HiT & BLoW
Team YAMADA
岩井 佑介
野田 理奈
野村 聡
古田 舞
基本的な考え方
1H2B
1H2B
予想
正解
A群
正解の可能性がある
0H1B
予想
0H1B
B群
正解はA群かつB群の中にある
最初の情報で絞り込める数
0H1B
1440通り
2H1B
72通り
0H2B
1260通り
3H0B
24通り
1H1B
720通り
0H4B
9通り
1H0B
480通り
1H3B
8通り
0H0B
360通り
2H2B
6通り
0H3B
264通り
4H0B
1通り
2H0B
180通り
最初の情報が3H0Bのとき
通常通りの絞り込み
通常とは異なる絞り込み
・次の予想で正解する
・次の予想で正解する
可能性…あり
・絞り込み数…最悪15
可能性…なし
・絞り込み数…最悪8
あえて正解の可能性がない予想をすると
より少ない数に絞り込めることがある
絞り込み数の変化
H
B
すっぴん
効率
Mini-Max
H
B
3
2
1
0
0
1
2
3
15
30
80
80
0.533
0.567
0.750
0.875
8
17
60
70
2
1
2
0
0
1
0
2
2
1
0
0
1
2
48
180
320
0.711
0.822
0.969
37
148
310
1
2
0
1
0
3
1
0
126
0.952
120
2
0
思考回数の分布グラフ
4890
5000
4000
回数
3000
2357
2141
2000
1000
352
0
28
1
2
227
5
0
8
9
0
3
4
5
6
7
正解までに要した思考回数
理想の選択
5040
MAX H t (i) =
i =1
5040
{ ( A∩A
14
MAX Σ
i =1
j =1
)}
1
1
_ _______
________
log t-1
t-1
t
ji
A∩A
t
ji
ダウンロード

山田研究室