11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(8)
 ユースケース
仕入販売支援システム
受注する
入庫を記録する
在庫を引き当てる
受付係
倉庫係
出荷指示する
出荷を記録する
仕入注文をする
1
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(9)
 安易なモデル
*
1
メーカ
inv:
self./実在庫量=self.the商品.the入庫.数量->sum
- self.the商品.the出荷.数量->sum
self./有効在庫=self./実在庫
+ self.the商品.the仕入注文.数量->sum
- self.the商品.the注文.数量->sum
仕入注文
発注番号
発注日
入庫希望日
数量
*
*
銘柄
1 名称
/実在庫量
/有効在庫量
1 型
1
*
注文
注文番号
受注日
納入希望日
数量
*
1
小売店
*
{導出}
名称
*
1
入庫
*
入庫日
数量
*
*
1
商品
名称
住所
*
1
*
1
出荷
出荷日
数量
*
inv:
self.the出荷.数量->sum
= self.the入庫.数量
2
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(10)
 ユースケース記述
ユースケース名:受注する
アクタ:受付係
目的:小売店からの注文を記録して,納入までの手続きを始動したい。
事前条件:その注文が記録されていない。
基本系列:
①アクタは,システムに注文を記録する旨を示す。
②システムはアクタに注文の入力を促す。
③アクタは注文内容(送り先,受注日,商品名,数量,納入希望日)を入力する。
④システムは,注文内容が妥当であることを確認し,注文番号を発行して,
それらを記録すると同時に,納入希望日の在庫量から受注数量分を減じる。
事後条件:その注文が記録されている。
代替系列:
備考:
①注文内容が妥当であるとは,次の3つの条件がともに真であること。
a.送り先名がすでに定義されている,b.商品名がすでに定義されている,
c.納入希望日が翌日以降である
②注文番号は一連番号とし,ユニーク性を保証すること。初期値は1。
③在庫量がマイナスになった場合は在庫不足として扱う。
3
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(11)
 ユースケース記述
計画ホライゾン
商品名 1/14 1/15 1/16 1/17 1/18 1/19
マッカラン 12
12
2 12
-8
2 12
-8
2 12
-8
2 12
-8
2
ユースケース名:在庫を引き当てる。
アクタ:受付係
注文日:1/14
目的:注文に対する在庫不足分を明らかにする。
マッカラン 10本 1/15
事前条件:未処理の注文がある。
マッカラン 10本 1/16
基本系列:
①アクタは,システムに在庫の確認処理を要請する。
②システムは,商品別,納入希望日順に在庫量から注文分を減じる。当日お
仕入注文日:1/14
よび翌日の在庫がマイナスになった場合はアクタに警告する。マッカラン 10本 1/15
③システムは,処理した注文に対して「処理済み」をマークする。
事後条件:未処理の注文がない。
代替系列:なし
備考:在庫引き当ては,商品別,日別の予定在庫を減じることで表現する。
「仕入注文をする」ユースケースでは,安全在庫を加味して仕入数量を
決める)。
4
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(12)
 受注から出荷までのビジネス事象
酒メーカ
小売店
C社
B社
受注係
倉庫係
注文する
0日
[在庫不足]
仕入注文する
[在庫あり]
出庫を指示する
入庫する
+1日
入庫を通知する
出庫を指示する
+2日
5
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(13)
 在庫とは
累
積
量 入庫
 実在庫
仕入
滞留時間
 期首在庫+Σ入庫-Σ出荷
注文
 ある時点での予定在庫
 実在庫+Σ仕入-Σ注文
 入庫,出荷は実績
 仕入,注文は
入庫予定,出荷予定
 ユースケースは不変?
