オリジナルCDラック
仕様書
工学部第Ⅱ部経営工学科
5397078
松尾直弥
1
仕様書の書式
1.作成の目的
2.使用する環境
3.使用材料・道具
4.作成手順
5.作成による効果
2
1.作成の目的
・ CDを20枚程度収納するラックがほしい
・ 極力予算をかけたくない
・ 市販のものは適度なサイズでない
→自作するのが最善の策である
3
2.使用する環境
どこで使用するか
誰が使用するか
どのように使用するか
→
→
→
自分の部屋
自分が使う
CDの収納
4
3.使用材料・道具
・ 板(設計書での規定サイズ)
・ 釘(10本程度)
・ 紙やすり
・ のこぎり
・ 塗料(ペンキ)
・ はけ
・ 定規(50cm)
・ 作業台
5
4.作成手順
1.ラックを置く場所の確保
2.置き場の寸法を測定
3.設計図の作成
4.設計図と置き場の寸法を確認
5.設計図に基づき切断・組立て
6
設計図の内容
・ おおまかな完成図
・ 各部品の寸法
・ 完成後の寸法
・ おおまかな組立て手順
7
4.作成手順(続き)
6.設計図と実物のチェック
7.紙やすりでの磨き
8.ゴミやほこりを取除く
9.塗料をはけで塗る
10.半日乾燥させる
11.設計図で最終チェック
12.完成
8
作成するに当たり注意した点
組み立てる際に注意した点
・ 設計図の寸法を守る
塗料を塗る際に注意した点
・ ムラがでないよう単一方向にのみ塗る
・ 塗装中に乾燥しないよう日陰で塗る
・ 色つやが悪くなる雨の日は避ける
9
5.作成による効果
良かった点
・ CDを聴くとき便利になった
・ 充実感があった
・ 愛着がわいた
反省点
・ CDの枚数が増えすぐにラックに収納
しきれなくなった
10
ダウンロード

Document