情報科教育法第2回
教科「情報」の成り立ちと構成
理学部数学科
清 水 克 彦
世界はすごいスピードで
情報化している。
Information is Capital.
グローバルコミュニケーション時代
1838
モールス信号による有線電信システムの開発
1845
遠距離電気通信の成功
1850
英仏海峡・大西洋に海底ケーブルが敷設
1869
東京ー横浜間で電報の実用化
1876
グラハム・ベルによる電話の実用化
1879
東京ー横浜間で電話の実用化
1900
日本で街頭公衆電話の登場
1920
米国でラジオ放送開始
1925
日本でラジオ放送開始
1939
米国でテレビ放送の開始
1953
日本でテレビ放送の開始
コンピュータの登場
コミュニケーション手段のディジタル化




メイン・フレーム・コンピュータの時代(ENIAC
(世界最初の大型コンピュータ:真空管式)、UN
IVACなど)1946データ通信によるオンライン処理化(1970年
代ー)
パーソナル・コンピュータの誕生(インテルの
8080マイクロプロセッサーの登場、NECのPC
8001の開発(1983)、東芝によるワープロJW10の開発(1978)など
融合メディアの時代:マルチメディア化、イン
ターネットの登場(1985年に日本と米国がつ
ながる)
コンピュータの分類(性能・規模)






メイン・フレーム:スパコン、大型のものなど
ミニ・コンピュータ:現在ではあまり使われない言葉
マイクロコンピュータ:LT,Note,PDA(Personal
Digital Assistant)など
PDAはウルトラ・モバイルPC(UMPC)にも発展してい
る。
携帯電話とPCの融合:iPhone, Smart Phone, Xperia
など
ネットワーク接続、インターネット接続が標準、ワンセグ
放送の受信など
コンピュータの分類(用途・機能)






パーソナルコンピュータ(パソコン):個人が利用するコン
ピュータの総称、境界線上にPDAなどがある
ワークステーション:専門的な業務に用いられる高機能のコ
ンピュータ、ネットワークサーバ、Webサーバなども含む
汎用コンピュータ:大規模な多目的コンピュータ、社会システ
ムなどの中核として利用
スーパーコンピュータ:科学技術計算用の超高速なコン
ピュータ
マイクロコンピュータ(マイコン):組込型のプロセッサを持つ
非常に小規模なコンピュータ
特殊目的コンピュータ:制御用コンピュータ、オフコン、ゲー
ム用など(64bit,128bitなど)
ハードウェアの階層
算術論理演算回路
及びCPU
メモリ、加算器、制御論理
レジスタ
フリップ・フロップ回路
論理回路: AND,OR、NOT
スイッチ回路
ソフトウエアの階層
第4世代言語 1985
高級言語 1970
インタプリタとコンパイラ 1970
アセンブリ言語 1950
機械語 1950
マイクロコード 1950
データ構造とアルゴリズム
論理ゲート、フリップ・フロップ、レジスタ
日常生活のなかの情報システムの普及










ATMマシンの登場
POSシステム
コンサートのチケット予約
電化製品へのコンピュータ機能の普及
ネットワークと携帯電話の接続
CSCW(Computer Supported Collaborative Work)
OJT e-Learning system
SOHO(Small Office Home Office)などの登場
地上波デジタル放送、ワンセグ放送
さまざまな社会情報システムの普及
マスメディアの多様化







新聞・週間月刊誌・書籍
電話
ラジオ
テレビ
インターネット、電子メール
携帯電話、携帯メール
i-modeなどの登場、地上波デジタル放送
マルチメディア化でシームレスに
社会実情データ図録よりhttp://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/index.html
社会実情データ図録よりhttp://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/index.html
どうする日本



