開発途上国船員養成事業(教育者受入) ODA事業
1.事業概要
本事業では、各国船員教育機関の教官のスキルアップを図るため、フィリピン、インドネシア、ベト
ナム及びミャンマーから船員教育者を日本に招き、 (独)航海訓練所及び(独)海技教育機構海技大学
校において、OJTを機軸とした教官に対する研修を行い、日本の船員養成スキルを各国の船員教育に反映
させる。
2.研修対象者
日本商船隊と関係の深い各国船員教育機関の船員教育者
(平成24年度 20名受入、対象国:フィリピン、インドネシア、ベトナム、ミャンマー)
3.研修内容(研修期間:10週間)
① (独)航海訓練所練習船「大成丸」、「銀河丸」、「青雲丸」における5週間の乗船研修
② (独)海技教育機構海技大学校における5週間の専門(座学)研修(OJT研修を含む)
乗船研修
乗 船
航海訓練所 5週間
専門研修
海技大学校 5週間
座 学
各種シミュレータによる訓練手法の再確認
船舶運航に係る専門知識の再確認
実習生に対するシステム化された訓練手法体得
OJT研修
訓練手法に関する意見交換
海事分野の情勢に関する知識の会得
ダウンロード

開発途上国船員養成事業