情報理工学部 情報システム工学科 3年 H106014 井奈波 和也

PHP: Hypertext Preprocessorとは、動的にHTMLデータを生成するこ
とによって、動的なウェブページを実現することを主な目的とした
プログラミング言語、およびその言語処理系である。

PHPは、HTML埋め込み型のサーバサイド・スクリプト言語として
分類される。

ウェブサーバ上で動作し、ウェブサーバ上の文書が要求されるたび
に、この文書に記述されたPHPのプログラムを実行し、その結果を
ウェブブラウザに対して送信する。

ウェブブラウザに送信されるデータは通常のHTMLであり、PHPの
プログラムを含まない。この点でHTML埋め込み型のクライアント
サイド・スクリプト言語(JavaScriptなど)と本質的に異なってい
る。

Apache HTTP Serverは、世界中でもっとも使われてい
るWebサーバソフトウェアであり、大規模な商用サイ
トから自宅サーバまで幅広く利用されている。単に
Apacheとも称されている。

開発は、Apacheソフトウェア財団のApache HTTPサー
バプロジェクトで行われている。Apacheライセンス
の下でソースコードが公開および配布されており、代
表的なオープンソース・ソフトウェアの一つである。

Apacheは数多くのOSをサポートするために、MPM
(マルチ プロセッシング モジュール)という仕組み
をとっている。これにより、利用するOSに最適化さ
れたApacheを容易に組み込むことができる。

Apacheは、主にwww上で静的または動的なコンテン
ツを公開するために使われる。多くのウェブアプリケー
ションは、Apacheが提供する環境と機能を想定して設
計されている。また、ApacheはLAMP (Linux、Apache、
MySQL、PHP/Perl/Python) や LAPP (Linux、Apache、
PostgreSQL、PHP/Perl/Python) と呼ばれる非常に人気の
あるウェブサーバコンポーネントの一つでもある。さら
に、Apacheはいろいろな商用パッケージ、例えばOracle
DatabaseやIBM WebSphere Application Serverに組み込ま
れており、Mac OS XやNetWare 6.5の標準Webサーバにも
なっている。
<html>
<head>
<title>PHP基礎</title>
</head>
<body>
<?php
echo date("Y/m/d");
?>
</body>
</html>
 ってな感じでhtmlに組み込まれる感じで書きます
 <?php ・・・・・・・・ ?>で囲まれたところがPHPの処理を書く所
です
定数宣言
 define("定数名", "値");
 変数宣言
 $変数名 = 変数に代入する値
 変数の型宣言は不要 例えば
 $x= true; //boolean
 $x = 123; //integer
 $x = 123.45; //float
 $x = “aiueo” ;//string
 表示
 echo “”; or print();

基本的な演算子
+ 加算
ー 減算
* 乗算
/ 除算
% 剰余

•
•
•
•
•

•
•
•
•

•
•
•
•
•
•
論理演算子
&& , and 論理積
|| , or 論理和
xor 排他的論理和
! 否定
比較演算子
== 等
<
大きい
>
小さい
<= 以上
>= 以下
<>,!= 不等

•
•
•
•
•

•
•
•
•
•
代入演算子
= 代入
+= 加算代入
.= 連結代入
++ インクリメント
‐‐ デクリメント
その他 いつもと同じように使える
if
while
for
switch
etc・・・





関数の作り方
function 関数名 (引数){ ・・・・・・・・・ }
例えば
function add($a,$b)
{

return $a + $b;

}

function disp($str)
{



}
echo $str;











まずは接続
$con = mysql_connect(ホスト名,ユーザー名,パスワード);
if(!$con)
{
die(“DB connect Error"); // exit(“DB connect Error”);
}
使用するデータベースを選択
if(!(mysql_select_db(データベース名)))
{
die("db select error");
}















select文を記述
$sql = "select * from dt_php";
記述したselect文をクエリとして実行させる
$result = mysql_query($sql);
if(!$result)
{
die("query error");
}
全行ループで値を表示
while($row = mysql_fetch_array($result))
{
echo "現在のアクセスカウントは" . $row['ACESS_COUNT'] . "人です" ;
}
接続したら解放する
mysql_close($con);




アクセスカウンタ
新しくテーブル作成
カラムはacess_count
型はint



テーブル表示
Htmlでテーブル(<table>で)を作成
テーブルの値は、phpでmysqlにアクセス
して取得する

自由課題
ダウンロード

MySQL_+_PHP