「先行するシンガポー
ル・韓国、猛追する中
国」
行政の情報化の順位
はアジアで低い方
E-Learningへの準備の
度合い(Economist,IBM
社)
16位
19位
20位
25位
28位
32位
5位
6位
23位
26位
36位
46位
大韓民国
シンガポール
香港
台湾
マレーシア
日本
大韓民国
シンガポール
日本
マレーシア
タイ
中国
学校の中でもその情報化
の波は押し寄せている
学校はどのように対応し
ているのだろうか
これまでの学校教育における情報・コン
ピュータ
有効な教育機器として 各教科に分散されたコ 職業教育として行われ
の情報機器
ンピュータの内容
ていた内容
テレビ、ビデオ、学校 数学科におけるプログ 電子・電気科などで行
放送、アナライザー、
ラミング的な内容(今 われていたコンピュー
デジタイザー、ティーチ 回削除)、理科におけ タ、論理回路の内容、
ングマシン、OHP,CA るコンピュータ(論理素 建築科・機械科のCA
I、プロジェクタ、ビデオ
子など)の内容
DやCAMの内容、商
編集機、光ディスク、
業科のコンピュータや
デジタルビデオなど
計算処理の内容、など
これらの内容を整理・統合している今回・次回のカリキュラム
各教科での活用・総合的学習の時間での活用
普通教科「社会と情報、情報の科学」・専門教科「情報」
高等学校「情報」教育の二つの顔
普通教育としての「情報」
良識ある市民(educated citizen)が持つ
べき、情報リテラシーの育成
 専門教育(職業教育)としての「情報」
情報化社会における産業における専門家
(主に中堅職業人)の育成として、専門的
知識・技能の教育

考えてみるべきテーマ



「普通教育における情報と、専門教育に
おける情報では、生徒にどのような力を
育成するべきだろうか」
普通教科「情報」として:高校生全員につ
けさせるべき情報の知識・技能・リテラ
シーなどはどのようなものか。
専門教科「情報」として:高校を卒業して
職業につく生徒にどのような専門的な知
識・技能などをつけるべきだろうか。
「情報」の学習目標の俯瞰図(岡本,2002)
with
computer
through
computer
ITに関する用語、知識・
概念等を学習
問題解決力、実践力、コミュニ
ケーション能力の学習
about
computer
情報の科学的、技術的な
事柄の学習
社会参画への健全な
態度・モラルの学習
すべての国民のための情報学として(岡本
2002)




情報の判断、選択、整理、処理能力及び
新たな情報の創造、伝達能力の育成
情報化社会の特質、情報化の社会や人
間に対する影響の理解
情報の重要性の認識、情報に対する責
任感
情報科学の基礎、及び情報手段の特徴
の理解、基本的な操作能力の習得
独立教科として「情報」を確立する必要がある



「情報」というものを体系的に理解、操作・
変換、表現・伝達、評価、そして創造する
といった独立した教科目が必要
ICTの社会での重要性、人間活動がそれ
に大きく係わってきているという状態
それを諸外国でも多くの国で行うように
なってきているという現実
高校で行う「情報」
情報教育に対する事柄
発達
段
階
高等学校段階
about:情報に関す
る内容の学習
through:WBL
的利用
中学校段階
小学校段階
with:IT活用の学
習
普通教科「情報A,B,C」の目標

情報及び情報技術を活用するための知
識と技能の習得を通して、情報に関する
科学的な見方や考え方を養うとともに、
社会の中で情報及び情報技術が果たし
ている役割を理解させ、情報化の進展に
主体的に対応できる能力と態度を育てる。
普通教科「情報」全体の目標

情報及び情報技術を活用するための知
識と技能を習得させ、情報に関する科学
的な見方や考え方を養うとともに、社会
の中で情報及び情報技術が果たしている
役割や影響を理解させ、社会の情報化の
進展に主体的に対応できる能力と態度を
育てる。
「社会と情報」「情報の科学」の目標


