1
電線業界の取り組みと
電線版ガイダンス第5版の改訂内容説明
電線業界製品含有化学物質対応説明会
2012年1月26日(東京会場)
2012年2月7日(大阪会場)
Japan Electric Cable Technology Center
2
目次
(1) 電線業界における製品含有化学物質の取り組み
(2) 電線版ガイダンス(第5版)の改訂内容
(3) JAMP AISの概要と作成手順(注)
(4) (参考資料)フタル酸系可塑剤の規制情報
(注)作成手順に掲載の製品事例は、説明用に作成したものであり、実在する製品に関する情報ではあり
ませんので作成方法の参考にする以外の目的で使用しないで下さい。
本文中に記載の「ガイダンス」「マニュアル」はそれぞれ下記の文書を意味します。
ガイダンス:電線技22第43号 「製品含有化学物質の管理及び情報伝達・開示に関するガイダンス
-電線・ケーブル版-(第5版)」
マニュアル:電線技22第44号 「上記ガイダンス附属書 AIS作成マニュアル(第5版)」
3
電線業界の製品含有化学物質対応組織
(社)日本電線工業会(JCMA)(正会員126社・1団体、賛助会員20社・3団体)
電線関連事業者の業界団体
環境技術委員会 (2009年度組織改編)
環境配慮設計小委員会
化学物質対応小委員会
連携
共創
環境荷造り検討小委員会
RoHS、REACH等の海外法規制および
改正化審法等の国内法規制対応
(会員社へ指示連絡、関連省庁/ 川上・川下
関連業界への対応)
(一社)電線総合技術センター(JECTEC)(会員69社、賛助会員31社)
電線の安全性・信頼性に関する試験、検査認証及び研究、被覆材料のリサイクル等環境対応技術の調査研究を目的として
電線製造業及び電線関連各社によって設立された一般社団法人
化学物質規制調査研究会
(2007年発足、2011年度改名)
国内外法規制および業界基準等の調査と、内容検討および対応提言
4
2011(H23)年度の主な活動内容
1 改正化審法(4/1第二段階施行)
工業会会員に周知文書発行
(ホームページ(会員専用ページ)公開)
2 改正RoHS(7/1公布)
経済産業省「改正RoHS関連業界合同勉強会」参加
(資料は経済産業省ホームページに公開)
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/int/RoHSrev.html
3 フタル酸系可塑剤規制(REACH他)
日本可塑剤工業会と情報交換会継続
4 REACH
ECHA成形品ガイダンス改訂等に
伴い電線版ガイダンス改訂、説明会
(資料はJECTECホームページ公開)
5
電線工業会会員社アンケート結果概要(1)
川下ユーザーからの依頼様式比率
100%
90%
80%
70%
60%
50%
40%
30%
20%
10%
0%
56
45
10
5
16
16
23
29
2010
2011
独自様式
JAMA
JGPSSI
JAMP
128社中57社から回答(回収率45%)
特記
(1)単独様式でなく組合せの
依頼も多い。
(2)証明書の要求も多い
(RoHS、SVHC、VOC、アスベ
スト等の不使用証明書等)
(3)分析データの要求もある。
(RoHS、ハロゲン、フタル酸系
可塑剤等)
川下ユーザー対応での支障経験 (YES 60%、NO 40%)
(1)納期に余裕がない、川上からの回答に時間がかかり間に合わない等
(2)特殊様式対応(農薬、毒劇法、安衛法等)、分析データ要求、不含有保証
全成分開示要求等
6
電線工業会会員社アンケート結果概要(2)
川上メーカーへの依頼様式比率
100%
90%
80%
70%
60%
50%
40%
30%
20%
10%
0%
42
42
5
21
5
14
32
39
2010
独自様式
JAMA
JGPSSI
JAMP
特記
(1)顧客独自様式で依頼を受け
た場合はその様式で依頼。
(証明書要求の場合は証明書
を依頼)
2011
川上メーカーへの情報収集依頼での支障経験(YES 51%、NO 49%)
