Inspiring Matured Future for Japan
岩手・宮城・福島の復興から、
21世紀の日本を再構築しよう!
- 成熟型地域社会モデルを
被災地・東北から 発災から1か月を経た4月11日に、
犠牲者と被災者への思いを込めて
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者 川北秀人
東日本大震災の被害の大きさ(7/14 17時)
• 死者・行方不明者 20,874名
– うち99%が岩手・宮城・福島の3県
• 避難所1,269か所、避難者99,236人
– 同じく99%が岩手・宮城・福島の3県
• ピーク時には60万人以上?
– すでに県外に20万人以上?
• 3県以外の避難者:54,542名
• 3県沿岸部(39市町村) 180万人(10年3月)
– 高齢者率24.5%(阪神・淡路は15%以下)
– 後期高齢者22.3万、年少人口24.0万人
あえて阪神・淡路と対比すると
阪神・淡路(1995)
東日本(2011)
全半壊249,180棟+全焼7,483 全国:228,008棟、3県:159,082棟
密集地→容積率緩和で復興 沿岸部は沈降+急峻、内陸部は過疎
被災地の高齢者率: 15%以下 沿岸39市町村: 24.5%(後期13%)
死者・行方不明者:6,437人 20,874人
→仮設入居後が孤立化リスク最大!
兵庫県内6,402人
→「仮設」ではなく「中期+医・福隣接」
関連死919人(14.3%)
+福島・相双8町8万人の原発避難
→「情報と絆の格差」を生まない活動
発災:1/17(次年度予算確定前)
バブル崩壊5年後、村山内閣
ボランティア支援施策皆無
大阪・京都(学生!)は至近
(初の緊急雇用は98年度)
3/11(次年度予算確定後)
失われた20年+世界危機、菅内閣
認定特非法人への寄付は税額控除
沿岸被災地まで車で1時間以上!
数兆円(百万人)規模の緊急雇用必至
→ただし散発・無調整・無連携!
→沿岸部を集落単位で支える中期的・中間支援的機能が不可欠!
最も支援が必要な被災者に
支援を効果的につなぐために
救命&避難所
立ち上げ期
(18日まで)
避難所運営安定 仮設住宅&
&復旧支援期
復興支援期
(仮設入居まで) (12年まで?)
→継続→縮小
被災者全員に ・物資供給
共通のニーズ ・避難所運営支援 →継続→縮小
(清掃・調理など)
↓
・医療・健康管理 →継続→縮小
官・産・民 総力で
・地域運営支援 →継続→縮小
大量・広域に
少数の被災者の 軽度の要介護者
精神的要支援者
特別なニーズ
外国人(言語)
→深刻度に応じて、
↓
障碍者
被災地外への移送・転出
官・産・民の
アレルギー、難病患者
または継続的支援
専門性を
高齢者など
ピンポイントで →所在確認+個別支援
3つのフェイズが同時進行!
3月末
(3週)
4月末
(7週)
5月末
(11週)
被災したが、 一時避難
戻るべき
→自宅帰還
家も仕事もある (清掃支援)
(推定:50万人) →自律復興
家か仕事の
緊急避難
どちらかを
(実質上)失った →自宅帰還
(推定:30万人) →転居先??
家も仕事も
一時避難
居場所さえも →移転
ない
→移転
(推定:20万人) →移転・・・
→仮設入居
→孤立回避
/就労支援 支援
→二重債務
軽減?
仮設入居+ 定住先
就労支援? 紹介?
6月末
(16週)
7月末
(20週)
つなプロのミッション・基本原則
ミッション
避難先でのこれ以上の死者、状況悪化者を出さない
活動定義
そのために避難先での課題・困りごとを「発見」し、
専門NPO・限定物資・疎開先などと「つなぐ」こと
つなプロ基本三原則
①被災地・被災者が主役の復興を支え続けよう
地域の団体による継続的な支援体制づくりを支えよう
②避難先のくらしを、少しでも心地よくできるよう、支えよう
避難所でも仮設住宅でも定住先でも、コミュニティづくりと
アメニティ確保を支えよう
(これ以上の死者・状況悪化者を出さないために)
③緊急対応だけでなく、しくみづくりを心がけよう
犠牲者・被災者のためにも、もっと安全・安心な社会づくり
に結び付けよう
つなプロの活動範囲
主な構成メンバー
広く
大きく
・国・自治体
・災害ボランティア
活動支援プロジェクト
会議(中央共同募金
会、日本経団連、
日本NPOセンター)
など
・専門性を持つ
NPO・機関など
ピン
・関係省庁
ポイント
・コーディネート
(中間支援)組織
内容
特別なニーズを
持つ被災者
物資供給、
運営支援など、
避難所生活を
総合的に
支える
避難所を巡回し
「特別なニーズを
持つ被災者」を
発見し、
ニーズを聴き出し、
専門性を持つ
NPOにつなぐ
避難所
つなぐVo
専門性を
持つNPO
本プロジェクトは、「広く大きく」の支援と連携しながら、
「ピンポイント」の領域に特化して活動を行います。
避難所・避難者数は4週目からほぼ同じ
→ 自宅&県外避難者の増加→ 支援体制の難しさ
1,400
350,000
1,200
300,000
1,000
宮城県
避難所数
岩手県
避難所数
岩手県沿岸部
避難所数
宮城県
避難者数
岩手県
避難者数
岩手県沿岸部
避難者数
250,000
800
200,000
600
150,000
400
100,000
200
50,000
4/21
4/20
4/19
4/18
4/17
4/16
4/15
4/14
4/13
4/12
4/11
4/9
4/10
4/8
4/7
4/6
4/5
4/4
4/3
4/2
4/1
3/31
3/30
3/29
3/28
3/27
3/26
3/25
3/24
3/23
3/22
3/21
3/20
3/19
3/18
3/17
3/16
3/15
3/14
3/13
0
3/12
0
今後のまちづくり・復興のシナリオは、
高齢者率と被災規模(ダメージ)で異なる
高齢者率(10年3月)
35%
女川町
陸前高田市
釜石市
大船渡市
宮古市
気仙沼市
30%
塩竈市
25%
亘理町
七ヶ浜町
20%
岩沼市
多賀城市
山田町
山元町
南三陸町
高齢者率の高さ×被害の大きさ
→「仮設」ではなく中期的な、
石巻市
「福祉・医療特区」型集落を
基幹産業の回復と、
高齢者率に配慮した
東松島市
「福祉・医療+産業特区」型の
集落&産業クラスター再生を
名取市
基幹産業=子育て世代のくらし
のの回復を早期に、
コミュニティ活動の構築とともに
15%
0%
大槌町
5%
死者・行方不明者率
10% (人口あたり)
住宅被害が大きくても、避難所利用率が低い
→ 避難所を出た・出されただけ
→ 住まい・くらし再建の道程はこれから!
