中国の歌「让我们荡起双桨」
—中国の歌を日本語で紹介する—
原題:让我们荡起双桨(訳:舟を漕ぐ歌)
りゅう し
作曲: 劉 熾
きょう う
作詞: 喬 羽
歌手:少年合唱
発表年:1955 年
背景:
この歌は 1955 年に始めて作った子供映画「祖国の花」の主題歌である。こ
の歌の誕生にはこのようなエピソードがあるそうだ。
当時、この映画の撮影に参加している子供たちは映画のロケ地である北海公
園の昆明湖で舟に乗り遊んでいた。歌の作曲者たる劉熾さんが川辺で子供たち
を見ていた。子供たちは「叔父さん、早く乗ってください。舟がすぐ出ますよ」
と呼びかけたが、水が苦手な劉さんはすごく怖がった。舟の中に座り込んでお
り、子供たちの天真爛漫な様子を見ると、自分も無邪気な子供に戻ったように
感じた。そのとき、インスピレーションが湧き、曲を思いついた。劉さんはす
ぐ岸に戻って、ただ 20 分でこの歌を作ってきた。子供たちはこの曲を聞くと、
大変喜んで、自分の気持ちを全部に表したと言ってくれた。
そして映画が上映された後、この歌は大ヒットした。数十年が経っても、年
齢を問わず、中国人なら誰でも知っている思い出の歌になった。
歌詞:
原語
日本語
1、
1
让我们荡起双桨
一緒に船を漕ごう
小船儿推开波浪
小舟が波をかぶった
海面倒映着美丽的白塔
水面に美しくて白い塔の倒影が映り
四周环绕着绿树红墙
周りに緑の木や赤い壁がある
小船儿轻轻 飘荡在水中
小舟がゆらゆらと水に揺れ
迎面吹来了凉爽的风
涼しい風が吹いてくる
2、
2
红领巾迎着太阳
赤いネッカチーフが太陽の方に向かい
阳光洒在海面上
陽光が水面に照る
水中鱼儿望着我们
水の中に魚が私たちを見て
悄悄地听我们愉快歌唱
ひっそりと私たちの楽しい歌を聞いている
小船儿轻轻 飘荡在水中
小舟がゆらゆらと水に揺れ
迎面吹来了凉爽的风
涼しい風が吹いてくる
3、
3
做完了一天的功课
宿題は全部やり終わり
我们来尽情欢乐
私たちは遊びに行く
我问你亲爱的伙伴
親しい友人に尋ね
谁给我们安排下幸福的生活
誰か私たちの幸せな生活を作ってくれた
小船儿轻轻 飘荡在水中
小舟がゆらゆらと水に揺れ
迎面吹来了凉爽的风
涼しい風が吹いてくる
語彙リスト:
我们:私たち
荡起双桨:舟を漕ぐ
小船儿:小舟
波浪:波
美丽:美しい
绿树红墙:緑の木や赤い壁
凉爽:涼しい
风:風
红领巾:赤いネッカチーフ
悄悄地:ひっそり
愉快:楽しい
功课:宿題
亲爱的:親しい
伙伴:友人
幸福:幸せ
選んだ理由:
先学期、私は日本へ留学した。早稲田大学に授業を受けて、いい勉強になっ
た。様々な授業の中に、「日本の歌」というのがあった。私はおもしろそうと
思いながら、参加した。そして、先生のおかげで、
「七つの子」とか、
「赤とん
ぼ」とか、色々な日本のわらべ歌を習い、今でも覚えている。だから、私も中
国のわらべ歌を日本人たちに紹介しようと思って、これをテーマに選んだ。
この「让我们荡起双桨」は中国人なら誰でも知っていると考えられる。60
年前の歌なのに、今でも人々に愛されている。小学校で勉強したのはいつだっ
たか忘れてしまったが、これから先も美しいメロディーは忘れるわけがない。
この曲は北京市の北海公園で作られたものである。北京市出身の私にとって、
北海公園はすごく特別な存在である。なぜかというと、幼い時によく両親と一
緒にそこへ遊びにいったからである。北海公園である昆明湖で舟に乗り遊んで
いる時、このうたを歌いながら、楽しくて船を漕いでいた。周りも歌詞の通り、
「水面に美しくて白い塔の倒影が映り、周りに緑の木や赤い壁がある」という
ように、綺麗な景色である。高校生になった時、外国の友達を連れて、一緒に
北海公園に舟を漕ぎにいったことがある。その時もこの曲を歌って、いい思い
出を作ってきた。
歌詞の日本語訳を作った時、様々な困難が出てきった。最も難しかったのは、
詩のような中国語の歌詞をきれいに翻訳するため、どうすればいいか分からな
かった。中国語が簡潔だが、日本語に翻訳したら、長くてそんなに美しくなか
った。だから、色々な工夫を凝らして、完璧とはいえないけど、できるだけう
まく訳した。
それゆえ、この曲を選んで、皆さんに紹介したいと思う。
歌詞出典:搜谱网 www.sooopu.com
外交学院外国語学部日本語専門
張隽婷
(クレア北京事務所インターン勤務)
ダウンロード

中国の歌「让我们荡起双桨」 —中国の歌を日本語で紹介