(1)情報伝達様式の理解不足、回答精度不足(特に中小、海外)
(2)回答入手に時間を要す(特に海外)
(3)依頼と異なる様式で回答(旧バージョン、全ての物質に回答がない等)
7
電線工業会会員社アンケート結果概要(3)
電線版ガイダンスに基づく対応
YES 70%
70
1
0%
20%
40%
60%
NO 30%
30
80%
YES
NO
(1)準拠しない理由
顧客要求と異なる等 70%
(2)支障事例
物質追加対応、フォーマット入力
100%
今後の説明会での希望内容(複数回答)
(1)各国法規制は業界標準の最新動向(41件)
(2)化学物質管理の基礎知識(26件)
(3)具体的な事例を用いた実践講座(22件)
(4)電線版ガイダンスの内容説明(21件)
(5)その他(6件)
川上・川下企業の取組、川下企業のJAMP採用情報、海外メーカーからの情報収集等
REACH規則対応での工業会への要望
(1)情報提供(7件)海外調達先への資料、SVHC候補先取り情報、各国規制情報
(2)業界間活動(5件) 様式統一活動、情報交換活動
(3)その他(3件) ミニマムリストの充実、回答雛形・事例集
8
課題と今後の活動
1 改正RoHS指令対応
(1)課題
①CEマーク表示対応(2013年1月~)
②遵守管理の厳格化(2013年1月~)
③電線単体への適用(カテゴリー11?、2019年?)
(2)対応
①経済産業省「改正RoHS関連業界合同勉強会」継続参加
②国内外関連団体と連携、情報入手と会員への発信
2 フタル酸系可塑剤規制(REACH、RoHS見直し、その他の国)
①日本可塑剤工業会他国内外関連団体と連携強化
情報入手と会員への発信
3 各国版RoHS、各国版REACH等規制の広がり
①国内外関連団体と連携強化、情報入手
②委員会による情報解釈と会員への情報配信迅速化
9
目次
(1) 電線業界における製品含有化学物質の取り組み
(2) 電線版ガイダンス(第5版)の改訂内容
(3) JAMP AISの概要と作成手順
(4) (参考資料)フタル酸系可塑剤の規制情報
10
電線版ガイダンスの概要
沿革
2008年11月 初版発行
「製品含有化学物質の管理及び情報伝達・開示に関するガイダンス
-電線・ケーブル版-」 (REACH規則への電線業界統一ガイダンス)
2009年 3月 第3版発行
業界団体が作成したガイダンスとして、初めてのJAMP推奨を取得
2010年10月 第4版発行
2012年 1月 第5版発行 JAMPVer.4メジャー改訂への対応
構成(本体+付属書)
[本体] REACH規則への電線業界統一対応ガイダンス
化学物質情報伝達の基本的な対応指針をまとめたもの
基本姿勢、対応手順、用語解説、など
[附属書] AIS作成マニュアル
JAMPの「AIS作成手順書」と「入力支援ツール説明書」に
基づき、電線業界用必要部分を再編したもの
11
適用範囲
適用対象製品
電線・ケーブルおよびその加工品
・電線・ケーブル
・コネクタ付きコード
・ワイヤーハーネス(組み電線)
[特記1:原材料、部材等を単独で欧州に輸出するような場合]
原材料、部材等を単独で欧州に輸出するような事例は適用範囲外であり、
個別に各社で対応していただく。
[特記2:梱包材について]
梱包材については適用範囲外であり、JAMPガイダンス「製品含有化学物質
の管理および情報伝達・開示に関するガイダンス-輸送包装-」を参考に、
個別に各社で対応していただく。
(ガイダンス P1 2項 )
12
基本姿勢(1)
REACH規則の成形品に含有される化学物質の
情報伝達に関する電線業界としての基本姿勢
①材料の含有物質情報は、川上メーカーから入手したMSDS、
MSDSplusおよびAISの記載情報とする。
②川下ユーザーからの要求対しては、AISを用いて回答する。
③川下ユーザーの要求の有無によらず、物質の含有を確認する
分析は原則として行なわない。
(ガイダンス P2 5項 )
13
基本姿勢(2)
基本姿勢①
材料の含有物質情報は、川上メーカーから入手したMSDS、
