甲南大学『ミクロ経済学』
特殊講義
コンテスタビリティ理論:政策編
http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/~ida/
2Kyouikukatudou/3Hijyoukin/2000/Konan2000.html
依田高典
1
公益事業規制
• 直接規制
– 経済的規制:自然独占と情報非対称性
• 参入退出・価格・投資・
– 社会的規制:安全・健康・環境
• 自然独占:規模の経済性
– 厚生の損失と市場の失敗
• 限界費用価格設定:社会的最善
• 平均費用価格設定:社会的次善
• 2部料金設定:社会的最善
– 政府の失敗
• X非効率性/AJ効果/レントシーキング
• デムゼッツの免許権の競りの理論
2
P
Pm
Pac
AC
Pmc
MC
MR
Qm
Qac
Qmc
Q
自然独占産業
戻る
コンテスタビリティ命題
• 神の見えざる手の弱定理
(B&P&W 1982)
– 自然独占産業でもコンテスタブル市場では社会厚生上望ま
しい資源配分が実現
• 完全コンテスタブル市場
– 費用・需要の同質性/埋没費用ゼロ/価格変更の時間ラグ/消費
変更の即時性
• 持続可能な産業構造2つのケース
– 需給均衡/市場退出がないこと/市場参入がないこと
– パレート最適なケースとラムゼー次善なケース
• コンテスタビリティ命題の含意
– 伝統的競争理論の拡張(潜在的競争も可)
– 規制緩和論への応用(次回検討)
4
P
P
Pac
Pmc
Q1 Q2
Q3
パレート最適なケース
Q
Q1
ラムゼー次善なケース
戻る
Q
コンテスタビリティ理論の批判的検討
•
•
•
•
均衡の存在の問題
本質論的批判
頑健性の批判
実証的批判
6
均衡存在と本質論
• 整数問題
– 産業産出量を企業数で割り切れるか
• クリーム・スキミング
– 多数財の破滅的競争
– C(1)=6, C(2)=8, C(3)=13において、C(3)<C(1)+C(2)<3C(1)
しかし、C(2)<(2/3)C(3)
• 「コンテスト」とは「超自由参入」にあらず
• 在庫費用と埋没費用がゼロならば、規模の経済性は
存在しない
戻る
7
頑健性批判
• 戦略的相互依存の脆弱性
– 価格競争か数量競争かで異なる結論
• 反応ラグの存在/埋没費用ゼロの仮定の非頑健性
– 埋没費用がゼロでない場合、急速に価格が上昇
– 反応ラグが存在しない場合、急速に価格が上昇
– 費用・需要条件の等質性にも、同様の非頑健性
戻る
8
P0(S)
Pm
P0(S)
A
B
Cß
0 S1
S2
埋没費用と参入阻止価格
Pm
S
Cß
0 T1
T2
T
反応ラグと参入阻止価格
戻る
実証的批判
• 1980年代初期、米国航空産業で肯定的研究
– 価格と競争相手の有無には差がない
• その後は、否定的結論は続出
– 航空運賃のような市場成果と市場集中度は正の相関
– 航空運賃・余剰のような市場成果と競争相手の有無は正の
相関
• 1980年代後期には、ハブ&スポークの市場支配力の
実証に力点が移行
戻る
10
何故鎮圧されたか
• 静学的効率性よりも動学的効率性
• 潜在的競争よりも顕在的競争
• 自然独占性のみならず、公的必需性
最初に戻る
11
ダウンロード

Network Economics (2) コンテスタビリティ理論 理論編