「震災からみえる政策課題:
地域活性化に向けたビジョン」
法政大学大学院政策創造研究科
マスタ
サブタイトルの書式設定
岡本義行
はじめに
•
•
•
•
•
震災の現状と復旧
東北の基幹産業は農林水産業
水産業の復興
水産業の課題
農林水産業クラスターの事例:オランダとノル
ウェー
地域・経済基盤復旧
•
•
•
•
•
緊急的雇用維持支援・創出策
農水漁業者を含む事業者への支援(金融支
援を含む)
被災地向け公共事業費の大幅増額
被災企業の法人税優遇、震災損失の繰戻還
付制度、固定資産税減免等
なお、今後必要となる補正予算を見据え、財
源確保も含め適切に対応できる措置を講ず
るべきである。
漁業就業者・漁業船体
•
•
•
沿岸漁業 :471,260人(1975) →214,480人 (
2001)
沖合・遠洋漁業 :117,250 人(1974)→32,930
人 (2001)
漁業船体:317,512 隻(1963)→204,289 隻(
2001)
震災による漁業の被害
•
•
•
•
•
漁船の被害:山田港では90%の船が被害
漁港の被害:岸壁や隣接市場の被害
漁具の被害:養殖
漁業者の被害
重茂(おもえ):800艘→14艘:漁業協同組
合が船や漁具を提供
従来からの漁業の課題
•
•
•
•
•
漁業の趨勢:水揚げの現象、就業者の減少、
後継者不足
漁業への政策:過剰な漁港建設
漁業の課題:乱獲←漁業可能割り当て制度(
TAC)←サステイナブルな漁業へ
低い生産性
遅れた技術
都道府県,漁業部門別漁獲量(平
成19年) (単位 1,000トン)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
北海道
長崎
宮城
静岡
茨城
三重
千葉
青森
海面漁業
1307
300
266
213
197
171
170
158
海面養殖業
156
21
127
3.3
x
33
18
102
日本とノルウェーの水産業経営比
較
•
•
•
•
•
•
•
•
日本
生産数量(千トン)
5,890
生産金額(億円)
17,189
就業人口(万人)
34.3
漁港数
2,931
漁業協同組合数
1,480
生産コスト(万円/トン) 25
一人当たり生産金額 707
ノルウェー
3,409
2,660
1.4
500
6
7.8
1,900
復興の基本的な方針
•
•
•
•
•
•
市場の活用→競争力
グローバルな競争力
イノベーションの必要性
知識や科学の活用
クラスターの形成
政府の役割の転換→ルールづくり、基本的な
インフラ形成、市場の活用:競争政策
オランダの食品産業
•
•
•
•
•
•
GDPの10%
非雇用者70万人(オランダ最大の産業)
花卉、食肉・肉製品、果実・野菜、ビール、チ
ョコレート、デンプン製品、種苗
世界第2位の農産物輸出国(1位アメリカ、3
位フランス)
輸出先の80%はEU、20%はアメリカなど
ロッテルダムやアムステルダムは食品の中継
港
オランダのフードバレー
•
•
•
•
•
•
•
東オランダ地域の産業クラスター:フードバレー
ワーヘニンゲン大学(Wageningen University)研
究センター、Radboud Univ., Univ. of Twente
農業・食品企業:1,440社
企業の研究所:70ヵ所
研究機関:20拠点
研究者:15,000人食品技術の研究開発
世界3位の研究拠点:世界から企業と人材
フードバレー
•
•
•
「知識、企業家精神、イノベーションが成功の
鍵である。それを統合する。そのゴールは・・・
オランダの農業・食品産業における限りない
革新力を迅速に引き出すためである」
「オランダの食品研究は世界のどこにもない」
「イノベーションは今日の変化の激しい食品
市場において本質である」
ノルウェー「持続可能な発展のた
めの」養殖漁業戦略
•
•
•
•
1つ目は、安定雇用:5年で最大1万人を目標
2つ目は、生産物の安全性:ダイオキシン許
容量低減、残留抗生物質管理、等を進める。
3つ目は、健全な環境の維持:排水の影響低
減、生物種の多様性確保、等を図る。
世界の養殖飼料分野のトップメーカー:オラン
ダのNutrecoやフィンランドのEwos→数倍の飼
料効率を実現→頭脳・技術集約型産業
ノルウェーのNCE
NCE(ノルウェー専門家センター)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
12カ所のNCE:
NCE Instrumentation
NCE Maritime
NCE Micro- and Nanotechnology
NCE Raufoss
NCE System Engineering KongsBerg
NCE Subsea
NCE Culinology
NCE Aquaculture
ノルウェーの水産養殖クラスター
•
•
•
1970年代以来発展→ノルウェー最大の輸
出産業:41億ユーロ(2010)
専門家と企業の協業によるクラスター形成→
マーケティング、人材→国際市場での競争力
5つの優先的な活動:イノベーションのための
企業や産業を越えた協力→1.市場と評価、
2.生産、魚の幸福、環境、そして技術、3.職
能とリクルート、4.外部条件、5.ネットワーキ
ングと企業間の情報共有
ノルウェーの水産養殖クラスター
•
•
•
•
•
NCE Aquacultureの目標:
ノルウェーの養殖と関連産業牽引力→50億
クローネ増加と600人の雇用増(2017までに
)
国全体の共通なR&D戦略:より効率的な資源
の利用、より速い問題解決、より市場化まで
の短期間の開発
ネットワークの形成と流通
→水産養殖産業:CREATE
先進国における農林水産産業の
クラスター化
•
•
•
•
•
•
•
デンマーク:日本へ豚肉を輸出:システマティ
ックな農業:混合農業
スウェーデン:農業は儲かる!最高の資源投
入
ドイツ、フィンランド、スウェーデン:木材
オランダ:フードクラスター
ノルウェー:日本へ鯖を輸出
フランス、イタリア、ドイツ:ワイン
フランス:農業クラスター政策
おわりに
•
•
•
•
震災を契機に競争力を回復する農林水産業
への転換
そのためにはクラスター形成によるイノベー
ションの促進
全国に製造業だけではなく、農林水産業クラ
スターの立地
東京周辺などで想定される最大の地震対策
ダウンロード

配布資料(岡本氏ppt)