アーゴデザイン部会合宿例会
03-3-14/15
某センターのUD調査
C班
インストラクター:山岡俊樹
1
はじめに
UDマトリックスを建築に応用
2
方 法
①ユーザグループ選定
②シナリオ作成:2種類
③疑似体験と各属性を想定し点検
④目視とデジタルカメラで観察
ユーザの要求を見つける
3
結果と考察
4
アクセス面に対する要求
ローカウンターの設置
5
アクセス面に対する要求
ベランダに出たい
段差
11cm
6
アクセス面に対する要求
通路の拡幅(80cm以上)
65cm
7
表示面に対する要求
みやすい部屋番号
8
表示面に対する要求
館内全体案内図の統一
9
表示面に対する要求
トイレの表示の統一
10
良かった点
かご内の鏡のデザイン
11
良かった点
入室後の自動点灯
レストランスタッフの対応
12
結 論
UDマトリックスから様々なユーザの
要求が多々明らかにできた
13
ご清聴有難
うございまし
た。
製作総指揮:戸田&北島14
おまけ
15
結果と考察
シナリオ1:宿泊
玄関から入る→受付を探す→チェックイン
→EVを探す→EVに乗る→部屋を探す
→部屋に入る→部屋で過ごす
→部屋を出る(終了)
16
結果と考察
シナリオ2:国際会議参加
玄関から入る→受付を探す→受付
→EVを探す→EVに乗る→会場を探す
→会場に入る→会議に参加
→会場を出る(終了)
17
ダウンロード

UDチェック