MSDSplusおよびAISの記載情報とする。
(1)電線業界のREACH規則に関する情報伝達は、JAMP提唱の
伝達様式(MSDSplus、AIS)を採用することを原則としています。
(2)川上メーカーから入手した情報に加え、自社で保有、蓄積
している知見を加えて伝達して下さい。
自社の加工で量の変化や反応による物質の変化(塗料、接着、
架橋など)は自社の保有する知見に基づき判断して下さい。
(ガイダンス P2 5項 [解説])
14
基本姿勢(3)
基本姿勢②
川下ユーザーからの要求に対しては、AISを用いて回答する。
(1)AISを用いて回答するは原則であり、川下ユーザーからの
個別の要求(JIG(JGPSSI)、GADSL(IMDS)、独自様式)には、
各社判断で個別に対応して下さい。
(2)JAMPでは「AISでの情報伝達は、環境や安全性に課題がある
物質の含有情報は自ら進んで伝達する」という理念に基づいて
います。川上メーカーからの情報と自社で保有・蓄積している
知見などを加えて、川下ユーザーへ伝達して下さい。
(ガイダンス P2 5項 [解説])
15
基本姿勢(4)
基本姿勢③
川下ユーザーの要求の有無によらず、物質の含有を確認する
分析は原則として行なわない。
(1)「物質の含有を確認する分析は行わず、(川上メーカーから
提供された情報も含め)自社が把握している情報・知見に
基づき判断して報告を行なうこと」を原則としています。
(2)REACH規則では(非)含有の証明を求めておらず、また対象
物質が非常に多いことから、現実的に分析は不可能に近いと
考えられます。
(ガイダンス P2 5項 [解説])
16
第5版の主な改訂点
ガイダンス
P2 4項
参照している規格類
現時点の最新版を記載
JAMP物質用途リスト、材質分類リスト追記
P3 6-1
解説 1)
報告対象物質
毒劇法特定毒物、POPs規則 AnnexI 追記
P4 補足
旧2)項削除
4項)削除
「附属書の組成成分情報入力対照表を参照」を削除
「物質調剤と成形品の区分は別ガイダンス参照」を削除
P5 6-3
AISの提出
提出形態を「電子データ、紙等」から
「基本的にはXMLファイル(電子データ)」に変更
P5 6-4
安全に関する情報収集
「7.その他の項目」に移動 (7-3項。内容は変更なし)
P8 付表1
用語解説
POPs(残留性有機汚染物質)規則を追加
マニュアル
1 「JAMP AIS入力支援ツールVer.4.0操作説明書」に基づき全面改訂
(電線関連事項を抜粋、入力事例記載)
2 添付資料の「組成成分情報入力対照表」を廃止
(AIS入力支援ツールの利便性向上により、不要になったと判断)
17
ガイダンス掲載ホームページ(その1)
電線総合技術センター:http://www.jectec.or.jp/03reach/index.html
ここをクリック
ガイダンス掲載ホームページ(その2)
18
日本電線工業会: http://www.jcma.jp/index.htm
ここをクリック
ガイダンス掲載ホームページ(その3)
アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP): http://www.jamp-info.com/dl
ここをクリック
19
20
目次
(1) 電線業界における製品含有化学物質の取り組み
(2) 電線版ガイダンス(第5版)の改訂内容
(3) JAMP AISの概要と作成手順(注)
(4) (参考資料)フタル酸系可塑剤の規制情報
(注)作成手順に掲載の製品事例は、説明用に作成したものであり、実在する製品に関する情報ではあり
ませんので作成方法の参考にする以外の目的で使用しないで下さい。
本文中に記載の「ガイダンス」「マニュアル」はそれぞれ下記の文書を意味します。
ガイダンス:電線技22第43号 「製品含有化学物質の管理及び情報伝達・開示に関するガイダンス
-電線・ケーブル版-(第5版)」
マニュアル:電線技22第44号 「上記ガイダンス附属書 AIS作成マニュアル(第5版)」
21