大槌町
40%
避
難
20%
南三陸町
陸前高田市
女川町
山田町
0% 仙台市
0%
釜石市 大船渡市
野田村 気仙沼市
多賀城市 宮古市
名取市
亘理町
田野畑村
塩竈市
岩沼市七ヶ浜町
10%
20%
30%
40%
石巻市
東松島市
住宅全半壊率
山元町
50%
60%
70%
80%
90%
原発事故被災地でもある福島県には、
さらに長期的な支援が必要
大熊町
楢葉町
双葉町
浪江村
葛尾村富岡町
川内村
100%
広野町
80%
避
難
率
長期化が避けられない
帰還までの避難生活を、
どう継続的に支えるか?
→三宅島の全島避難を参考に
60%
40%
20%
被害が甚大だからこそ、
復旧ではなく、
「福祉・医療+産業特区」型の
集落&産業クラスター再生を
飯舘村
川俣村
田村市
西郷村 郡山市
0%
0%
5%
相馬市
新地町
いわき市
10%
南相馬市
矢吹町
15%
20%
25%
住宅全半壊率
再生に挑む1000のコミュニティを
支えぬくための、民間主導の3つのアプローチ
A市
B市
○町内会連合会 △団地+商店街
県外の避難所
②
専
団体づくりの
門
支援
介護サービス
性
運 を 高齢者介護
営持
自立支援団体
介助・ケア
の支援
サつ
ポ 団 障碍者支援
育児サークル
ー体
託児
づくりの支援
ト が 子育て支援
で、
体験学習
放課後学習
支直
プログラム
え 接 教育・学習
るサ
ー
ビ
①地域社会の再生が効果的に始まり、
ス 持続可能であるために、民間からの資金で
と
「期間限定の地域通貨」と「出資金」で支える
管理者・
運営Vo
(
仮
称
)
県
外
避
難
者
支
援
者
交
流
会
議
運③
営県
ボ外
ラ避
ン難
テ
ィ者
アを
を支
、え
ノる
ウ避
ハ難
ウ
交所
流の
で管
支理
え者
るや
近隣・遠隔地からどう支え続けるか?
(支援者の基本原則)
• 支える:与えるのではなく、一緒につくる
• ウォンツではなく、ニーズに応える
– 「お困りは?」ではなく「これは・あれは?」
– 過去・現在を追うのではなく、次を予測し、対
応を備える
• 意思(will)が出てくるまで、待つ
– 相手が「顔が見える」と感じてもらえるまで
• 単発ではなく、協働して、積み上げる
– 「1社1町」「1団体1集落・校区」で続ける
しっかり協働するために
• 活動の実績・経過を簡潔に開示する
–ブログでも、ミニチラシでも、名刺の裏でも
• 定期的に共有する場を設ける
–同じ分野・地域で活動する団体と毎週!
• 互いの強みも弱みも深く共有する
–深く理解できるから、信頼できる
• 次・その次を予測する
–来月・再来月・次の季節どうする?
アセスメントの実績と今後(5月末時点)
避難所
宮城:4月・5週間
でほぼ全箇所2回
施設環境
→継続する?
(ハードウェア)
→重要性?:
→他地域展開?
仮設住宅(集落)
在宅・帰宅・定住
未着手
→着手する?
→重要性?:
多賀城市用に試作
→実施する?
→重要性?:
未着手
→着手する?
→重要性?:
宮城:phase2で着手
(多賀城市用に試作)
→重要性?:
→他地域展開?
多賀城市用に試作
→実施する?
→重要性?:
多賀城市用に試作
→実施する?
→重要性?:
周辺環境
宮城:p2で着手
(ライフライン、
→どう掘り下げる?
コミュニティ、
→重要性?:
医療・介護、
→他地域展開?
商店含む)
個人環境
(家族含む)
多賀城で実施
→どう掘り下げる?
→重要性?:
→他地域展開?
・顧客は誰か? どうすれば顧客に最適・最大の影響を与えるか?
・「設問→実査→集計→分析→発信」の工程分担
・宮城「県外のみ」実施もアリ→つなプロの「アセスメント機能のみ」横展開
ダウンロード

imf2020_ud