電波天文周波数小委員会報告
Radio Astronomy Frequency Subcommittee
亀谷 收 国立天文台 電波天文周波数小委員会
(副委員長) 、および 事務局
Osamu KAMEYA, NAOJ
NRO UM, July 23-24, 2014
FREQUENCY ALLOCATION IN JAPAN
Frequency Allocation for Radio Astronomy:
Rec. ITU-R RA.769-2
ITU: International Telecommunication Union
国際電気通信連合
HI
OH
OH
CH3CO
H2O
NH3
SiO
SiO, HCN,
Renewal of HOME PAGE of Radio Astronomy Frequency Subcommittee (Japanese only)
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/freqras/index.html
国立天文台 電波専門委員会
電波天文周波数小委員会
トップ 目的・概要 最近の活動 連絡先 電波天文学とは 施設 リンク
ごあいさつ
我々電波天文周波数小委員会は,電波天文学の研究活動と他の電波利用業務との健全な共
存関係を確立すること目的とした活動をしています。
電波は我々の身近な生活の中で,様々なところで利用されています。それを円滑に行うため
の公的なマネージメント業務・会合の場で,電波天文研究を進めている立場から提言・活動
をしています。
また,国内研究機関が所有する電波天文業務受信設備指定申請など,電波天文観測局の諸認
可手続きに関して,必要に応じてアドバイス等をしています。
当ウェブサイトでは,委員会の活動報告だけでなく,電波天文学研究の紹介や,電波天文研
究にとっての周波数マネージメントの必要性について,わかりやすく解説しています。
400MHz の電波で見た銀河中心イメージ
▲ページトップへ
|トップ |目的・概要 |最近の活動 |連絡先 |電波天文学とは |施設 |リンク |
|電波天文周波数小委員会トップページ |国立天文台 |自然科学研究機構 |
Copyright (c) 2013 国立天文台電波専門委員会 電波天文周波数小委員会. All right reserved.
国立天文台 野辺山宇宙電波観測所
運用主体、所属 国立天文台
所在地
長野県南佐久郡南牧村野辺山
アンテナの形式
大きさ(直径、有効面積) 備考
パラボラ(単一鏡) アンテナ長 45 m
写真左
パラボラ(干渉計) 直径 10m×6 台
写真右
▲ページトップへ
≪ 一覧(甲信越)へ
国立天文台 野辺山太陽電波観測所
運用主体、所属 国立天文台
所在地
長野県南佐久郡南牧村野辺山
アンテナの形式
大きさ(直径、有効面積) 備考
パラボラ T 字型干渉計 直径 80cm×84 台
写真左
パラボラ(偏波計)
直径 3 m
写真右奥
パラボラ(偏波計)
直径 2 m
写真右奥から2番目
パラボラ(偏波計)
直径 1.5 m
写真右奥から3番目
パラボラ(偏波計)
直径 85 cm
写真右奥から4番目
パラボラ(偏波計)
直径 30 cm
写真右手前中央
Allocation of Radio Receiving stations by
the Ministry of Internal Affairs and
Communications (MIC)(総務省)受信設
備保護指定:
VERAの電波天文業務受信設備指定
VERA stations were accepted
as radio receiving stations on
Dec. 12 for 10 years.
苫小牧
Tomakomai
水沢
Mizuswa
山口
岐阜 Gifu 臼田Usuda
茨城Ibaraki
那須
Yamaguchi
つくばTsukuba
野辺山
名古屋
Nobayama 鹿島Kashima
Nagoya
入来Iriki
鹿児島6m
石垣島Ishigaki-jima
内之浦
Uchinoura
小笠原Ogasawara
・Under negotiation:Tsukuba Univ./GSI, Nobeyama,( Waseda Univ.)
・Under preparation:Tohoku Univ. Yamaguchi, Ibaraki, Gifu Univ.,,,
電波干渉妨害要因とその対策の例:
Possible Interference
*
79GHz帯車載レーダ
(77-81GHz)
*
76GHz帯車載レーダ
(76.0-77.0GHz)新たに検討が必要
*
23GHz次期放送衛星システム
*
21GHz次期放送衛星システム
(21.4-22GHz)
22GHz水メーザ観測(22.01-22.21GHz 、22.21-22.5GHz)に支障?
スーパハイビジョン放送 (地デジTVの16倍解像度)2015年に実験放送スタート?
NHK,B-satと定期的打ち合わせ
* PLT/PLC(電力線搬送通信)
(2-30MHz)2012年2月
総務大臣に“拙速な屋外利用を
進めないよう”に要望、記者会
見を設定
日本天文学会、地球電磁気・地球
惑星圏学会とともに)
Summary
1. Radio Astronomy Frequency Subcommittee
(電波天文周波数小委員会) works to protect the
environment for radio astronomy observation.
・Monthly meeting of the Subcommittee, Negotiation with other groups
who emit radio signals, Meetings in Japan and International meeting.
2. Allocation of Radio Receiving stations by the Ministry
of Internal Affairs and Communications (MIC) is important!
(総務省)受信設備申請重要
3. Recent items of possible interference
・
・
・
・
・
・
・
4.
1.6GHz satellite mobile, PLC
21GHz satellite
23GHzCATV
23GHz wireless transmission
UWB
76GHz Rader: start consideration 斎藤所長ご対応
79GHz Rader
Nobeyama is the Makka for radio astronomy! Please be careful!
「野辺山は国内で電波天文のメッカです!」と説明しています
ダウンロード

電波天文周波数小委員会 1/2