「社会と情報」:情報の特徴と情報化が社会に及ぼす影
響を理解させ、情報機器や情報通信ネットワークなどを
適切に活用して情報を収集、処理、表現するとともに効
果的にコミュニケーションを行う能力を養い、情報社会
に積極的に参画する態度を育てる。
「情報の科学」:情報社会を支える情報技術の役割や
影響を理解させるとともに、情報と情報技術を問題の発
見と解決に効果的に活用するための科学的な考え方を
習得させ、情報社会の発展に主体的に寄与する能力と
態度を育てる。
専門教科「情報」の目標(旧、新)


旧:情報の各分野に関する基礎的・基本的な知識と技
術を習得させ、現代社会における情報の意義や役割を
理解させるとともに、高度情報通信社会の諸課題を主
体的、合理的に解決し、社会の発展を図る創造的な能
力と実践的な態度を育てる。
新:情報の各分野に関する基礎的・基本的な知識と技
術を習得させ、現代社会における情報の意義や役割を
理解させるとともに、情報社会の諸課題を主体的、合
理的に、かつ倫理観を持って解決し、情報産業と社会
の発展を図る創造的な能力と実践的な態度を育てる。
普通教科「情報」の成り立ち
中央教育審議会第一次答申(平成8年) 「21世紀を
展望した我が国の教育のあり方について」情報化と教
育についての推進が打ち出された。
① 情報教育の体系的な実施
② 情報機器、情報通信ネットワークの活用による学校
教育の質的な改善
③ 高度情報通信社会に対応する新しい教育
④ 情報社会の「影」の部分への対応
Q:「影」にはどのようなものがあるか?(発問)

「情報」の成り立ち2



「体系的な情報教育の実施に向けて」(平
成9年10月)
高等学校での、普通教育に関する科目と
して情報を設置することを提言。
内容は、2単位程度で、「情報の科学的
な理解」と「情報社会に参画する態度」で
構成することが打ち出される。
「情報」の成り立ち3



教育課程審議会答申(平成10年7月)
各学校段階・各教科等を通じる主な課題に関
する基本的な考え方の一つとして、「情報化へ
の対応」が挙げられる。
「高等学校においては、情報手段の活用を図り
ながら情報を適切に判断・分析するための知
識・技能を習得させ、情報社会に主体的に対応
する態度を育てることなどを内容とする教科「情
報」を新設し必修とすることが適当である。」
普通教科「情報」設定の趣旨

ア 教科設定の趣旨とねらい
(ア)情報化の進展を背景に、これからの
社会に生きる生徒には、大量の情報に対
して的確な選択を行うとともに、日常生活
や職業生活においてコンピュータや情報
通信ネットワークなどの情報手段を適切
に活用し、主体的に情報を選択・処理・発
信できる能力が必須となっている。(情報
活用能力の必要性)
(イ)また、社会を構成する一員として、情報化の進展が人間
や社会に及ぼす影響を理解し、情報社会に参加する上で
望ましい態度を身に付け、健全な社会の発展に寄与するこ
とが求められている。(情報社会への積極的な係わり)
(ウ)我が国社会の情報化の進展の状況を考えるとき、情報
及び情報手段をより効果的に活用するための知識や技能
を定着させ、情報に関する科学的な見方・考え方を養うため
には、中学校段階までの学習を踏まえつつ、高等学校段階
においても継続して情報に関する指導を行う必要がある。
(中学校の経験を踏まえ、より効果的な活用を)
普通教科「情報」では、どのような力を育
成するのか



ア 情報活用の実践力
イ 情報の科学的な理解
ウ 情報社会に参画する態度
これらが「体系的な情報教育の
実施にむけて」のなかで再整理
された。
情報A,B,Cと育成する力
情報活用の実践力
をつける方向
情報A
情報C
情報社会に参画する
態度を付ける方向
情報B
情報の科学的な理
解を深める方向
「社会と情報」と「情報の科学」
情報の科学
情報の科学的な理解を
深める情報教育
を情
つ報
け活
る用
情 の 社会と情報
報実
教践
育力
情報社会に参画する態度
を付ける情報教育
情報活用の実践力



