遷移元素の性質
(1)周期表の3~11族に位置している。
(2)となり合う元素どうしで性質が類似している。
(3)すべて金属元素。
(4)融点が高い。
(5)重金属。
(6)最外殻の電子が1~2個。
(7)複数の酸化数をとる。
(8)錯イオンをつくる。
(9)有色のものが多い。
錯イオン(その1)
(1)錯イオン
非共有電子対をもつ分子やイオン
(H2O,NH3,OH-,CN-)が金属イオンと
配位結合することによって生じるイオン。
(2)配位子
金属イオンに配位している分子やイオン。
その数を配位数という。
錯イオン(その2)
ジアンミン銀(Ⅰ)イオン (無色)
[Ag(NH3)2]+ 直線形
テトラアンミン銅(Ⅱ)イオン (深青色)
[Cu(NH3)4]2+ 正方形
テトラヒドロキソ亜鉛(Ⅱ)酸イオン (無色)
[Zn(H2O)4]2+ 正四面体形
ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸イオン (黄色)
[Fe(CN)6]3+
正八面体形
コバルト・ニッケル
(1)コバルト:Co
①灰白色の金属
②酸に溶けて水素を発生する。コバルトイオン(赤色)
③塩化コバルト・CoCl2・6H2O;淡赤色結晶
加熱すると水和水を失い青色になる
④コバルト・鉄の合金から磁性体
(2)ニッケル:Ni
①強力な磁性体
②酸に溶けて水素を発生する。ニッケルイオン(緑色)
③いろいろな金属と合金:白銅、ステンレス、ニクロム
ダウンロード

錯イオン(その1)