第2章
なぜ発達心理学を学ぶのか?
道案内
1 準備
2 知覚の発達
3 認知の発達
4 感情の発達
5 性格の発達
6 社会性の発達
7 発達上の問題
8 まとめ
(0) 授業を始める前に
*
(1) 発達心理学とはどんな学問か?
(2) なぜ発達心理学を学ぶのか?
(3) 子供に世界はどう見えるか?
(4) 子どもはものごとをどう理解するか
(5) 子どもは心をどう理解するか
(6) 子どもに愛情を注ぐこと
(7) 子供の性格は生まれつき?
(8) 人間関係の中で育つ
(9) 自己意識と発達課題
(10) 子供に見られる心の問題
(11) まとめ
*
メインメッセージ2
子供の発達は直線的ではない
個人差にも注意
「発達期」の意味
注意!!
発達段階はあくまでも連続的で
あり、個人差も存在することに
注意
発達期
前期 6 〜 8 歳
中期 8 〜 10歳
乳児期 0 〜 1 歳
後期 10〜 12歳
幼児期 1 〜 6 歳
児童期 6 〜 12 歳
青年期 12〜 18 歳
発達期
生理的早産
乳児期 0 〜 1 歳
幼児期 1 〜 6 歳
初めての言葉
2足歩行
第一反抗期
前期 6 〜
発達期
8 歳
中期 8 〜 10歳
後期 10〜 12歳
幼児期 1 〜 6 歳
児童期 6 〜 12歳
ギャングエイジ
思考の脱中心化
ギャングエイジ
発達期
児童期 6 〜 12歳
青年期 12〜 18歳
第二次性徴
第二反抗期
心理的離乳
サブメッセージ2.1
分類は科学の基本。
分けて考えることの
意義を理解しよう
発達曲線の見方
指
標
年齢
身体の発達
[データ2.1]
1990年
厚生省調査
運動の発達
[データ2.2]全身運動の発達速度
知覚の発達
[データ2.3]音源への定位
音
源
の
割 方
合 を
向
い
た
100
50
0
0
1
月齢
2
3
人間関係の発達
[データ2.4]
交友選択の要因
相互的接近
同情愛着
尊敬共鳴
集団的協同
スキャモンの発達曲線
発達の方向
未分化
渾沌
曖昧
不確定
→
→
→
→
分化
分節
明確
確定
サブメッセージ2.2
発達はいつも上昇方向や
直線的とは限らない
3 発達心理学の研究法
横断的方法
複数の年代集団を同時に
測定する
長所
短所
時間と手間の節約
個人差の混入
環境が一定
世代間格差の混入
3 発達心理学の研究法
縦断的方法
単一の年代集団を複数年に
わたって測定する
長所
短所
個人差の分離
時間と手間がかかる
世代間格差の分離
環境の変化
3 発達心理学の研究法
横断的系列的方法
複数の年代集団を複数年に
わたって測定する
サブメッセージ2.3
研究法には長所と短所がある
ので、データの質に注意
4 なぜ発達心理学?
(1) 正常な発達を検査するため
(1) 正常な発達を検査するため
(例) K式発達検査
ATNR姿勢
4 なぜ発達心理学?
(1) 正常な発達を検査するため
(2) 教育効果を高めるため
(3) 自分自身を知るため
メインメッセージ2
子供の発達は直線的ではない
個人差にも注意
ダウンロード

発達期