「課題や目的に応じて情報手段を適切に活用
することを含めて、必要な情報を主体的に収
集・判断・表現・処理・創造し、受けての状況な
どを踏まえて発信・伝達できる能力」(3つの部
分よりなる)
単に、コンピュータや情報通信ネットワークが使
えるということではない。
「自ら学び、自ら考える力」に関連(教育課程の
基準の改訂のねらい)
情報の科学的な理解



「情報活用の基礎となる情報手段の特性の理
解と、情報を適切に扱ったり、自らの情報活用
を評価・改善するための基礎的な理論や方法
の理解」(三つの部分よりなる)
単に、コンピュータや情報通信ネットワークの仕
組みなどを理解することだけではない。
何のために情報手段の特性を理解するのかを
しっかり考えよう。
情報社会に参画する態度




「社会生活の中で情報や情報技術が果たしている役割
や及ぼしている影響を理解し、情報モラルの必要性や
情報に対する責任ついて考え、望ましい情報社会の創
造に参画しようとする態度」(三つの部分よりなる)
情報活用の舞台として社会を意識する
情報を活用するための知識や技能の習得と捉えがちで
あるが、情報モラルや情報に対する責任もきちんと指
導する必要がある。
例:東証などのトラブルについて考えてみよう。
普通教科「情報」の3つの目標の関
連性
情報活用
の実践力
体験・実践を踏まえ
た問題意識
具体例を踏まえた原
理・仕組みの理解
効果的・効
率的実践
情報の
科学的理解
具体的な利
活用
問題課題の捉え方
情報・情報技術の役
割の認識
情報社会に
参画する態度
専門教科「情報」




情報産業は、あらゆる職種・職場に浸透し、あら
ゆる職業に含まれるようになってきている。(ネッ
トワーク管理、システムエンジニア、プログラム開
発、データベース管理、電子出版、CG、マルチメ
ディアプレゼンテーションなど)
プログラマーの数、ネットワーク技術者の数も欧
米に比べると圧倒的に不足している。
学校においても、同様にICTの担当者は不足して
いる。
(学習指導要領教科設定の趣旨とねらい参照)
専門教科「情報」を取り巻く職業の現
状



150種にも及ぶ資格試験(2種、シスアド、CG、
マルチメディア検、J検、ワープロ、ビジネスコン
ピューティングなどなど)
高い高卒者の離職率(50%):実習の重視(1
/2以上、インターンシップの導入の必要性)
どこまでの知識・技能が高等学校教育で可能
かについての問題点
多岐にわたる専門教科「情報」の内容
(旧)






「情報産業と社会」
「課題研究」
「情報と表現」
「アルゴリズム」
「ネットワークシステ
ム」
「情報システムの開
発」






「コンピュータデザイン」
「図形と画像の処理」
「マルチメディア表現」
「モデル化とシミュレー
ション」
「情報メディアの編集と
表現」
「情報実習」
専門教科「情報」の科目構成(新)






情報産業と社会
課題研究
情報の表現と管理
情報と問題解決
情報テクノロジー
アルゴリズムとプロ
グラム







ネットワークシステム
データベース
情報システム実習
情報メディア
情報デザイン
表現メディアの編集と表現
情報コンテンツ実習
システム設計・管理分野
総合的科目
情報システム実習
とア
プル
ロゴ
グリ
ラズ
ムム
シネ
スッ
テト
ムワ
ー
ク
情報の表現と管理
基礎的科目(各分野の共通)
デ
ー
タ
ベ
ー
ス
情報コンテンツの制作・発信分野
情報コンテンツ実習
課
題
研
究
情報と問題解決
情報産業と社会
情
報
メ
デ
ィ
ア
情
報
デ
ザ
イ
ン
編表
集現
とメ
表デ
現ィ
ア
の
情報テクノロジー
情報の教師として、知識・技能だ
けではなく、自分がどのような教
育の役割を担っているのかについ
ても、きちんと理解しましょう。
ダウンロード

4月23日ppt - 東京理科大学理学部第1部、第2部数学科