み
な
ま
た
び
ょ
う
は
っ
せ
い
し
ら
ぬ
い
か
い
1
1 水俣病が発生した不知火海
水俣病が発生した不知火海
みなまたびょう
し
ら
ぬ
い
か
い
か
【水俣病が発生した不知火海は、どう変わってきたの?】
し ら ぬ い か い
ゆ た
と く
わ ん
水俣病が発生した不知火海は、昔は豊かな海でした。特に水俣湾は
さ ん ら ん
と
魚の産卵場所であったことから、獲っても魚がたくさんわいてくる海、
う み べ
りょう
「魚わく海」といわれていました。海辺では、人々は 漁 をしながらお
だやかな生活をおくっていました。
わ ん
ふ く
ゆ う が い
は い す い
しかし、チッソ工場が水俣湾に流した水銀を含む有害な工場廃水によ
お せ ん
って、海にすむ魚たちは水銀に汚染されました。それを知らずに魚を食
しゅうへん
べていた人たちは、しだいに体調が悪くなり、水俣の海岸周辺を中心と
ち い き
か ん じ ゃ
した地域に水俣病患者が多く発生し、それまで平和だった生活はいっぺ
んにうばわれてしまいました。
お せ ん
し ょ ぶ ん
わ ん
か い て い
今は、水銀に汚染された魚は処分され、水俣湾の海底にたまった水銀
ふ く
の ぞ
う
わ ん
を含んだヘドロを取り除いて埋め立てる工事も終り、水俣湾はきれいな
りょう
さ い か い
つ
海になりました。 漁 も再開されて、安心して魚を釣って食べたり、泳
と う め い
よ ご
いだりできるようになり、水の透明度や汚れの度合いでくらべても、
く ま も と け ん
熊本県のなかできれいな海のひとつに数えられています。
わ ん
今の水俣湾には、
19種類のサンゴがいる
ことが分かっているんだ。
し ゅ る い
に ん てい か ん じ ゃ
ぶ
ん
ぷ
ず
【水俣病認定患者の発生分布図】
2
2 水俣とチッソとのかかわり
水俣とチッソとのかかわり
【水俣病を起こしたチッソ工場ができて、
か
水俣のまちはどう変わったの?】
ひ り ょ う
1908年(明治41)、チッソ工場が水俣にできました。 チッソは化学肥料
せ い さ ん
し ゅ よ う
せ ん ご
け い ざ い
の生産を始め、やがて日本の主要な化学工場となり、戦後の日本の経済
せいちょう
さ さ
き ぎ ょ う
成長を支える企業の一つとなりました。
は っ て ん
は っ て ん
工場の発展は水俣のまちの発展でもありました。村だった水俣は人口
ふ
も増えて工業都市となっていきました。
はたら
し み ん
け い ざ い て き
し ゃ か い て き
えいきょう
工場で働 く市民もたくさんいて、経済的にも社会的にもチッソの影響
を強く受けていました。
今でも、水俣市のなかではチッソ工場は
大きな会社なんだよ。
げんいん きぎょう
チッソは水俣病を起こした原因企業とし
せきにん
かんじゃ
て責任をはたさないといけないんだ。患者さ
ほしょう
し は ら
つづ
んへの補償金の支払いを続けるためにも、
かんきょう
きぎょう
環境にやさしい企業として、これからもがん
ばっていくことがのぞまれているんだ。
う
み
い
も
の
あ
ら
い
へ
ん
3
3 海や生き物たちに現われた異変
海や生き物たちに現われた異変
【チッソが水銀をたれ流して、海に住む生き物とかはどうなったの?】
げんりょう
チッソ工場では、1932年(昭和7)からビニールなどの原料になるア
せ い さ ん
セトアルデヒドの生産を始めました。そのアセトアルデヒドを作るとき
ど く せ い
は い す い
ま
に、強い毒性をもつメチル水銀が発生し、工場廃水に混じって海に流れ、
お せ ん
魚や貝を汚染していきました。
せ い さ ん りょう
ふ
お せ ん
チッソ工場での生産 量 が増えるにつれ、海の汚染がすすみ、1950年
