3.その他
景観まちづくり教育
良好な景観(形成)に関する意識の啓発、知識の普及等を行う「景観まちづくり教育」の
取組促進に向けて、学校教育向け・行政職員向け・市民向けのそれぞれについてわか
りやすいツールを開発・提供。
●学校教育向け ~景観を題材に、学校教育の場で実施可能な学習モデルプログラムを開発・提供~
モデルプログラム例 「ひそんでいるぞ!かお・カオ・顔」
<学習の狙い>
身近な景観の中から、「顔」に見立てられる風景や建物を発見し、身近な
景観に関心を持ち、そのおもしろさを味わうことができるようになる。
モデル校における実践的取組の様子
●行政職員向け
・景観まちづくりの手引き
・景観まちづくり講座事例集
<先生の声(一部抜粋)>
(児童の反応)
学校内で一度やってから校外学
習としたので、受け入れられやすく、
一生懸命集中して探していた。
(教師の変化)
学校だけでなく、地域に出て何か
をするというのは良いと思う。特に、
郷土教育の意味からも地域活動
に着目して教材化することは良い
と思う。
●市民向け
・市民景観まちづくりリーフレット
・景観まちづくりの取り組み事例集
景観形成の経済価値を評価する手法の検討
一般的に、景観のように市場で取引されず、価格を持たない財について、価値を定量的に表現す
ることは難しいが、このような財に対する経済価値の分析手法がある。
(ヘドニック法、CVM(仮想市場評価法)、コンジョイント分析、旅行費用法、等)
国土交通省において、これらの手法を用いて、景観形成の経済的価値を分析する手法
について検討し、ケーススタディ分析を実施。
<分析例>
【コンジョイント分析】
<色彩に関する分析の例>
景観の構成要素(建物の色彩、高
層建築物の有無、緑化状況)と支
払額を変えた選択肢を用意し、ア
ンケートで回答してもらうことで経
済的価値を計算する手法
選択
派手な色彩の建物が混在
価格は3000万円
落ち着いた色彩で統一
価格は
3030万円、3090万円、3150万円
分析結果
色彩、高層建築物及び緑に関する景観形成によって、住宅価格3,000万円に対し、約960万円の
支払い意志額が試算された。
ダウンロード

3. その他 - 国土交通省