2007.7.25
上野公園病院 高 田 靖 子
1 記憶の低下 ・大切な事を忘れる
・先ほどの体験全体を忘れる
2 認知の障害 ・言葉のやりとりが困難
・時と所の見当がつかない
・手順が分からななくなる
・親しい人が認知できない
3 生活の障害 ・今までの暮らしが困難
・周りの人とトラブル
軽度
物忘れ・言葉のやり取りの障害
手順の障害
中度
場所が分からない・道具が使え
ない
重度
見分けが付かない・失禁
・ 体験のつながりがない→いつも不安
・ 近接記憶の低下→過去体験の現在化
・ 正しい状況がつかめない→まちがい行動
・ ゆっくり、そして目を見て話して下さい
・ 私達の想いを理解して、そして環境を変
えてください
・ 私になっていく、その旅を支えて下さい
老人の今を大切にし、
楽しく過ごせるようにする。
1
2
3
4
5
不安感を和らげる
目を見て話かける
穏やかな気分を
相手のペースに合わせてゆっくり
説得は避ける
~痴呆介護の10か条より~
1 なじみの人間関係(仲間)を作ること
この人間関係は認知症老人の生きがいで
あるので、安心・安定・安住のよりどころ
(生きられる世 界)となる。
2 老人の言動を受容し理解すること
誤認的虚構化は認知症老人の生きる
態度なので、それを受容して、老人の
生き方を失わせないようにする。
3 老人のペースやレベルに合わせ
ること
運動の速さだけでなく、生き方や心の
ペースに合わせて生きられるようにする。
4 理屈による説得より、共感的な
納得をはかること
老人の感じ方・考え方・行動や反応
のあり方を知り、気持ちが通じて心
でわかる納得をはかる。これは老
人の生きる道(方向)を作ることに
なる。
5 その老人にふさわしい状況
を与えること
過去のよく記憶に残る(あるいは想
起可能な)その老人の身に付いた
ものを、現実化する。これは生きや
すい状況や場を作ることになる。
6 絶えず少しずつでも良い刺激を
与えること
生活の中での、特に対人関係を重視
した話かけ・仕事的なもの・レクレー
ションなどの残存能(なじみ・会得・
体得したもの)に、働きかけ(特に職
員の接触)が必要で、生活の質を豊
かにする。
7 孤独に放置しないこと、寝込ませ
ないこと
心身機能の廃用症候群 認知症老人
は動けるうちが華。
8 急激な変化を避けること・変化
せず(パターン化して)教えること
記憶の学習や、日常生活動作能力
の改善や維持をはかり、生活の幅を
広げる。
9 その老人の良い点を認めて、
良い付き合いをすること
老人の隠れた能力(可能性)を発
揮させ、 特に行動を共にして、老
人の自己実現や自己意識化をは
かる。
10 老人の「今」を大切にすること
老人の存在不安や状況不安を解消
し、安心・ 安住を長くはかる(生き
生きと暮らしていく)。
1 生活習慣病を早く見つけて治療
(高血圧・糖尿病・肥満など)
2 食生活の見直し
(塩分を控えた和食・良く噛む)
3 運動→歩くこと
ゆっくり空を眺めながら
ダウンロード

認知症老人の介護、家族に対するケア