う
代前半(昭和20年代後半)から、魚が海面に浮いたり、貝が死んだり、
は い す い
海草が育たなくなったりするようになりました。とくに、工場廃水が流
わ ん
お せ ん
ふ く
そ こ
された水俣湾は汚染がひどく、たくさんの水銀を含んだヘドロが海の底
にたまるようになりました。
し ら ぬ い か い
く る
じ
また、不知火海の海岸近くでは、魚を食べたネコが狂い死にしたり、
と
い へ ん
鳥が飛べなくなって空から落ちてくるなどの異変がみられるようになり
ま
ました。えさに魚を混ぜてあたえていた家では、ニワトリやブタなどの
か ち く
く る
家畜が狂ったようになって死んでしまうこともありました。
人間が病気になる前に、小さな生き物た
い へ ん
ちにまず異変が起きていたんだね。
み
な
ま
た
び
ょ
う
は
っ
け
ん
さ
べ
つ
4
4 水俣病の発見と差別
水俣病の発見と差別
か ん じ ゃ
【水俣病になった患者さんたちくらしはどうだったの?】
げ ん い ん ふ め い
は じ
1956年(昭和31)、人間にも原因不明の病気が発生していることが初
めて確認されました。原因が分からないため、病院ではどんな治療をす
ればいいかも分からず、患者さんは満足な治療を受けることもできずに
苦しみながら死んでいきました。
水俣病が発生した当初は、原因が分からずうつる病気とま
ちがわれ、患者さんの家を消毒したり、病院でも患者さんを
隔 離 し た り し た の で 、病気がうつると思われたり、奇病と言われた
りして、まわりの人からいじめを受けたり差別をされるなど、大変つら
い思いをしました。
病気の原因として魚が 疑 われるようになってから魚をとっても売れ
なくなってしまったり、 働 き手が病気で倒れたりして日々の収 入がな
くなり、そのうえ病院にお金がかかったりして、患者さんやその家族の
生活はとても苦しくなりました。
水俣病がうつる病気ではないと分かってからも、チッソの影響を強く
受けていた水俣では、患者さんをうとましく思う雰囲気があり、患者さ
んをとりまく環境はつらいものでした。同じ市民でありながら、患者さ
んとそのほかの市民との対話はとだえ、地域社会のつながりまで壊れて
しまいました。
また、患者さんだけでなく水俣市民がよその人から差別されることが
ありました。それは、水俣病が空気や食べ物でうつったり、遺伝したり
すると思われたり、水俣地方特有の病気(風土病)とまちがわれたりし
たためです。水俣出身だということで就 職や
結婚をことわられたり、水俣を通るときは汽
車やバスの窓を閉めたりするなどの差別を受
けることもありました。そのため、市民が水
俣出身と胸をはって言えないことも多かった
のです。
か く に ん
げ ん い ん
ち り ょ う
か ん じ ゃ
ま ん ぞ く
と う し ょ
か ん じ ゃ
か
く
ち り ょ う
げ ん い ん
しょうどく
か ん じ ゃ
り
き び ょ う
さ べ つ
げ ん い ん
た い へ ん
うたが
はたら
た お
しゅうにゅう
か ん じ ゃ
えいきょう
か ん じ ゃ
ふ
かんきょう
ん
い
き
か ん じ ゃ
し み ん
し み ん
か ん じ ゃ
ち い き
か ん じ ゃ
し み ん
こ わ
さ べ つ
い で ん
と く ゆ う
しゅうしょく
け っ こ ん
ま ど
し
さ べ つ
び
ょ
う
き
げ
ん
い
ん
し
ら
5
5 病気の原因を調べるための
病気の原因を調べるための
ネコ実験
ネコ実験
じ
っ
みなまたびょう
け
ん
げ ん い ん
ほ う ほ う
【水俣病の原因は、どんな方法で調べられたの?】
げ ん い ん
か ん じ ゃ
