中山道伝説
三吉と小女郎
絵・文 遠山 文枝
参考文献
昭和49年11月3日
恵那市発行 恵那市史
恵那市の昔話と歌
昔、中野村の桑下に三吉というオスギツネと、羽白の山に
小女郎というメスギツネが住んでいました。どちらも、化け上手で、
キツネ仲間の評判になっていました。
そして、二匹はお互いに「オレがうまい!」、「あたいがじょうず!」
と自信を持っていたということです。
昔、桑下にも羽白にもぎょうさん(たくさん)キツネ
が住んでいて、お互いに張り合って、ひどう仲が悪
かったげな(です)。
よると触るとけんか。お天道様も、お月様も なんと
かならんかと いつも お困りじゃったということです。
ある日、ばったり三吉と小女郎が山道で出会いました。
お互いに競争心を燃やして「ふん、化けることはオレのほうが
うまいぞ!」 「ふん、あたしのほうがずっとじょうずやに!」
と、思っていました。そして、にらみ合っていました。
いいとこで出会ったな、と二匹は思いました。やるか!と
二匹とも、思いました。二匹は腹にグーーンと力を入れ、足を
よいしょとしっかりと踏ん張りました。二匹ともしっかり心の中
で呪文を唱えました。
まず、三吉が「なに!この勝負オレがもらった。」
三吉は負けずにやりかえしておいて、クルクルクルリンパ
まぁ、かわいいお寺の小僧さんになりました。
お互いに、「まぁ、見とらんしょ!」と、二匹ともこれから出会
う場所や審判のキツネを決めて、別れました。
三吉はかわいい小僧さんに化けて待っていました。
夕方近くになって、家へ帰ろうと急いでおるおじさんに、
「おじさん、今日は疲れたでしょう。ちょっと休んでいったら?」
と、お百姓さんを誘い、
そこら中つれ回り、畑の中の
ほったて小屋をお寺の観音堂
と思わせて「なんまむだん。
なんまむだん。」と、ありがたがって、拝んだりさせました。
または、お腹のすいている様なおばあさんには、
「美味いうどんやがあるで。」
と、道ばたの農小屋で草をいっぱい集めてきて
「うまい、うまい」と、食べさせたりして、村の人たち
を困らせて、小女郎と化け競争をしていました。
今度は、小女郎はちょっと考えて、きれいな女の子になりました。
あんまりきれいで三吉もびっくりしたけれど、「ふん、何だ。」
まだまだ自信をもっていました。
小女郎はちょっと
一杯飲んだお兄さんに
「まぁ、すてき。お兄さん、
遊んでいかないの?」なんて言って、
汚い川へ連れて行って、水あびをさせたりしました。
きれいなお姉さんから「いい宿屋へ案内しますよ。」
なんていわれて、汚い小屋で腐りかけの堆肥にするワラを
羽布団と間違えて朝まで寝ているお兄さんもありました。
ばかしっぶりはたいしたもので、
村の人の困るのもちょうど
同じくらいということで
審判から「この勝負引き分け」
となりました。
でも,意外なことが起こりました。
だんだん二人はお互いに好きになりました。でも、二匹はお互い
に桑下と羽白の仲間のことを思っていつもケンカばかりしていま
した。
でも、時にはケンカを忘れて仲良くお芋を焼いて食べたり、
かわいい小僧さんときれいなお嬢様で、いつのまにか
おデートするようになりました。
「三吉さん、これ‥‥」 モジモジして小女郎 「小女郎 好きだよ」
小さなプレゼントがいっそう二人を仲良く仲良くさせていきました。
お花もきれいに咲いて二匹を祝福してくれました。
こうして三吉と小女郎は結婚したいと思うようになりました。
けれども二匹のお父さんやお母さんも、そしてもちろん羽白のきつ
ねも 桑下のきつねも大反対じゃったそうな。
でも、二人はそっとおデートを重ねておりました。お花もお天道様も
親切でした。でも、ここで何処にもいますいじわるばぁさんがこの山
にもやっぱりいました。そっと木の影から覗いてお山へ帰ると両方
の仲間に告げ口をしました。
いつも仲間に見張られて二匹は抜け出すこともできなくなりました。
父親ギツネも母親ギツネも、いつも三吉や小女郎を見張りました。
穴を脱け出るスキもありません。でも、三吉は男の子です。とうとう、
脱け出る機会を見つけました。そして、とうとう、穴を脱け出ました。
三吉はそっと逃げ出すことに成功したのにとうとう羽白のキツネ
にみつかってしまい、大乱闘になりました。
「ギャッ、ギャッ」、「コン、コーン」、「コン、コン、・・・・」
もう頭だか尾っぽだかわかりません。羽白か桑下かグルグル
「コンコン、コン」
とうとう三吉は捕まってしまいました。三吉の悲鳴が聞えたのか
羽白の洞穴で小女郎が「三吉つぁーん」
でも、三吉にはこの小女郎の必死の叫び声がかすかに聞えました。
もうろうとしたなかで小女郎の声を聞きました。
やっと桑下のキツネ穴まで三吉はたどり着きました。ひどい怪我
でした。が,とうとう死んでしまいました。
お父さんギツネも母さんも姉さんギツネもみんな泣きました。
大粒の涙はいっぱい流れ落ちました。
キツネ穴にもお山にも
その日はキツネ火も燃えず、
暗くひっそりしていました。
そして、「コーン、コーン」
と、低い泣き声がお山の風に
乗って何処までも低く、
低く流れました。
三吉は死んでしまいました。三吉の亡くなったことは桑下から
羽白の山に伝わりました。小女郎の耳にも伝わりました。それから
の小女郎は山陰の切り株にもたれて「三吉つぁん、三吉つぁん」と、
小声でつぶやいて泣いてばかりいました。涙が枯れるほど泣いた
あと、みんなの隙を狙ってとうとう首をつって死んでしまいました。
時は移り、ケンカ続きのお山にも新しい時代が訪れました。
キツネたちの居場所はだんだんせばめられました。
いつのまにかとても少なくなり悪さをする話も聞かなくなりました。
今でも雪の降る寒い夜にはキツネの鳴き声が聞えるそうで、
なんだかかわいく、懐かしいですね。
三郷稲荷は、ずうっとその後にできたということです。
れ
あ
い
で
す
。
し
た
手
の
日
本
の
指
が
私
の
宝
物
で
あ
り
、
最
高
の
つ
の
バ
バ
ア
に
は
こ
の
力
に
も
限
界
が
あ
り
ま
す
。
麻
痺
祖 で え と ま し い 人
先 す さ 昔 れ ま つ か
か 。 せ 話 、 い か ら
た は 故 ま 語 人
ら
く 線 里 す り へ
受
な を で 。 継 ず
け
ぐ っ
継
い ひ 育 ジ
人 と
の く っ ッ
い
サ が 長
た
で
だ
こ 大 マ
い
い
す と
郷
、 な 間
切
バ
。 が
土
、
語
け
な
ッ
で
の
語
サ
り
れ
心
き
最
り
マ
伝
ば
の
ま
大
の 忘 継
え
財
せ
の
話 れ が
て
産
ん
遺
は 去 れ
い
で
。
産
き た す 故 ら た
を
た だ 。 里 れ お
80
い 、 伝 で て 話
才
の 消 説 生
は
中
山
道
中
野
村
に
伝
わ
る
昔
話
さ「
せ三
て吉
いと
た小
だ女
き郎
ま」
と
しい
たう
。紙
芝
居
を
ダウンロード

三吉と小女郎