次世代の自動車につい
1、ハイブリッド車について
中江 脩
て
①今後の販売予測
②課題
③次世代のハイブリッド車
④さらなる普及に向けて
2、電気自動車について
赤瀬 諒
①電気自動車の現状
②なぜこれまで普及してこなかったのか
③電気自動車の将来
④課題、まとめ
3、水素自動車について
①水素自動車とは
②現在とこれから
③課題
④まとめ
和田貴史
概要
人々の環境意識の高まりや、昨今の原油高の
影響でハイブリッド車などのエコカーに注目が集
まっている。
エコカーの登場で自動車市場はどのように変
わっていくのか、またどのエコカーが普及するか
を予想した。
①今後の販売予測
日本
( 万台)
アメリカ
ヨーロッパ
250
5.2
200
4.6
150
4.4
3.9
100
3.3
50
0
2.3
14.7
12
2.4
28.2
15.6
2005
2006
79.2
167.5
133.7
101.3
2.8
40.6
57.5
18.5
24.2
28.2
30.1
37
46
2007
2008
2009
2010
2011
2012
( 年)
このグラフは2005年に発表されたハイブリッド車の販売台数と以後の
販売予測のグラフである。
現在、世界累計販売台数は200万台を突破した。国内の年間新車販売
台数では、約20%を占めるまでになった。
近年、販売台数を急速に増やし続けているハイブリッド車だがガソリ
ン車にとってかわるまでには至っていない。次のページでハイブリッ
ド車が抱えている課題を紹介する。
②課題
ハイブリッド車の購入をためらう主な理由
●欲しいけどまだ割高?
コンパクトカーと比べると、やはりまだ割高である。その差は少なく
なってきているが、 ハイブリッド車と普通の車との価格の差額分をガ
ソリン代に当てると、数万キロ分になる。
●車種選択の幅が少ない?
レクサスもハイブリッド車を販売しているが、実際のところ、販売され
ているほとんどの車はプリウスとインサイトである。
●メンテナンスなど技術的な問題?
普通のガソリン車にモーターを登載しているためにメンテナンスに余計
なコストがかかってしまう。
③次世代のハイブリッド車
プラグインハイブリッド車
・完全にモーターのみでも駆動できるハイブリッ
ド車
・充電は家庭用電源でできる
・バッテリー容量が改善したらすぐにでも販売可能
走行実証実験はもう始まっている!
ハイブリッド車との比較
現在のプリウス
プラグイン・プリウス
駆動:エンジンが低回転のときは、 駆動:現行と同じだが、モー
ターのみでも走行可能(20km
モーターを使用し発進、加速
程度)
する。極低速時にはモーター
のみで走ることができる
充電:家庭用電源で2時間~3時
(10km程度)
間
充電:エンジンによる充電、ブ
燃費:現行と同等、モーターの
レーキ時のエネルギーによる
みならガソリンを消費しない
充電
価格:50万円ほど高くなる?
燃費:38.0km/ℓ(10・15モード燃
費)
現在のハイブリッド車よりも、電気による駆動が多くなる
価格:約200万円~
ことによって、消費する燃料の量も減少する。電気代の安
い深夜に充電しておけば、充電コストも低い。また環境へ
の負荷もハイブリッド車に比べて低い。
④さらなる普及にむけて
現在はトヨタ、ホンダの2社がハイブリッド車の販売では、リードしている。
しかし、日産は2010年に、欧州各社も2010年以降にハイブリッド車の販
売を予定している。
現在のハイブリッド車市場は
トヨタ、ホンダの2社によって
占められているが・・
日産や欧州各社がハイ
ブリッド車市場に参
入!
消費者のニーズに合ったハイブリッド車
の開発によって市場が活性化!
さらなる市場の発展が期待できる!
①電気自動車の現状
電気自動車等保有台数(推定値)
1200
1000
800
台 600
数
400
200
0
乗用車
軽自動車
合計
2002 2003 2004 2005 2006 2007
年
・電気自動車の保有台数は、2002年をピークに年々減り続けている。
電気自動車等生産台数(推定値)
400
350
300
250
台 200
数 150
100
50
0
乗用車
軽自動車
合計
2002 2003 2004 2005 2006 2007
年
・生産台数に関しては、2002年に数百台あるのみで、それ以降はほぼ生産も
販売もされていない。
・現在の日本市場での普及台数は約1万台である。
・ただし、そのほとんどが原付自動車である。
②なぜこれまで普及してこなかったのか
普及してこなかった理由として・・・
ⅰ電池の性能とコストの問題
・電気自動車の価格の約8割が電池の価格である。
ⅱ政府や自治体の政策の配慮
・今まで政府や自治体が電気自動車に対してあまり力を入れていな
かった。
ⅲ石油業界や自動車業界の抵抗や反発があった
・電気自動車が普及してくると、ガソリンの需要がなくなることが予想さ
れる。1990年代にアメリカで電気自動車の普及一歩手前までいったとこ
ろで、石油業界が反発することがあった。
この3点が考えられる。
③電気自動車の将来
電気自動車とハイブリッド車の市場予測
8000000
7000000
6000000
5000000
台 4000000
数 3000000
2000000
1000000
0
電気自動車
ハイブリッド車
合計
2008
2010
2015
2020
年
・2010年には10万台、2015年には50万台、2020年には100万台の普及が見込まれ
る。
・2020年にはハイブリッド車の6分の1しかない。
普及には何が必要なのか
①電池の性能とコストの問題
・電気自動車の価格400万円のうち約300万円が電池の価格で
ある。(iMiEV)
・現時点ではその電池で約100kmしか走ることができない。
②政府や自治体の政策