きちんと歩いたり話したりできないなどの原因が分からない患者がた
く ま も と け ん
い ら い
くさん発生していることが分かってきたため、水俣市や熊本県から依頼
く ま も と
げ ん い ん
か ん じ ゃ
をうけた熊本大学の医学部では原因を調べることになりました。患者を
し ん さ つ
でんせんびょう
診察したり、飲み水や土などを調べたりしましたが、この病気は伝染病
ちゅうどく しょう
わ ん
ではなく、何かの中毒 症 であり水俣湾でとれた魚や貝などを食べて起
こることが分かりました。
わ ん
しゅうへん
く る
じ
水俣湾やその周辺ではたくさんのネコが病気になって狂い死にしたり
く ま も と
ほ け ん じ ょ
わ ん
していたので、1956年(昭和31)から熊本大学や水俣保健所で、水俣湾
の魚や貝をネコに食べさせ、同じような病気になるかどうかを調べる
じ っ け ん
じ っ け ん
け っ か
ぎ ょ そ ん
実験を始めました。その実験の結果、1957年(昭和32)に、水俣の漁村
しょうじょう
で水俣病にかかったネコと同じ症 状になることが分かりました。この
じ っ け ん
げ ん い ん
さ が
や く わ り
ネコ実験は病気の原因を探すのに大きな役割をはたし、同年、熊本県は
わ ん
水俣湾の魚をとったり食べたりしないようよびかけをしました。
いっぽうで、1959年(昭和34)には、チッソ工場のふぞく病院では、
は い え き
じ っ け ん
工場の廃液をネコにあたえると水俣病になることが実験で分かっていま
か く
ゆ う が い
は い す い
したが、チッソはそのことを隠して1968年(昭和43)まで有害な工場廃水
つ づ
を流し続けていました。
こ
う
じ
ょ
う
は
い
す
い
お
せ
ん
6
6 工場廃水による魚の汚染
工場廃水による魚の汚染
み な ま た
お
せ
ん
【水俣の魚は、どのようにして汚染されていったの?】
は い す い
ま
工場廃水に混じって海に流されたメチル水銀は、プランクトンや魚
げんしょう
の体内に、エラや体の表面から取りこまれました。(※このような現象
せ い ぶ つ のうしゅく
を生物濃縮といいます。)
また、メチル水銀の入ったプランクトンを小さな魚が食べ、その魚を
もっと大きな魚が食べ、それをもっと大きな魚が食べ、大きな魚になる
ほどたくさんのメチル水銀が体内にたまっていきました。(※このよう
か ん け い
れ ん さ
な食べる・食べられるの関係を食物連鎖といいます。
)
わ ん
しゅうへん
の う ど
お せ ん
水俣湾やその周辺では、見た目には分からなくても高い濃度で汚染さ
お せ ん
れた魚がいました。汚染されているとは知らず毎日たくさんの魚を食べ
つ づ
続けて、ついには人間が水俣病になりました。
お
せ
ん
す
い
ぎ
ん
ち
ゅ
う
ど
く
7
7 汚染された魚をとおしての水銀中毒
汚染された魚をとおしての水銀中毒
(水俣病の発生)
(水俣病の発生)
み
な
ま
た
び
ょ
う
みなまたびょう
【どうしたら水俣病になるの?】
ほ う ふ
当時は今みたいに食べ物が豊富ではなく、とくに、平地が少
ない海岸周辺では稲作があまりできませんでした。そのため米
よりも海でとってきた魚のほうが身近な食 料で、海のそばの
集落では、栄養の豊富な魚は生活にかかせないものでした。
とくに漁村では、汚染されているとは知らずに、海でとって
きたしんせんな魚や貝などを毎日たくさん食べていたので、メ
チル水銀が体の中にだんだんたまっていき、水俣病患者が多く
発生しました。水 俣 病 は メ チ ル 水 銀 に よ る 中 毒 症 な の
で、他の人にうつったり遺伝したりすることはあり
ません。
水俣病には、汚染された魚を食べて病気になった小児・成人水俣