AIS作成手順 (その1 新規作成の場合)
手順1
設計書・図面・部品表などから対象製品の構造、材料、質量を把握
手順2
各材料の化学物質含有情報(MSDS、MSDSplus、AIS)を
川上メーカー(サプライヤー)から入手
手順3
自社工程内での組成・化学変化を把握
手順4
製品構成部位毎に材質、化学物質のリスト作成(下書き)
手順5
AIS入力支援ツールを起動し、下書データを入力、選択追記
手順6
AIS入力支援ツールで自動集計シート作成とXMLファイル出力
手順 1
(ガイダンス P3 6-1項① )
(マニュアル P1 1項 )
22
設計書・図面・部品表などから対象製品の構造、材料、質量を把握
製品事例:ビニルキャブタイヤ丸形コード(VCTF 2x0.75mm2 規格:JIS C 3306)
①
②
③ ④
⑤
⑥
VCTF 2x0.75mm2
部位
材料
厚さ
(mm)
外径
(mm)
部位質量
(g/m)
サプラ
イヤー
-
1.1
14.0
A社
撚り合せ
0.6
2.3
9.0
B社
押出成形
-
4.6
5.0
C社
撚り合せ
自社加工
①
導体
軟銅より線(30/0.18A)
②
絶縁体
PVCコンパウンド
③
介在
綿糸
④
テープ
紙
0.1
4.8
2.0
D社
押え巻き
⑤
シース
PVCコンパウンド
1.0
6.8
20.0
E社
押出成形
⑥
表示
インキ
-
6.8
0.0(微量)
F社
マーキング
製品質量
50.0 (g/m)
手順 2
(ガイダンス P3 6-1項 ②③,解説)
(マニュアル P1 1、2項、P15⑩ )
23
各材料の化学物質含有情報(MSDS、MSDSplus、AIS)を川上メーカーから入手
(1)化学物質含有情報を川上メーカー(サプライヤー)へ要請する際の注意点
①法規制等で有害性が示されている物質を情報伝達するというJAMPの考え方への
理解をお願いします。
②均質材料毎に、化学物質含有情報を報告いただくよう要請して下さい。
③必要により、PVC(塩化ビニル(ポリマー)CAS番号9002-86-2)を任意物質として
報告いただくよう要請して下さい。(注)
(2)サプライヤー(川上メーカー)から入手したMSDSplus、AIS確認の際の注意点
①最新バージョンに基づいているか。
②報告された化学物質にはCAS番号が記載されているか。
注:
①今回の改訂(Ver.4)でPVCは管理対象物質リストから除外されました。
AISの材質リストでの情報伝達(後述)に限定され、物質情報としては伝達
されなくなりました。(MSDSplusでは伝達されません)
②川下ユーザーの要求により、PVCの情報伝達が必要な場合は
任意報告物質として川上メーカーへ報告いただくよう要請すること
が必要となりました。
(マニュアル P16⑩、(JAMP管理対象物質Ver.3.000説明書 P5/12 7)項、P10/12 4-5項)
手順 3(1)
(ガイダンス P2 5項解説4) )
(ガイダンス P3 6-1項 )
24
自社工程内での組成・化学変化を把握
A社から軟銅線のAISを
入手
B社からPVCコンパウンド
のMSDSplusを入手
C社から綿糸のAISを入手
【主成分】
・銅
【報告物質】
・銅(7440-50-8)
【主成分】
・樹脂、可塑剤、添加剤
【報告物質】
【主成分】
・天然繊維
【報告物質】
・該当無し
撚り合せ
(組成変化なし)
・PVC(9002-86-2)
・フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)
(117-81-7)
PVCは必要に応じ
任意報告物質とし
押出成形 て扱う
(組成変化なし)
撚り合せ
(組成変化なし)
AISへの記載項目
AISへの記載項目
AISへの記載項目
【材質用途】 1.母材
【材質名称】
銅(例,ケーブルハーネスの銅)
【報告物質】
・銅(7440-50-8)
【材質用途】 2.被覆
【材質名称】 PVC
【報告物質】
【材質用途】 1.母材
【材質名称】 繊維
【報告物質】 該当なし
