Office of Highway Safety
橋梁点検
Dan Walsh
プレゼンテーション
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
橋梁概要と崩壊
崩壊時の橋梁上の工事状況
ガセットプレート不適切性
有限要素解析
設計と検証手順
橋梁許容荷重評価と許容荷重解析
橋梁点検
ガセットプレート点検
Board Meeting HWY07MH024
概要
• 国家橋梁点検プログラムの概要
• I-35W橋梁の点検履歴
• ガセットプレートの調査に使用する要領
• 州が,橋梁点検時に用いるAASHTO要領に
は,主要素としてガセットプレートが含まれ
ていない
Board Meeting HWY07MH024
NBIプログラムの構成
• 安全委員会は,橋梁事故調査の実績
を有している
• ウエスト・バージニアの1967年のSilver
橋の崩壊(死者46人)
• 安全勧告は,橋梁点検において,全国
的な注目を集めた
• NBIプログラムにより安全勧告が公告さ
れた
Board Meeting HWY07MH024
NBIプログラムの概要
• 国内橋梁点検( NBI)プログラムの構成
– 国内橋梁点検標準( NBIS )
– 国内橋梁目録
• NBIS 概要
– 橋長20フィート以上すべての橋梁を点検
– 少なくとも24ヵ月ごとに点検
Board Meeting HWY07MH024
NBI点検
• NBIS で規定されるI-35W 橋の橋梁点
検
– 定期点検(24ヵ月)
– 重要構造部材の点検(24ヵ月)
– 水面下の点検(60ヵ月)
Board Meeting HWY07MH024
I-35W橋の点検履歴
NBIS
•定期点検
- 1971年の開始後,毎年実施
•重要構造部材の点検
- 1994年の開始後,毎年実施
•水面下の点検
- 2000年の開始後,4年おきに実施
•NBIS で規定されるより,頻繁な点検を実
施する橋梁
追加分
•疲労評価点検
Board Meeting HWY07MH024
I-35W 橋の点検状況
Board Meeting HWY07MH024
状態および機能評価
• 状態評価
– 橋面
– 上部構造
– 下部構造
• 機能評価
– 橋面形状
– 桁下クリアランス
– 取り付け部線形
Board Meeting HWY07MH024
数値評価
• 状態と機能評価:
各々の所定の数値(0~9)
– 欠陥のある状態= 0
– 優れた状態= 9
Board Meeting HWY07MH024
状況評価
• 3種類の状況評価
– 欠陥のない
– 構造的な欠陥
– 機能的に時代遅れ
• 構造的な欠陥
– 状態評価= 4 あるいは,それ以下
– ひどい状態= 4
– 橋梁の補修が必要な状態で,危険である
ということではない
Board Meeting HWY07MH024
I-35W橋梁の評価
• 1991 年以降,構造的に欠陥在りと分
類される
• 上部工の状態評価: 4
Board Meeting HWY07MH024
主構トラス部材の不適切な溶接状況
Board Meeting HWY07MH024
床トラス部材の錆の堆積
Board Meeting HWY07MH024
縦桁端面のさび腐食
Board Meeting HWY07MH024
第2径間のゲルバーヒンジ
機能停止
Board Meeting HWY07MH024
調査結果
• 構造物の荷重支持能力に対して懸念
するような事項は,発見されなかった。
• 崩壊の原因となるような事項は,発見
されなかった。
Board Meeting HWY07MH024
Pontis橋梁管理システム
• 1994年以降の定期点検で,ミネソタ州
交通局で使用中
• 45州の交通局に使用許諾
• 悪化範囲を評価する要素へ構造物を
分割
–梁
– 橋脚柱
– 橋面
Board Meeting HWY07MH024
AASHTOの主ガイド
• 要素説明と評価手順を含
む
• Pontis に含まれるあらゆ
る橋梁の管理システムで
使用
Board Meeting HWY07MH024
主たる要素
• 主たる要素
– 劣化予測
– 目録の作成
– 意義のある説明
• 計測 システムとタイプ別グループ化
– 橋面
– 上部構造
– 下部構造
Board Meeting HWY07MH024
二次要素
• 二次要素
– 二次部材
– モデル化が難しい劣化評価
– 評価要領の記述の困難性
• 高度な機能は、局部的課題を特定
– 示方書等での要求事項以外
– 種々の形式としてグループ化
• 断面欠損,疲労亀裂,錆の堆積,車両衝突損
傷
Board Meeting HWY07MH024
ガセットプレート
• ガセットプレートは,主要素には含まれない
• 重要な問題は,スマートフラグに記述される
• スマートフラグに記載されたガセットプレート
問題について,特定の対応は求められてい
ない。
• ガセットプレートの損傷状況は,状況評価
の決定に用いられない可能性がある
Board Meeting HWY07MH024
例:高性能な旗
Board Meeting HWY07MH024
まとめ
• 橋梁は、NBIによって必要とされるより大き
な頻度で調べられた
• 崩壊における要因を構造的に欠陥のあり
評価しないこと
• AASHTOガイダンスは、中心的な要素とし
てガセットプレートを含まない
• スタッフは、ガセットプレートが他の中心的
な要素に相応したレベルまで上がると提
案する
Board Meeting HWY07MH024
Board Meeting HWY07MH024
ダウンロード

8. 橋梁点検