②システムは,商品別,納入希望日順に
在庫量から注文分を減じる。当日および
翌日の在庫がマイナスになった場合はア
クタに警告する。
在庫
出荷
期首
現在
実績
予定
在
庫
量
安全在庫
期首
現在
実績
予定
flow
時間
stock
時間
内部を書きすぎだった
6
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(14)
 初期モデル
勘定科目
/科目ごとの集計金額
1
在庫
1
/数量
期首在庫
*
金額
2..*
1
発生日
計上日
勘定パターン
銘柄
導出ルール
会計取引
仕訳記入行
名称
*
在庫単位
時点
1
*
記入行
*
数量
取引
2..*
1
発生日
計上日
*
数量
場所
位置
7
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(15)
 オブジェクト図で確認
 在庫単位間を移動する数量
三木酒造
:メーカー
三木酒造-酒
鯨:在庫単位
:記入行
数量=-24
酒鯨
:銘柄
:入庫実績
発生日=2003.7.1
A倉庫-酒鯨:
在庫単位
:記入行
数量=+24
:記入行
A倉庫
:倉庫
数量=-2
赤坂酒店-酒
鯨:在庫単位
:出庫予定
発生日=2003.7.2
:記入行
数量=+2
赤坂酒店
:小売店
記入行の数量の符号によって,移動の方向を示している
8
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(16)
 初期モデルの修正
 在庫の最適化に重点を置く
inv:
self.the記入行->sum=0
導出ルール
銘柄
出庫
入庫
名称
取引
*
在庫
1
/数量
期首在庫
数量
時点
在庫単位 1
安全在庫量
*
*
1 取引番号
* 記入行
数量
2..*
発生日
移動日
《多重》
場所
名称
位置
倉庫
1
実績
予定
0..1
小売店 メーカー
9
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(17)
 揺さぶり
 分割納入,一括納入は可能か
:記入行
数量=-12
/残量=0
:予定出庫
取引番号=#2001
発生日=2003.7.31
移動日=2003.8.2
:記入行
BP酒店-清酒NIP
:単位在庫
:記入行
数量=-6
:記入行
数量=-6
:記入行
数量=+6
《多重》
0..1
実績
0..1
:実績出庫
取引番号=#5023
発生日=2003.8.2
移動日=2003.8.2
数量=+6
:記入行
取引番号
発生日
移動日
予定
数量=+12
/残量=0
A倉庫-清酒NIP
:単位在庫
取引
:実績出庫
取引番号=#5046
発生日=2003.8.4
移動日=2003.8.4
取引
取引番号
発生日
移動日
《多重》
*
予定
実績
*
10
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(18)
 揺さぶり
 より細かい分割納入/一括納入を可能にする
:予定記入行
数量=-12
/残量=0
:出庫
取引番号=#2001
発生日=2003.7.31
移動日=2003.8.2
:予定記入行
数量=+12
/残量=0
出庫
入庫
銘柄
A倉庫-清酒NIP
:単位在庫
名称
*
単位在庫 1
1
* 記入行
2..*
数量
安全在庫量
*
場所
名称
位置
取引
取引番号
発生日
計上日
BP酒店-清酒NIP
:単位在庫
:実績記入行
数量=-6
:実績記入行
数量=+6
:実績記入行
数量=-12
予定
/残量
*
*
実績
制約:
関連づく記入行は取引ご
とに予定か実績かどちらか
:出庫
取引番号=#5023
発生日=2003.8.2
移動日=2003.8.2
:実績記入行
:出庫
取引番号=#5046
発生日=2003.8.4
移動日=2003.8.4
数量=+12
11
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(19)
 揺さぶり
 個体識別を可能にする
現品管理
 オブジェクト図で確認
A倉庫
:倉庫
A倉庫-清酒
NIP :単位在庫
清酒NIP
:銘柄
清酒NIP
:銘柄
A倉庫
:倉庫
清酒NIP01:現物
製造日=2003.2.3
識別番号=01
A倉庫-清酒
NIP :単位在庫
型 型
清酒NIP01:現物
製造日=2003.2.3
シリアル番号=01
BP酒店-清酒
NIP:単位在庫
清酒NIP02:現物
製造日=2003.2.3
シリアル番号=02
BP酒店-清酒
NIP:単位在庫
清酒NIP02:現物
製造日=2003.2.3
識別番号=02
BP酒店
:小売店
:実績記入行
:実績記入行
数量=-1
数量=-1
移動日=2003.8.2
移動日=2003.8.2
:実績記入行
:実績記入行
数量=+1
数量=+1
移動日=2003.8.2
移動日=2003.8.2
:実績記入行
:実績記入行
数量=-1
数量=-1
移動日=2003.8.4
移動日=2003.8.4
:実績記入行
:実績記入行
:出庫取引
取引番号=#5023
発生日=2003.8.2
移動日=2003.8.2
:出庫取引
取引番号=#5046
発生日=2003.8.4
移動日=2003.8.4
数量=+1
数量=+1
移動日=2003.8.4
移動日=2003.8.4
BP酒店
:小売店
12
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(20)
 揺さぶり
 個体識別を可能にする
制約
移動先は同一の場所
導出ルール
銘柄
1
*
型
名称
1
/数量
1
時点
0..1
数量
1 取引番号
* 記入行
安全在庫量
2..*
数量
発生日
移動日
*
場所
名称
位置
倉庫
取引
*
単位在庫 1
*
期首在庫
出庫
識別番号
製造日
*
在庫
入庫
現物
小売店
予定
/残量
メーカー
*
*
実績
移動日
制約:
関連づく記入行は取引ご
とに予定か実績かどちらか
制約:
出庫取引の場合は,その時点で保有する
現物のうち,製造日は最古ものであること
13
11. モデリング
11.3 酒屋の在庫問題(21)
 揺さぶり
 要約在庫を見る
量
1
在庫
* /在庫量
時
点
{階層}
銘柄
要素
導出ルール
要約在庫
/在庫量
在庫量 1
/数量
期首在庫量
制約
移動先は同一のパーティ
1
*
型
名称
1
*
銘柄別・
1
時点 所在別の在庫
識別番号
製造日
取引
*
1 取引番号
* 記入行
2..*
数量
発生日
*
*
パーティ
名称
位置
倉庫
在庫調整
0..1
安全在庫量
数量
出庫
入庫
現物
予定
/残量
*
*
実績
移動日
制約:
関連づく記入行は取引ご
とに予定か実績かどちらか
小売店 メーカー
14
ダウンロード

ppt形式