病と、お母さんのおなかの中で赤ちゃんが病気になって生まれてき
た胎児性水俣病があります。
しゅうへん
い な さ く
しょくりょう
え い よ う
ほ う ふ
ぎ ょ そ ん
お せ ん
か ん じ ゃ
ちゅうどくしょう
お
た
い
じ
せ
ん
し ょ う に
せ い じ ん
せ い
と
う
じ
み な ま た わ ん
ぎ ょ か い る い
れい
当時の水俣湾にいた魚介類の例
タチウオ
ワタリガニ
カサゴ
メジナ
カタクチイワシ
クサフグ
コチ
メバル
ボラ
カレイ
クルマエビ
コノシロ
エイ
アジ
クロダイ
ウミタナゴ
マダコ
ヒラメ
アナゴ
ウマズラカワハギ
シャコ
シロギスとネズミゴチ
カワハギ
ハモ
コウイカ
し
ょ
う
に
・
せ
い
じ
ん
み
な
ま
た
び
ょ
う
8
8 小児・成人水俣病とは
小児・成人水俣病とは
みなまたびょう
しょうじょう
【水俣病になったら、どんな症 状になるの?】
お
せ
ん
つ づ
汚染された魚を長い間たくさん食べ続けると、体の中にメ
ちゅうどく
チ ル 水 銀 が だ ん だ ん た ま っ て い き ま す 。 そ し て 、 メチル水銀中毒
し ょ う に
せ い じ ん
になったのが小児・成人水俣病です。
魚に入っていたメチル水銀は、体内のいろいろなところに運ばれ、
の う
の う
し ん け い さ い ぼ う
しょうがい
とくに脳などに運ばれたメチル水銀は、脳や神経細胞に障害をあたえ、
しょうじょう
は じ
下の表のようないろいろな症 状をひきおこします。水俣病が発生した初
しょうじょう
く る
じょうたい
めのころには、症 状が重く、狂ったような状態になって発病してから
か ん じ ゃ
わずか数十日で死んでしまう患者さんもいました。
また、体の中のメチル水銀は、おしっこやかみの毛、つめなどにま
じって体の外に少しずつ出ていきますが、体の中のメチル水銀がなくな
は か い
の う
さ い ぼ う
むずか
っても、一度破壊されてしまった脳の細胞を元通りにすることは 難 し
な お
ち り ょ う ほ う
か ん じ ゃ
い た
いため、水俣病を治す治療法はないといわれています。患者さんたちは痛
みをやわらげるためのはり・きゅうや薬などにたよるしかありません。
しょうじょう
主な症状
・手足がしびれる
・相手の言うことが聞き取りにくい
・痛みを感じにくい
・目に見えるはんいがせまくなる
・熱い物や冷たい物にさわっても ・頭痛
感じにくい
・においや味が分かりにくい
・動きがぎこちなくなる
・つかれやすい
・言葉がはっきりしない
みなまたびょう
しょうじょう
※水 俣 病の症 状やその
て い ど
こ じ ん さ
程度には個人差がある。
た
い
じ
せ
い
み
な
ま
た
び
ょ
う
9
9 胎児性水俣病とは
胎児性水俣病とは
みなまたびょう
しょうじょう
【水俣病のまま生まれてきた赤ちゃんは、どんな症 状が出てくるの?】
お母さんのおなかのなかにいる赤ちゃんが水俣病になって生まれて
た い じ せ い
お せ ん
ちょくせつ
きた場合を、胎児性水俣病といいます。汚染された魚を直接食べていな
にんしんちゅう
お せ ん
くても、妊娠中にお母さんが汚染された魚をたくさん食べると、メチル
す い ぎ ん
お
つ う
た い な い
水銀がへその緒を通じて赤ちゃんの体内に入り、赤ちゃんが水俣病にな
い で ん
って生まれてくることがありました。ですから、親からの遺伝によって
こ ど も
子供が水俣病になるわけではありません。
た
い
じ せ い
か ん じ ゃ
胎 児性水俣病の患者さんはお 母 さ ん の お な か の 中 に い る と き に
しょうがい
の う
は つ い く
