東北の起業家の地域に対する意識
~起業家にとっての地方の魅力・メリット~
2006年6月15日、16日
株式会社デュナミス NEDOフェロー
石井力重
問題意識
• 日々さまざまな起業家支援者や起業検討者に接す
る中で、「本格的にベンチャーをするなら、チャンス
の多い東京圏へ行かないと。」といった声が時折聞
かれる。
• しかし、実際には地方にも優秀なベンチャー企業は
存在する。一見不利に思える「地方」の、何が起業
家を引き付けているのだろうか。
• 東北地域の起業家へのインタビュー調査データから、
その意識に見られる「地方の魅力・メリット」を抽出・
整理し、地方の独自性を生かした支援スキーム開
発のための材料を得ることを試みる。
研究の方法
• 発表者が2005年度、東北大学の博士在籍時
に行った東北地域の起業家に対する創業の
要因についてのインタビュー調査記録から、
『何が起業家を引きつけるのか』という情報を
抽出し、KJ法にて分類した。
インタビューの内容
• 「創業に影響を与えたものは?」
産学官の具体的な10の要因(以下)を挙げて
たずね、カテゴリー毎に自由回答も得た。
–
–
–
–
産:一次、二次、三次産業、
学:大学、高専、
官:経産、文科省系プロジェクト、
支:共研セ、TLO、インキュベータ、公設試、
+自由回答
+自由回答
+自由回答
+自由回答
今回の研究の
分析対象
インタビューの対象
• 対象地域:東北+新潟
• 選定指針:ベンチャー企業(※)+大学発ベンチャー
– ※東北圏の経済団体の支援するベンチャー
•
•
•
•
•
•
青森:2社・・・IT、部品
岩手:2社・・・機械装置、部品
宮城:5社・・・ナノテク2、IT2、新素材
山形:2社・・・機械装置、新素材
福島:2社・・・機械装置、IT
新潟:2社・・・機械装置、ナノテク
分類の結果の構造
• 15社から、抽出した情報要素の数:30
グルーピング
• 小グループの数:7 +3
– 7つのグループ(2要素以上)
–
3つの単独要素(1要素のみ)
グルーピング
• 大グループの数:3
7つの要因(小グループ)
1)人のつながり(10ポイント)
• 地域のネットワークキーマン、ネットワーク組織
2)生活環境(5ポイント)
• 故郷、豊かな生活の質
3)人材(3ポイント)
• 低い流動性、安い賃金
4)ライバルの少なさ(3ポイント)
• 事業機会の独占可能性、メディア効果、支援制度の採択可能性
5)土地・建物(2ポイント)
• 安価で拡張性に優れた土地、割安な建築費
6)地場の産品(2ポイント)
• 豊富な食材、伝統工芸品
7)サポート企業の存在(2ポイント)
• 試作製造外注、経営のメンター
※括弧の中は回答者数。複数回答。
3つの単独要素(小グループ)
• 1ポイントの回答には次のようなものもあった。
8)自県の市場構造、文化的土壌を良く知っていたこと
9)精密部品の加工にむく良質な気候
10)特定機関むけサービス事業に協力が得られたこと
3つの要因(大グループ)
地方で創業することの魅力・メリットは、、、、
• 「リスク・コストが低いこと」
– 3)4)5)
(8ポイント)
人材・人財・身体知
• 「活用度のひくい良いリソースがあること」
– 6)7)
(4ポイント)
• 「豊かな生活環境があること」
– 2)9)
(6ポイント)
ストレスマネジメント
注:分類の除外
• 1,8,10は地方部だけでなく、都市部でも要
因たりえるものゆえ除外
(10ポイント+1+1ポイント)
まとめ
• 『何が起業家を引きつけるのか。』この問いについて
は都市部と地方部では当然答えは異なる。
• 今回の調査データは“東北地域の”という限定つき
ではあるが、その多くは、他の地方部でも共通して
見られると思われる要因である。
• 起業家・ベンチャー企業の輩出を通じて新産業創出
を図る地域にとっては、通常の起業家支援活動に
加えて、起業家の視点から見た地方部のポテン
シャルを意識することで、地域独自の支援スキーム
を開発してゆくためのヒントが得られる可能性があ
る。本稿ではそうした議論の一材料を提供した。
参考文献
• 石井力重「大学発ベンチャー創出と地域環境に関する分析」『研究・技術
計画学会第19回講演要旨集』、2004年10月
• 石井力重「大学発ベンチャー創出とビジネス環境因子の相関に関する分
析」『産学連携学会第3回講演予稿集』2005年5月
• 石井力重「東北地域の技術型企業の創業と地域的要因に関する研究」
『研究・技術計画学会第20回講演要旨集』、2005年10月
ダウンロード

地方の魅力・メリット