ラップアップ
介護・福祉分野におけるGIS高度活用人材育成プログラム
ラップアップ
東京大学空間情報科学研究センター 客員研究員
今井修
0
介護・福祉分野におけるGIS高度活用人材育成プログラム
ラップアップ
本研修会の振り返り1
• オリエンテーション
• GISとは何か,地理空間情報とは何か
• 空間的思考について
• 介護・福祉業務におけるGIS活用の方法
• 福祉業務におけるGIS活用のイメージ
• 高齢者のデータ→アドレスマッチングで地図上に表示
• 福祉関連業務の広がりとGIS活用の可能性
• 相談・支援,戸別訪問,各種サービス,施設整備・運営,各種調査・計画
• 介護・福祉業務におけるGIS活用のあり方
• 各自治体の取り組み事例の紹介
• 介護・福祉業務におけるGIS活用にかかる課題
• 個人情報の取扱事例の紹介
1
介護・福祉分野におけるGIS高度活用人材育成プログラム
ラップアップ
本研修会の振り返り2
• 地理空間情報関連の個人情報保護等
• 個人情報,要援護者情報に対する基本的な考え方
• それぞれの自治体で取りうる対応を例示
• 戸別訪問業務の高度化・効率化
• 介護・福祉業務における戸別訪問の現状
• GIS活用による訪問業務の高度化・効率化
• 演習
• 高齢福祉関係の計画策定/政策立案のための基礎分析
• 高齢者分布の可視化
• 介護施設の表示
• 高齢者数の数え上げ
2
介護・福祉分野におけるGIS高度活用人材育成プログラム
ラップアップ
本研修会の振り返り3
• 高齢向け災害対策の検討
• 避難を予測する:町丁字別人口と避難所を使ってネットワークア
ナリシス,収容人口と比較
• Google Earth ストリートビューで見る
• 介護・福祉分野におけるGIS活用推進に向けて
• GISの活用可能性を理解
• GISの活用を推進するためのステップを整理
3
介護・福祉分野におけるGIS高度活用人材育成プログラム
ラップアップ
ディスカッション・質疑
 本研修会でよかった点
 本研修会での課題
 次年度以降に実施して欲しい業務分野やテーマ
4
介護・福祉分野におけるGIS高度活用人材育成プログラム
ラップアップ
戻ってからの取り組みについて
 地方公共団体内での勉強会
 地理空間情報の流通を図る横断的テーマを設定し、今回のカリキュラム
内容を活用して下さい
 GISは、各課の保有する情報を「見える化」し、重ね合わせることにより共
有化し、課題を絞り込み、対策の具体化に役立てる道具です
 各団体保有のGISに反映
 保有GIS機能の見直し(特にデータ流通機能)
 各団体の人材育成プログラムに組み込み
 自治体の人事ローテーションを考慮した体系的知識の一つに
 情報交換ネットワークへの参加
 SNS等を活用した自治体GISに関する情報交換ネットワークを構成してい
る事例もあるため、それらへの参画も視野に入れる
 住民と一緒に
 オープンガバメントの流れに乗って,地理空間情報の提供を進め、住民に
よる地域課題解決力の向上に役立てる
5
ダウンロード

テキスト