第14章 調査に基づく影響の評価
仮想評価(仮想市場)法
政策評価(06,12,15)三井
1.仮想評価(contingent valuation)の役割
<仮想評価が適用されてきた例>
•
•
•
•
レクリエーション地の水質
分譲地周辺の樹木
鴨狩り
野外でのレクリエーション
政策評価(06,12,15)三井
2.仮想評価法の概要
(1) 母集団から回答者の標本を特定
(2) 回答者にある財の評価を質問
(3) 回答から標本のWTPを推計
(4) 母集団の総WTP
=標本平均WTP×母集団の大きさ
政策評価(06,12,15)三井
質問方式
1. (支払意思額)自由回答方式
(open-ended willingness-to-pay method)
2. 限定反復付け値方式
(closed-ended iterative bidding method)
3. 仮想ランキング方式
(contingent ranking method)
4. 二項選択法
(dichotomous-choice method)
政策評価(06,12,15)三井
3.支払手段(payment vehicle)
仮想的な支払の「現実性」を高めるために、
支払手段を特定化する必要がある。
<支払手段の特定化の具体例>
• 当該財のための目的税(基金)
• 公共料金の値上げ
• 所得税・消費税の増税
• 製品価格の値上げ
政策評価(06,12,15)三井
4.調査における一般的問題
(1) 調査の実施:面接、電話、郵便、インターネット
(2) サンプルデザイン(sample design)の注意点
–
–
–
–
潜在的利用者も含む
「個人 or 世帯の代表」の理解
消極的利用者を含むか含まないかの明示
地理量の範囲は広く
(3) 標本と無回答バイアス
–
回答拒否 & 回答不能
政策評価(06,12,15)三井
5.仮想市場評価法への批判
1. 仮説、意味、背景の問題
2. 中立性(neutrality)
3. 意思決定バイアスと判断バイアス
4. WTP vs. WTA
5. 戦略的反応問題
政策評価(06,12,15)三井
意思決定バイアスと判断バイアス
• 不履行バイアス(non-commitment bias)
• 順序効果(order effect)
• 包含効果(embedding effect)
• 開始点バイアス(starting point bias)
• 仮説バイアス vs. 判断バイアス
政策評価(06,12,15)三井
WTP vs. WTA(受取意思額)
• WTPに比べWTAは4倍から15倍になるという
結果が報告されている。
• 基本的にCV調査ではWTAではなくWTPの
質問形式を用いるべきである。
政策評価(06,12,15)三井
戦略的回答に関する問題
• 調査結果が回答者に影響するケース
⇒メカニズム・デザインに関する一連の研究が回答
者の回答を予想する際に適用できる。
• 調査結果が回答者に影響しないケース
⇒経済理論は回答者の回答を予想できない。
政策評価(06,12,15)三井
6.仮想市場評価の正確性
• CVのWTPはTCMから得られるWTPにほぼ一致する。
• CVはヘドニック価格法の結果にもかなり近いものである。
• CVの回答は実際の行動をやや過大評価する傾向がある。
• 2項選択方式のCV手法の評価は大きな上方バイアスをも
つときがある。
政策評価(06,12,15)三井
ダウンロード

第14章 調査に基づく影響の評価