メ チ ル 水 銀 に よ っ て 障 害 を う け た た め 、 脳がうまく発育しなかっ
の う
し ん け い さ い ぼ う
は か い
しょうじょう
お も
お お
おさな
たり、脳の神経細胞が破壊されたりして、症 状の重い人の多くは、 幼
な
いうちに亡くなったりしました。
しょうじょう
主な症状
みんなといっしょに遊んだり、
学校に行ったりすることもでき
ないまま、死んでしまった子ど
もたちもいたんだね。
・首がすわらない
・ふらついてうまく歩けない
・けいれん
・よだれを流す
10
10 患者補償をめぐってのチッソとの交渉
患者補償をめぐってのチッソとの交渉
【チッソにきちんとしたつぐないをさせるまで、
か ん じ ゃ
こうしょう
患者さんたちはどんな交渉をしてきたの?】
国は、水俣病が発見されてから12年たった1968年(昭和43)、「水俣
は い す い
ふ く
げ ん い ん
病はチッソ工場の廃水に含まれるメチル水銀が原因で起きた」とようや
み と
く認め、これを発表しました。
か ん じ ゃ
ほ し ょ う
も と
これを受けて、患者さんやその家族はチッソに補償を求めましたが、
こうしょう
か ん じ ゃ
交渉はなかなか進みませんでした。そこで、1969年(昭和44)、患者や
さ い ば ん し ょ
か ん じ ゃ が わ
その家族はチッソを裁判所にうったえ、1973年(昭和48)に患者側のう
み と
は ん け つ
そ し ょ う
ったえを認める判決がだされました(水俣病第一次訴訟)。
ほ う り つ
よ ご
ひ よ う
は ら
日本の法律では、汚した人がその費用を払うことになっているので、
み と
ほ し ょ う
その後、水俣病と認められた人に対して、チッソがきちんと補償をする
ことになりました。
し ん せ い
み と
に ん て い
ほ し ょ う
しかし、申請をしても水俣病と認められない人たちが、認定や補償
も と
ちょくせつこうしょう
せ き に ん
ついきゅう
を求めて、国や県やチッソと直接交渉をしたり、国や県の責任を追及す
さ い ば ん
あらそ
つ づ
る裁判が起こるなど、その後も長い間 争いが続きました。
ひ
が
い
し
ゃ
ほ
し
ょ
う
11
11 被害者への補償
被害者への補償
みなまたびょう
に ん て い
【水俣病はどのようにして認定され、
認定されたらどんな補償が受けられるの?
また、認定されなくても受けられる補償があるの?】
に ん て い
ほ し ょ う
に ん て い
ほ し ょ う
く ま も と け ん
か ご し ま け ん
自分が水俣病かもしれないと思う人が、熊本県か鹿児島県に水俣病
と認めてほしいという申請をすると、水俣病と認めるか、認めないかの
判断がなされます。水俣病と認定された人には、原因企業であるチッソ
から慰謝料や医療費、そのほかいろいろな手当などが支払われ、医療と
生活の補償が行なわれています。
また、水俣病とは認定されないものの、水俣病が発生した当時、水
俣病が発生した地域に住み、水俣湾やその周辺でとれた魚をたくさん食
べていた、両手両足の感覚が鈍いなどの症 状がある、という人たちに
対しては、行政から医療費などが補助されています。これは、熊本県や
鹿児島県が、住民の健康上の問題や不安に対応するために行なっている
ものです。(水俣病総合対策医療事業)
み と
し ん せ い
は ん だ ん
み と
に ん て い
い し ゃ り ょ う
い り ょ う
み と
げ ん い ん き ぎ ょ う
ひ
し は ら
い り ょ う
ほ し ょ う
に ん て い
ち い き
わ ん
か ん か く
ぎょうせい
か ご し ま け ん
い り ょ う
じゅうみん
しゅうへん
に ぶ
ひ
しょうじょう
