどを自分コンピュータに転送することをダウンロー
ド(download)といい,自分のコンピュータからデータをサーバ
に転送することをアップロード(upload)という.
42
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
●インターネットにできること
■遠隔操作(telnet) :遠隔地からインターネット経由で特定
のホスト・コンピュータを操作するためのサービスである.
■チャット(chat):チャットとは,文字または音声,画像を使っ
て,インターネット上で他のユーザと会話することである.リア
ルタイムで登録したユーザ同士と無料で会話ができる.よく利
用されているのはMSN Messengerである.
■インターネット電話:インターネット電話は,IP(Internet
Protocol)電話ともいう.インターネットを利用して,相手の距離,
所在国などに関係なく廉価または無料電話サービスである.
43
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
第8章のまとめ
1.インターネットの発展と歴史
2.インターネットへの接続
●LANを経由
●プロバイダを経由
3.インターネットのプロトコルTCP/IP
●IP(IPヘッダ,IPアドレスの表示,IPアドレスクラス,
サブネットマスク,CIDR,プライベートアドレス,DHCP)
●ドメイン名(ドメイン名の構成,DNS機能)
●TCP(TCPヘッダ,TCPの役割)
44
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
第8章のまとめ
完
4.クライアントとサーバ
●クライアント(サービスを要求・受ける側のコンピュータまた
はソフト)
●サーバ(サービスを提供する側のコンピュータまたはソフ
ト)
●インターネット上で多くのサービスはクライアントとサーバ
モデルで実現される.
5.インターネットの利用
●ホームページ(WWWサービス) ●電子メール(E-mail)
●ネットニュース ●ファイル伝送(ftp) ●遠隔操作(telnet)
●チャット ●インターネット電話
45
コンピュータとネットワーク概論
第8章 インターネット
ダウンロード

第8章 - 趙研究室