会 場:南山大学 (地下鉄名城線「名古屋大学」駅すぐ)
参加費:3,000円(予稿集およびジャーナル代を含む)
2009年12月12日(土)
●パネルディスカッション
日本における第二言語習得
研究の軌跡と今後の展望
―30年を振り返り、これからの研究を考える―
司会:
坂本 正
氏 (南山大学)
質問者 : 堀
恵子 氏 (国際交流基金)
小柳 かおる 氏 (上智大学),
渋谷 勝己 氏 (大阪大学), 戸田 貴子 氏 (早稲田大学),
畑佐 由紀子氏 (広島大学),森山 新 氏 (お茶の水女子大学)
パネリスト,ディスカッサント :
1978年の 『日本語教育』 「特集:文法上の誤用例から何を学ぶか」 から
30年・・・ さまざまな領域の研究者が南山に集い、研究パラダイムの
変遷を振り返りながら、「習得とは何か」 を大いに議論します
2009年12月13日(日)
●基調講演
白井 恭弘
氏 (ピッツバーグ大学)
外国語学習の科学:SLA研究の過去・現在・未来
●口頭発表 ・ ポスター発表
事前申し込み不要です。 当日、直接 ご来場ください
詳細はJASLAホームページ (http://jsl.li.ocha.ac.jp/jasla/)
ダウンロード

ポスター(PPT) - 国際言語文化研究科