日商3級(簿記入門~合格)
第1編 記帳の流れと仕訳
制作:西村昭一郎
第1編 記帳の流れと仕訳
第1編 記帳の流れと仕訳
商業簿記=商店の簿記
商店は商品を仕入れ、それを売ることを仕事としている。
商店はいろいろな財産をもっている。
この財産を簿記では資産という。
この資産の変動を帳簿につける。
商店はいろいろな債務をもっている。
この債務を簿記では負債という。
この債務の変動を帳簿につける。
第1編 記帳の流れと仕訳
資産の変動
商品100円を仕入れ、代金は現金で支払った。
何が大切か?
商品という資産が増加し、現金という資産が減少した。
「商品の増加、現金の減少」これだけを記録すればよい!
簡単に記録する方法=単語と金額だけで増加・減少を記録する。
第1編 記帳の流れと仕 訳
商品・現金等の財産を簿記では資産という。
その資産の増減をどのように記録するか?
ルールを決める。
資産の増加は左、資産の減少は右。
このようにルールを決めておけば、商品という資産が増加した、現金と
いう資産が減少したと記録する必要はない。
左側に商品100,右側に現金100と書けば理解できる。
左
側
右
側
商 品
100
現 金
100
左側に商品100と書いてあるから商品が100円増加したことが解る。
右側に現金100と書いてあるから現金が100円減少したこと解る。
しわけ
これが仕訳だ!
第1編 記帳の流れと仕訳
かんじょうかもく
商品とか現金とかの単語を簿記では勘定科目という。商品・現金が勘
定科目である。
例えば、原価100円の商品を原価のまま100円で売ったとする。
仕訳は?
左
側
右
側
現 金
100
商 品
100
左側に現金100と書いてあるから現金が100円増加したことが解る。
右側に商品100と書いてあるから商品が100円減少したこと解る。
しわけ
これが仕訳だ!
第1編 記帳の流れと仕訳
店で使用するため、コンピュータ150円を購入し、代金は現金で支
払った。
左
備 品
側
150
右
現 金
側
150
販売するために仕入れたものではない。だから、商品ではない。店で
使用するために購入した物である。2種類ある。
備 品=2年以上使用可能で20万円以上の物(コンピュータ・ショーウ
インドー等)
消耗品=上記以外で使用する物(事務用品
等)
コンピュータという備品(資産)が増加し、
現金という資産が減少した。
資産は増加したら左、減少したら右
第1編 記帳の流れと仕訳
事務用品30円を購入し、代金は現金で支払った。
左
側
右
側
消耗品
30 現 金
30
事務用品(消耗品という勘定科目で処理する)
消耗品も資産である。
資産の増加は左、資産の減少は右
消耗品という資産が増加し、
現金という資産が減少した。
第1編 記帳の流れと仕訳
建物200円を購入し、代金は現金で支払った。
左
側
建 物
200
右
現 金
建物も資産である。
資産の増加は左、資産の減少は右
建物という資産が増加し、
現金という資産が減少した。
側
200
第1編 記帳の流れと仕訳
土地300円を購入し、代金は現金で支払った。
左
土 地
側
300
右
現 金
側
300
土地も資産である。
資産の増加は左、資産の減少は右
土地という資産が増加し、
現金という資産が減少した。
ここで問題1
第1編 記帳の流れと仕訳
負債の変動
現金400円を銀行から借り入れた。
左
現 金
側 右
400 借入金
側
400
現金を借り入れたら現金が増加する。
借り入れた現金は将来返済しなければならない。
かりいれきん
借り入れた現金を将来返済する義務を借入金とする。
借りた現金を返済する義務を表している。この義務のことを簿記では
「負債」という。
しかし、「借入金」と書かずに「負債」と書いてはいけない。
負債は借入金だけではない。負債だけではどのような負債か解らない。
したがって、借入金と書く。
第1編 記帳の流れと仕訳
借入金400円につき、本日、返済日なので現金にて返済した。
左
側
右
借 入 金 400 現
現 金=減少したから右(資産の減少)
借入金=減少したから左(負債の減少)
確認:
資産は増加したら左、減少したら右
負債は増加したら右、減少したら左
続きは有料
側
金 400
ダウンロード

簿記入門~日商3級合格第1編(見本) へのリンク