ほ じ ょ
けんこうじょう
ふ あ ん
く ま も と け ん
た い お う
みなまたびょう そ う ご う た い さ く い り ょ う
みなまたびょう
に ん て い し ん せ い
し ょ ぶ ん
に ん て い
き き ゃ く
水俣病の認定申請から処分(認定・棄却)まで
手続きをしよう
申 請
医学的検診
神経内科・耳鼻科・眼科・
精神科等・疫学調査等他
水俣病の疑いを持つ人
認定審査会
県知事による
認定か棄却かの判 断
医学の専門家による審査
専門家の意見をもとに
判断します
診察中
(検診内容等を審査)
希望者は再度申請可能
慰謝料
介護費
医療費
その他
棄 却
認 定
補 償
認 定 患 者
せ
い
ふ
か
い
け
つ
さ
く
ひ
が
い
し
ゃ
き
ゅ う さ い
12
12 政府解決策と被害者救済
政府解決策と被害者救済
【認定されなかった人たちが救済を願ってやってきた
に ん て い
きゅうさい
ね が
こうしょう
長い交渉は、その後どうなったの?】
きゅうさい
ひ が い し ゃ
水俣病の発生から長い年月がすぎ、救済をうったえる被害者の人た
ちも高齢化し、死んでいく人が多くなっていきました。そこで、裁判所
は、このままでは解決するまで時間がかかるので、裁判をやめてお互い
に話し合うようにすすめました。
生きているうちに救済してほしいという被害者の声も高まり、1995
年(平成7)に関係者の間で話し合いをすすめ、政府の解決策がまとま
りました。
この解決策への合意にもとづき、水俣病とは認められないものの、
水俣病が発生した当時に水俣病が発生した地域に住んでいて、水俣湾や
その周辺でとれた魚をたくさん食べ、両手両足の感覚がにぶくなるとい
う症 状がある人に、チッソからの一時金260万円が支払われ、行政から
医療費などが補助されています。
こ う れ い
さ い ば ん し ょ
か い け つ
さ い ば ん
きゅうさい
へ い せ い
た が
ひ が い し ゃ
か ん け い し ゃ
せ い ふ
か い け つ さ く
か い け つ さ く
み と
ち い き
わ ん
しゅうへん
か ん か く
しょうじょう
い り ょ う
し は ら
ひ
ぎょうせい
ほ じ ょ
きゅうさい たいしょう
へいせい
げんざい
さいしゅう か く て い
【 救 済対 象者数11,540人…1997年(平成9)8月1日現在の最 終確定人数】
※救済対象者数は、生存者と死亡者を合わせた人数
きゅうさい たいしょう
せ い ぞ ん
し ぼ う
せきにん
『国や県の責任をはっきりさせ、心からあやまってほしい』『水
みと
きゅうさい
ねが
ひ が い し ゃ
俣病ときちんと認めて救済してほしい』と長年願ってきた 被害者
せ い ふ かいけつ さく
ねが
きゅうさい
の人たちにとって、この政府解決策は本当に願っていた救済のか
せ い ふ かいけつ さく
たちではありませんでしたが、政府解決策が出された当時は、こ
あらそ
つづ
きゅうさい
のまま 争 いを続けていてはいつ救済を受けられるか見通しもたた
じょうきょう
ない状 況でした。
けつだん
かんじゃ だんたい
さいばん
そこで、とても苦しい決断でしたが、ほとんどの患者団体は裁判や
こうしょう
せ い ふ
かいけつさく
交渉をやめ、政府の解決策に同意することにしました。
ひ が い し ゃ
せ
い
ふ
か い け つ さ く
さ い ば ん
多くの被害者はこの政府解決策に同意して、ほとんどの裁判
が取り下げられました。しかし、いっぽうで水俣から関西に
うつり住んだ被害者たちは、国や県が工場廃水を止めなかっ
たために被害が拡大したとして、国や県の責任を追及して裁判
を続けていました。