・PVC(9002-86-2)
・フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)
(117-81-7)
(ガイダンス P2 5項解説4) )
(ガイダンス P3 6-1項 )
手順 3(2)
25
自社工程内での組成・化学変化を把握
D社からテープのAISを入手
E社からPVCコンパウンド
のMSDSplusを入手
F社からインキのMSDSplus
を入手
【主成分】
・天然繊維(紙)
【報告物質】
・該当無し
【主成分】
・樹脂、可塑剤、添加剤
【報告物質】
【主成分】
・色素、溶剤
【報告物質】
・トルエン(108-88-3)
撚り合せ
(組成変化なし)
・PVC(9002-86-2)
・フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)
(117-81-7)
・三酸化アンチモン(1309-64-4)
印刷
押出成形
PVCは必要に応じ
(組成変化なし) 任意報告物質とし (溶剤揮発)
て扱う
AISへの記載項目
AISへの記載項目
AISへの記載項目
【材質用途】 1.母材
【材質名称】 紙
【報告物質】 該当なし
【材質用途】 2.被覆
【材質名称】 PVC
【報告物質】
【材質用途】
12.(表面処理系)マーキング
【材質名称】 塗膜樹脂
【報告物質】 該当なし
・PVC(9002-86-2)
・フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)
(117-81-7)
・三酸化アンチモン(1309-64-4)
26
手順 4
製品構成部位毎に材質、化学物質のリスト作成(下書き)
サプライヤーから収集した情報と、自工程での組成・化学変化の結果を整理
するためのリスト(下書き)を作成します。フォーマットは特に限定はありません。
材料
厚さ
外
径
部位質量
(g/m)
① 導体
軟銅より線(30/0.18A)
-
1.1
14.0 銅(7440-50-8):100%
(7.0/心)
② 絶縁体
PVCコンパウンド
0.6
2.3
9.0 PVC(9002-86-2):60%
(4.5/心) DEHP(*)(117-81-7):25%
③ 介在
綿糸
4.6
5.0 なし
④ テープ
紙
PVCは必要に応じ 任意報告物質とし
0.1
て扱う
4.8
2.0 なし
部位
⑤ シース
PVCコンパウンド
⑥ 表示
インキ
MSDSplus、AIS含有情報に加え
自社工程の組成・化学変化反映
1.0
6.8
PVC(9002-86-2):55%
20.0 DEHP(117-81-7):30%、
三酸化アンチモン(1309-64-4):2%
-
-
0.0(微量) 該当なし(トルエン(溶剤)⇒揮発)
(*) DEHP:フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)
手順 5(1) ツールのダウンロード
「AIS入力支援ツール」を起動し、下書きから入力、選択追記
ツールをJAMPホームページよりダウンロードし、フォルダに保存後、解凍します。
(以前ダウンロードしたツールを使用する場合、JAMPホームページで最新版確認をお願いします)
http://www.jamp-info.com/
27
手順 5(2) ツールの起動
(マニュアル P2 3-1項 )
28
(1)外部リストの配置(起動の前に実施すること)
ダウンロードしたファイルのうち、外部リスト(管理物質リスト)は必ず入力支援
ツールと同じフォルダに保存する。
外部リストファイル名:JAMP_MSDSplus_AIS_EXLIST_111227.xls
(注) ①入力支援ツールはVer4より、管理物質リスト等を外部ファイル化したため
単独では動作しません。
②連携動作のため、必ず同じフォルダに保存して下さい。
③外部リストはパスワードで保護されているので単独では開けません
(2)起動
①入力支援ツールをダブルクリック
