かなた望遠鏡
広島大学宇宙科学センター
附属東広島天文台
高速分光システムの開発 II
磯貝 瑞希(広島大)、嶺重 慎、野上 大作(京都大)、川端 弘治、植村 誠(広島大) 、杉保 圭(京都大) 、大杉 節、山下 卓也、永江 修、
新井 彰、保田 知則、宮本 久嗣、上原 岳士、笹田 真人、田中 祐行、松井 理紗子、深沢 泰司、かなた望遠鏡チーム(広島大)
我々は現在かなた望遠鏡で運用している高速読み出しが可能なCCDカメラに分光器を組み合わせて高速分光を行う観測装置の開発を進めている。
現在までに分散素子、筐体本体の製作を終えており、制御ソフト製作・動作試験をへて来月(2008年4月)中に試験観測を行う予定である。
1. 高速分光システムとは
最速で 35.8 frame/sec の連続撮像が可能な高速CCD
カメラで分光観測を行うことを目的とした光学システム。
目的は、ブラックホール連星、激変星での連続光SED
(R≡λ/Δλ~20)および輝線強度(R~150)の短時間変動
(~0.1-1秒)(右図)を捉えること。
製作は嶺重(京大)の科研費(19年度基盤B「高速分光シ
ステムでとらえるブラックホール粒子加速の現場」)を財
源とする。
装置は広島大学宇宙科学センター附属東広島天文台か
なた望遠鏡の第2ナスミス焦点に設置し、同じく第2ナス
ミス焦点を使用する観望用眼視光学系と共存。
KV UMa (LMXB)
(Spruit & Kanbach A&A 391, 225, 2002)
X線
可視光
どんどん減光 急激に増光
2. 高速CCDカメラとは
e2v社の電子増倍(EM)・背面照射型 frame transfer CCD (CCD87) を使って
浜松ホトニクスと共同で開発されたEM-CCD カメラ(C9100-12)
ピクセル数
512×512
130
123mm
ピクセルサイズ 16μm×16μm
露光時間
27.1 msec~10 sec
こちら
最速frame rate 35.8 frame/sec (No-bin、full-frame)
130
限界等級
20mag @かなた望遠鏡(1.5m)
(±0.2mag, 最長の10秒露光)
5. 筐体
・高速分光器 全体像
分光器筐体の特徴および分光器の仕様は
以下の通り。製作は西村製作所に依頼。
サイズ:1100x600x864 mm
・全ての光学素子を光学定盤上に設置
フィルター,分散素子 再結像系
コリメーター
・光学定盤をキャスターつきの土台で支持
第2ナスミ
・眼視用光学系との切替は、斜鏡の出入
ス焦点
・マスク/スリット: 3種類
丸穴:φ0.9mm(=10”)
スリット2種類: 幅0.11, 0.2mm(=1.2”, 2.2”)
CCDカメラ
・フィルター:
眼視用斜鏡
波長較正ランプ
ロングパス2種類(L38, GG495)、
切替
広帯域(B,V,Rc)3種類
・波長較正: Oriel社製 Hg-Neランプ
光学定盤
眼視用光学系
・マスク/スリット、眼視用斜鏡、フィルター、分散素子の
切替は、電動アクチュエータの動作によって行う
・オートガイドシステム:
観測天体を用いたオートガイドシステムを構築(予定)
・高速分光器 横から見た図
固定マスク1(視野を絞るため)
・高速分光器 撮影画像
固定マスク2
第2ナス
ミス焦点
~16mag(R=20の分光モード)
・高速カメラの観測例(Sco X-1(LMXB)@飛騨天文台60cm望遠鏡)
マスクスリット
72分
300GBのHDDを積んだPCで制御。
データ保管用として6TBのRAIDを
LAN上に設置。飛騨天文台60cm反
射望遠鏡で試験観測後、現在かな
た望遠鏡で観測運用中。
フィルター
分散素子
CCDカメラ
・レンズホルダ
(レンズ仮はめこみ後)
・後部上方から撮影
・分光器 正面から撮影
固定マ
スク2
再結像系
固定マスク1
眼視用鏡切替
CCDカメラ
コリメータ
3. 製作項目
光学系は広島大で開発中の可視広視野一露出型偏光撮像装置HOWPol
(詳細はV03b,V04b参照)の(予備の)レンズ群を使用
製作は
・HOWPolの光学系 (視野:15’ , 縮小率:1/1.741)
1:分散素子
フィルター・分散素子
望遠鏡焦点面
(2種類:R~20, R~150)
CCDカメラ
2:分光器筐体
コリメーター
再結像系
・レンズホルダ
光路
3:制御ソフト
(眼視用斜鏡、マスク/スリット、
フィルター、分散素子入替)
4:整約ソフト
750mm
の4項目
6. 今後のスケジュール
2008年/4月 5
6
分光器組立
制御ソフト
動作試験
試験観測
整約ソフト
現在:全てのものが手元に揃ったところ
目標:4月中に試験観測を開始すること
現在、2の分光器筐体の製作が終了した段階。
7. まとめ
4. 分散素子
○超低分散素子(R~20)
2種類の異なる素材を組み合わせたプリズム
(2素子プリズム)を採用。
素材
BK7 + F2
透過率
85%以上
直透過光
λ=600nm
波長分解能 R=70-10
(λ=400-800nm)
プリズム頂角 27.5度, 22.6度
サイズ
36 x 36 x 24-27 mm
○ 低分散素子(R~150)
Newport社製透過型グレーティング
200本/mmを採用。
透過率
直透過光
λ=550nm
波長分解能 R= 155 @Hα
観測波長域 450-680nm
素材
プリズム
BK7, 頂角12.2度
グレーティング 溝本数200本/mm, 溝角度10°
ブレーズ波長505nm
☆ 高速分光装置のスペック
・高速CCDカメラ
・512x512pix, 最速35.8 frame/sec(full frame, no-bin), 0.5MB/frame
・16μm/1pixel
0.31”/pixel, 視野 2.6’ x 2.6’ (@かなた望遠鏡)
・2種類の直透過型分光モード
・超低分散(R~20) スリットレス
装置透過率:50% 限界等級~16等
・低分散(R~150) 0.2mm(2.2”)スリット 装置透過率:30% 限界等級~13等
・オートガイドシステム
観測天体を用いたオートガイドシステムを構築(予定)
☆ 4月中の試験観測が目標
ダウンロード

ppt