コンピュータ・リテラシb
第10回
Excel によるデータ処理と
Word との連携
1
今回学ぶこと
1. Excel によるデータ処理
–
–
並び替え
抽出
2. Excelによる集計
3. ピボットテーブル
4. Excel で作成した表を Word に貼り付ける
方法
2
1. リストとは?
フィールド(列)
フィールド名
リスト
レコード
3
並び替え
• 並び替えを行ないたい列にセルポインタを
置き、並び替えのアイコンをクリックする
4
抽出(フィルタ機能)
• リストの中から必要なレコードのみを抽出
することができる
• メニューから
– 「データ」→「フィルタ」→「オートフィルタ」
5
フィルタ機能
6
2. リストの自動集計
• リストをもとに小計や総計を自動的に集計
する機能
• メニューから
– 「データ」→「集計」
• このときセルポインタを集計する表のいず
れかのセル上に置いておくこと
7
集計の設定
8
3. ピボットテーブル
• 元の表の列、行の項目を元に、新たな表を
まとめる機能
• ピボット pivot は旋回の意。視点を変えて
データを集計・分析する機能。
• 多彩なクロス集計を簡単に実現
• メニューから「データ」→「ピボットテーブル」
9
元の表
• 男女、それぞれ質
問にどのように答え
ているのかを集計
する
10
完成した表
11
4. Word との連携
• コピー & ペースト機能を使う。
– 単純なコピー&ペースト
– オブジェクト埋め込み
– オブジェクトリンク埋め込み
12
単純なコピー&ペースト
• Excel で必要な表を範囲指定し、コピー
• Word を開き、そこでペースト
• この場合 Word に貼り付けた表の編集は
Word の機能を使う
13
オブジェクト埋め込み
• Excel で必要な表を範囲指定し、コピー
• Word を開き、「形式を選択して貼り付け」
を行なう。
• メニューから
– 「編集」→「形式を選択して貼り付け」
14
形式を選択して貼り付け
15
表の編集
• 埋め込みを行なった場合、表の編集は表
をダブルクリックして、Excel を使って行なう
16
実習
• 教材ダウンロードのページから「Excelデータ処理
実習.xls」をダウンロードして、マイドキュメントに
保存する
• 基本実習
– シート「東京都市部」で並び替え、抽出
– シート「書籍売上」で自動集計
• 応用実習
– Excelの表をWordに貼り付ける実習
– ピボットテーブルの利用
17
ダウンロード

PowerPoint ファイル