ツールのファイル名:AIS_input_support_V40.xls
②マクロの有効化
Excel 2002、2003
最初に出てくる画面で[マクロを有効にする(E)]をクリック
Excel 2007、2010
Excelメニューの下にセキュリティ警告が表示されるので、[オプション]をクリック
セキュリティオプションの画面が表示されるので、[このコンテンツを有効にする]
を選択 (Excel 2010は「コンテンツの有効化」)
手順 5(3) 説明シートの機能選択
29
(マニュアル P3、4 )
①入力支援ツールが起動されると、最初に説明シートが表示されます。
②外部リストのバージョン確認
インターネット接続可能な状態で起動した場合、
自動でJAMPホームページにアクセスし、
外部リストのバージョン確認を行います。
③作業モードの選択
[AIS編集]ボタンを押します。
立ち上げ時の言語選択は
なくなりました。
日本語がデフォルトで設定
(動作設定シートで変更可能)
手順5(4) 一般情報シートの入力
(マニュアル P5~8
P26~27) )
一般情報シートにAISの一般情報を入力(発行者会社情報、成形品情報等)
①*は必須項目
(未入力の場合オレンジ色)
②*必須項目の「英字表記」欄は
半角の英数、記号文字のみ
③項目が灰色の箇所はツールで
自動設定される
④2.発行者会社情報は
「ひな形から呼び出し」機能を
使うと効率良く入力できる。
「動作設定シート」の「B.発行者会
社情報ひな形」欄等にあらかじめ
入力しておく
(詳細はマニュアルP26~28)
30
(マニュアル
P11~19、22~25 )
手順 5(5)
31
成分表シートの入力
成形品の構成、成分の詳細を入力するシートです。必須項目(*マーク)は必ず入力
部品、材質、物質欄を入力 (階層欄は入力不要:電線は原部品のため)
選択ダイアログより選択します
①
材質選択ダイアログ
②
③
構造表の内容を
手入力します。
(マニュアル
P11~18,22~25 )
手順 5(6)
成分表シートの入力
成形品の成分の詳細を入力するシートです。必須項目(*マーク)は必ず入力
物質欄の入力
選択ダイアログを開き、CAS番号
を入力し、当該物質を選択
構造表の内容を
手入力します。
物質選択ダイアログ
灰色のセルはツール
が自動で設定
32
手順 6(1)
(ガイダンス P4 6-2、P5 6-3項 )
(マニュアル P17 )
AIS入力支援ツールで自動集計シート作成とXMLファイル出力
成分表シートの入力完了後、「集計」ボタンをクリック。集計シートで入力結果を確認。
集計シート
33
手順 6(2) XMLファイル出力(データ保存)
(ガイダンス P5 6-3項 ) 34
(マニュアル P21~22 )
XMLファイル出力
内容を確認後、「XML出力」 ボタンをクリック
特記
[XML一時保存] ボタンで作成中に一時保存できる。
(この場合、XML出力時と異なりエラーチェックは自動では行われない)
35
AIS作成手順 (その2 旧バージョン(Ver3.1)データ更新)
手順1
AIS入力支援ツールを起動、旧バージョンデータ読込
手順2
データ更新(物質リスト当て直し他)
手順3
XMLファイル出力
36
手順1 データの読込み
(マニュアル P9 )
ツール起動は新規の場合と同じ。 旧バージョン(Ver3.1)データの読込み
一般情報シートの[XML読込] ボタンでデータを読込みます。
①「入力データが存在する場合、
既存データは破棄されますが
よろしいですか」のボックスが
現れるので[はい(Y)]を選択
②表示が成分表シートに代り、
「読込みが完了しました」のボッ
クスが現れたら読込み完了
③一般情報シートで会社名、製品
名等で当該データであることを
確認
手順 2(1)データ更新
成分表シートでエラーチェックを行い更新箇所を特定
レポートシートが自動で現れ、エラー項目が表示される
(マニュアル P20 )
37
手順 2(2)データ更新
38
(マニュアル P20 )
エラー項目毎に、追記・修正・更新を行う
No.
