自信の家庭と比較しながら
ドラマを視聴してください。
家庭内でのインターネット使用の
ルールについて
皆さんのご家庭では
インターネット・スマートフォン等の
使用ルールがありますか
どのようなルールを決めるべきか
はじめてスマートフォンを
手にする子に向けた18のルール
アメリカで13歳の子にスマートフォンを買い与える際に親が子に約束
させたルール。
あくまでも親が子どもに貸し出しているもので、自分のものではない
ことを意識させている。また、インターネットよりも実際に友達と
合って話す事や、いやがらせに使わないことなど、スマートフォンを
持つ事で起こりがちな問題に対して、道徳的な観点から約束させてい
ることが特徴。
親子で話そうケータイルール
子どものインターネット等の利用に対しては、料金や使用時間といっ
た事以外にも、トラブルに巻き込まれないことや、人を傷つけないた
めのルールを設けることが望ましい。
電気通信事業社協会の『親子で話そうケータイルール』では、それら
のことも踏まえていくつかのルールが提案されている。
ルールづくりのポイント
 お子様と一緒にルールを作りましょう
 お子様が使おうとしているサービスを一緒に見てみましょう
 お子様の利用状況を確認するルールを作りましょう
 ルールを守れなかったときのルールを作りましょう
 トラブルのときはすぐに保護者に相談するように話しておきましょう
出典:内閣府『お子様を有害情報から守るために』
これらのものも参考に、
お子さんと十分に話し合ってルールを決めてください
コミュニティサイトの方が
被害児童数が多い
1800
出会い系サイト被害児童数
1600
1400
コミュニティサイト被害児童数
1200
出会い系サイト検挙件数
1000
800
コミュニティサイト検挙件数
600
400
200
出典:警察庁
0
平成20年
平成21年
平成22年
平成23年
平成24年
被害児童・検挙件数共にコミュニティサイトの方が多くなっているため、出会い系サイト
だけでなくコミュニティサイトの利用にも十分な注意を払う必要がある。
被害児童の
フィルタリングの
利用状況
フィルタリングの
利用状況
90%
有り
6%
80%
70%
60%
50%
無し
94%
全国使用率
40%
千葉県使用率
30%
20%
10%
0%
小学生
中学生
高校生
出典:警察庁
コミュニティサイトで被害にあった児童のフィルタリング利用率は、平均の利用率よりも
かなり低くなっている事から、フィルタリングをかけていない児童が犯罪被害にあいやす
いと考えられる。
インターネットのトラブル防止には、
親子のコミュニケーションが重要
こうしたルールづくりや、フィルタリングを円滑に進めるため、
また、お子さんが何かトラブルに巻き込まれてしまった場合に
相談してもらうためには、普段からの親子のコミュニケーショ
ンが重要。
普段から面と向かってコミュニケーションをとるようにして、
トラブルの防止に努めてください。
ダウンロード

9インターネット×ルール(PPT:400KB)