1
Stress and Coping after the disaster
Hippo’s feelings かばくんの気持ち
作;冨永良喜 絵;志村治能
produced by Yoshiki Tominaga(story) & Haruno Shimura(picture) e-mail address [email protected]
2
あれから○○(ヶ月、年)がすぎた。また、災害がくるんじゃないかって
しんぱいなんだ。(また、あんなこわいことがあるんじゃないかって、しんぱいなんだ。)
あたまもいたいし。
3
よるもなかなかねむれないし、ねむってもこわい夢をみて目がさめちゃうんだ。
4
ちょっとしたもの音や雨の音や水の音にもびくっとして、あの時のことを思
い出しちゃうんだ。
5
ひとりは、いやだな
6
自分が悪かったのかなっておもうと、なにもしたくないんだ。
あんなことがあるんだったら、べんきょうしても、むだだと
思ってしまうんだ。
7
TVのニュースはいやだな。
水の音も、“地震”“津波”ということばを聞くのもいやだな。
8
ある日、かばくんは夢をみました。夢の中で大きな木がいいました。
「あんなたいへんなことがあったのだから、心とからだがいろいろかわ
るのは、しぜんなことなんだよ。でもね、このたいへんなことをのりこえ
るために、4つの大切なことがあるんだよ。それは、あんしん、きずな、
ひょうげん、そしてチャレンジなんだよ。」
9
ある日、先生(担任)がいってくれたよ。「地球が地震の活動期になって、こ
んな大きな地震がおきました。防災教育の知恵をあつめて、命を守ること
ができます。災害について勉強して、安全な街や国をつくっていこうね(そ
の災害に応じた防災教育のメッセージ) 」。
そして、ねむりのためのリラックスもおしえてくれたよ。いきをおなかいっぱ
い大きくすって、ゆっくりゆっくりはくんだって。それから、かたをあげて、
ゆっくり、ちからをぬいていくんだって。とってもほっとしたよ。
(あ、これが、あんしん なんだ)
10
おともだちにかたに手をおいてもらってごらん。かたがあったかく
なって、こころまであったかくなるよ。
(あ、これが きずな っていうんだ)
11
それからね、友だちや先生やお家の人に、話しをきいてもらってごらん。
すると、気もちがらくになったり、げんきがでてくることがあるよ。
12
思いだして、こわくなったら、「こわいよ」って、お家のひとや先生にいっ
たらいいんだよ。こわい気持は、命を守る大切な気持なんだよ。つらい
ことを思いだして、かなしくなって泣きたくなったら、泣いたらいいんだ
よ。いろんな気もちを絵にかいたり、作文にしてもいいと思うよ。(あ、こ
れが、ひょうげん なんだ)
13
避けていることに、少しずつチャレンジするといいんだよ。避けているこ
とを書きだしてごごらん。そして、やってみようとするとどれくらい苦しい
か、得点にしてみるんだ。最高に苦しいが100,全く苦しくないが0だよ。
そして、苦しさが50~60ぐらいのことからチャレンジするんだ。
苦しいことに、立ち向かっていくんだよ。すると、苦しさが小さくなっていく
んだよ。
14
そして、かばくんはげんきになりました。まえよりも、もっとたくましくなりました。
ダウンロード

かばくんの紙芝居