エコカー減税
• 自動車取得税と
重量税
補助金
EV優遇策
• →100%免除
・神奈川県の取り組み「かながわの電気自動車への挑戦」
④これからの課題、まとめ
・現時点ではほとんど普及していない。
・普及のためには、電池などのコスト削減やインフラ
整備、政府また自治体の協力が必要。
・電池コストの削減と性能の向上にはまだ時間がか
かる。
・政府や自治体は電気自動車に対する優遇策をとっ
ており、普及への道は確実に進んでいる。
①水素自動車とは
水素自動車のイメージ
今回
その他
7
以前
12.3
イメージは特に持っていない 0 3.5
デザインが良い
5.3
10.5
静かである
54.4
66.7
排気ガスがクリーンである
加速・走行性能が良い
66.7
15.8
80.7
84.2
・燃料電池自動車の一種でクリーンで省エネルギーな環
境にやさしいクリーンエネルギー自動車のこと。
・水素自動車は従来の自動車が燃料から出るエネル
ギーの2倍以上を活用することができる。
②現在とこれから
●現在
・現在は国内の販売先は官公庁などの一部にすぎな
い。
リース販売のみ
→相手に車体を売り渡すのではなく、リース販売に
限られている。これまでのリース台数は、国内外で
ホンダは35台、トヨタも18台とわずか。
・水素を補給する水素ステーションも現在首都圏を中
心に12ヶ所しかない。水素の製法としては、脱硫ガ
ソリン・LPG・メタノール・都市ガスなど炭化水素原
料の水蒸気改質、アルカリ水電解、など様々な方式を
採用している。
図 :自動車メーカー各社の燃料電池車に対する取組み
メーカー
トヨタ自動車
ホンダ
日産自動車
日野自動車
GM
Ford
動向
02年から改良を重ねながら「FCHV」を日米で合計39台リース販売。
07年9月に大阪-東京間(約560km)を水素補給せずに完走。
02年から改良を重ねながら「FCX」を日米で合計35台程度リース販
売。セダンに近い型の新しい燃料電池車「FCXクラリティ」を08年夏か
ら個人客にリース販売する。
04年から改良を重ねながら「X-TRAIL FCV」を日米で合計20台程度
リース販売。2010年代早期に新型車を日米に投入する方針。
燃料電池バスをトヨタと共同開発。2005年の日本国際博覧会(愛・地
球博)でシャトルバスとして利用され、現在は中部国際空港で運行さ
れている。
カリフォルニア州などで順次、100台の燃料電池車を導入する計画を
07年10月より開始。
燃料電池とプラグインハイブリッドと組み合わせたコンセプト車を開
発。
●これから
・トヨタ自動車は車の完成度を高めつつ今後10~15
年かけてインフラ整備と市場ニーズを見ながら事業化を
検討していく
。
・日産自動車は2010年代半ばまでにはコストを下げ
て、
2010年代早期に新型車を北米、日本に投入する方
・政府は20年に国内の販売台数が500万台が目標
針。
図 :水素自動車(燃料電池自動車)の将来目標
水素燃料
自動車
2010年
2020年
2030年
5万台
5百万台
1500万
台
インフラ整備が必要
・水素自動車が走行用燃料を含む総コストで従来型自動車
と
同等の競争力を持つようになるのは2023年頃と予測
③課題
一番の難関はコスト
・現在、各社がリース販売している燃料電池車は一台
約数千万円である。
・燃料の水素
→税抜きのガソリン単価に換算すると
4~9割増しという試算もある。
・現在の技術では3~5年で発電装置が劣化し、最
高出力が落ちるとされる。水素自動車の耐用年数は
ガソリン車並みの10年が目標だが、発電装置の改
善は進んでいないのが実情。
④まとめ
・水素自動車の普及については欧州が先行しており、
2020年までに自動車の5%を水素燃料で走行する
ものにすることが目標として掲げられている。200
2年には「水素・燃料電池に関するハイレベルグルー
プ」が欧州委員会内に設置された。また、2005年
までの間に行われた「欧州FCバス実証走行プロジェ
クト」では、30台のFCバスによる2年間の実証走
行試験が、欧州8ヶ国・10都市で実施された。さら
に、ドイツなど各国で行政主導による実用化に向けた
さまざまなプロジェクトが動き始めている。
・日本は研究開発での蓄積があるが,実用化では
欧米企業に遅れている。
・今後20年~30年後には現在普及しているガソリ
ン車などに代わる主流の車になる可能性がある。
全体の比較①
各自動車の市場予測
各自動車の世界市場予測
10000
台
数
(
万
台
)
8000
6000
ガソリン車
ハイブリッド車
電気自動車
水素自動車
4000
2000
0
2010 2015 2020 2030 2050
年
全体の比較② 各自動車の現状
ハイブリッド
車
電気自動車
水素自動車
価格
200~300
万円
400万円
約1000万
円
走行距離
1000km
100km
600km
普及台数
(世界)
200万台
5万台
1万台
普及への課題
・価格の低下
・大容量バッテリの ・価格の低下
開発(プラグインハ ・電池の性能の向上 ・インフラ整備
イブリッド車)
・インフラ整備
・水素価格の低下
全体のまとめ
・現在はガソリン車が自動車全体の9割弱を占めている。しか
し、プリウスやインサイトなどが話題になってきているように、
ハイブリッド車も近年急激に台頭してきている。
・電気自動車は現在の市場規模はほぼゼロに近いが、今年
は電気自動車元年と言われているように、i-MiEVやプラグイ
ンステラなど次々と車種が発表された。今後も自動車市場を
賑わすことになるだろう。
・水素自動車は現在技術的な課題があり、ほとんど普及して
おらず、ハイブリット車や電気自動車には後れをとるが将来
他の車種と同等の競争力を持つ可能性がある。
ダウンロード

PowerPoint