そ し て 、2004年( 平 成 16 )10月 15日 、国 や 県 は 工 場 廃 水 の 規 制
をするべきだったのにそれをしなかったとして、初めて最高
裁判所の判決で国や県の責任が認められました。この判決で、
国や県に責任があることがはっきりしたので、国や県はでき
るだけ早く救済について考え、対応してほしいと被害者たち
は願っています。
か ん さ い
ひ が い し ゃ
ひ
が
い
は い す い
か く だ い
せ き に ん
ついきゅう
さ い ば ん
つ づ
へ い せ い
は い す い
は じ
さ い ば ん し ょ
は ん け つ
せ き に ん
み と
ね が
た い お う
せ
い
さ い こ う
は ん け つ
せ き に ん
きゅうさい
き
ひ が い し ゃ
お
せ
ん
し
ょ
ぶ
ん
13
13 水銀に汚染された魚の処分と
水銀に汚染された魚の処分と
水俣湾埋立工事
水俣湾埋立工事
わ
お
せ
ん
う
め
た
て
ん
【水銀に汚染された水俣の魚や海は、どうなったの?】
チッソ工場は1932年(昭和7)から1968年(昭和43)までの36年もの
間、水銀を含んだ廃水を流していました。その間、工場廃水に混じって
水俣湾に流れてたまった水銀の 量 は70~150トン、またはそれ以上とも
いわれ、水俣湾には水銀を含んだ大量のヘドロが海底にたまり、水銀に
汚染された魚がいました。
そこで、熊本県は1974年(昭和49)に、水俣湾内から汚染された魚
が出て行かないように仕切網を設置して、汚染された魚を取り除く作業
を始めました。その後、1997年(平成9)に仕切網を取りはらうまでの
23年間に、487トンもの魚をとって、処分しました。
また、水俣湾の海底にたまった水銀を含んだヘドロを取り除いて親水
護岸の内側に封じこめて埋め立てる工事を行い、14年の期間と485億円
をかけて、1990年(平成2)に工事は終 了し、58.2ヘクタール(東京ドーム約
13.5個分)の広い埋立地ができました。今は、”エコパーク水俣”とし
て環境と健康をテーマにした緑 豊かな公園に整備されています。
ふ く
は い す い
は い す い
わ ん
ま
りょう
わ ん
ふ く
い じ ょ う
たいりょう
か い て い
お せ ん
く ま も と け ん
わ ん な い
あ み
せ っ ち
お せ ん
お せ ん
へ い せ い
の ぞ
あ み
し ょ ぶ ん
わ ん
ご が ん
う ち が わ
か い て い
ふ う
ふ く
かんきょう
しゅうりょう
や く
う め た て ち
け ん こ う
し ん す い
う
へ い せ い
こ
の ぞ
みどり ゆ た
せ い び
う
め
た
て
こ
う
じ
ご
わ
ん
14
14 埋立工事後の水俣湾
埋立工事後の水俣湾
【今の水俣の海は、どうなってるの?】
しゅうりょう
わ ん
ふ く
工事の終 了後、水俣湾の魚に含まれる水銀はだんだん少なくなりま
へ い せ い
く ま も と け ん
わ ん
ぎ ょ か い る い
せ ん げ ん
した。1997年(平成9)、熊本県は「水俣湾の魚介類は安全である」と宣言
わ ん
せ っ ち
し き り あ み
し、水俣湾の入り口に設置していた仕切網をすべて取りはらいました。
ぎょぎょう
さ い か い
わ ん
つ
そして、漁業も再開され、水俣湾の魚を釣って食べたり、泳いだりす
せ い そ く
か く に ん
ることもできるようになり、サンゴの生息が確認されるほどきれいな海
になりました。
わ ん
ふ く
ち ょ う さ
今も、水俣湾の魚や海水に含まれる水銀について調査を続けています
か く に ん
が、安全であることが確認されています。
ダウンロード

1 水俣病が発生した不知火海 1 水俣病が発生した不知火海