種別
シート
行番号
項目名
対応例
1
エラー
一般情報
6
使用書式
成分表シートの[物質情報更新]ボタンで
自動更新
2
エラー
一般情報
16
会社名/英字表記
英文名に変更(ひな形機能が便利)
3
エラー
成分表
11
JIG/該当
4
エラー
成分表
12
SVHC/該当
5
エラー
成分表
12
JIG/該当
6
エラー
成分表
15
JIG/該当
7
エラー
成分表
16
SVHC/該当
8
エラー
成分表
16
JIG/該当
9
エラー
成分表
17
JIG/該当
成分表シートの[物質情報更新]ボタン
で自動更新
手順 2(3)データ更新
[集計] ボタンで再集計し、内容確認
[エラーチェック] ボタンで再度エラーチェック
39
(マニュアル P20 )
手順 2(4)データ更新
40
(マニュアル P20 )
エラー項目毎に、再度修正・更新を行う
①一般情報シートの4項質量欄を確
認、黄色になり合計質量不一致の警
告が出ている
②成分表シートで部位質量の合計を
確認すると、50.0001gとなっている。
合計と一致させるため、シースの
PVC質量を修正
20.0g → 19.9999g
手順 2(5)データ更新
41
(マニュアル P20 )
エラー項目毎に、再度修正・更新を行う
PVCが管理対象物質から外れ、任意報
告物質となり修正が必要となった。
選択肢
①任意報告物質として伝達する場合
任意報告物質該当欄に「1」を入力
②PVCを報告しない場合
[選択行削除]ボタンで当該行を削除
(材質としてのPVCは伝達される)
①の場合「1」
を入力
手順 3 データ更新確認とXML出力
再度[集計]、[エラーチェック]を行い、下記画面が出たらOK。
[XML出力] ボタンでXML出力
(マニュアル P21 )
(マニュアル P20 )
42
43
手順 補足(1)
1.PVCコンパウンドの着色
本事例では、説明簡略化のため色ごとの着色剤成分を無視していますが、実際の
製品では色ごとに着色剤の含有成分が異なります。着色方式によってそれぞれ色
ごとのMSDSplusを入手し成分確認を行なってください。確認方法は着色方式により
異なります。
(1) カラー(着色)コンパウンド方式
色ごとに、PVCコンパウンドのMSDSplusを入手し成分確認を行なってください。色に
よって報告物質が異なる場合、次のように絶縁体を色ごとに分けて記載します。
色ごとに報告物質が異なる場合の記載例
部位
材料
厚さ
外径
部位質量
(g/m)
MSDSplus、AIS含有情報に加え
自社工程の組成・化学変化反映
絶縁体
(黄)
PVCコンパウンド(黄)
0.6
2.3
4.5
PVC(9002-86-2):60%
DEHP(117-81-7):25%
クロム酸鉛(1344-37-2):0.5%
絶縁体
(黒)
PVCコンパウンド(黒)
0.6
2.3
4.5
PVC(9002-86-2):60%
DEHP(117-81-7):25%
手順 補足(2)
44
(2) マスターバッチ(着色)方式
PVCコンパウンド(ナチュラル)とマスターバッチ(各色)のMSDSplusをそれぞれ入手
し成分確認を行なってください。配合比率に基づき、各々の含有成分から絶縁体中の
含有率を計算し記載します。
色ごとに報告物質が異なる場合は(1)の事例と同様に記載します。
<参考>着色方式の違いによる詳細説明は、JAMPの下記ガイダンスを参照下さい。
「製品含有化学物質の管理および情報伝達・開示に関するガイダンス
成型工程-熱可塑性樹脂の射出成型工程-」 第1版
2.インキ
マーキングのインキは付着量が極微量であり、量の把握が困難であることから、
「材質質量」欄記載範囲の最小値“0.0001”を記載します。
但し、報告物質が含まれている場合は必要に応じて付着量を推定し、それに基づき
記載することが望ましい。
<参考>インキ付着料の算定については、JAMPの下記ガイダンスを参照下さい。
「製品含有化学物質の管理および情報伝達・開示に関するガイダンス 塗装・印刷工程」 第1版
45
手順 補足(3)
<参考> JAMP発行のAIS関連の主な文書、ツール類
対象
AIS
管理対
象物質
名称(バージョン)
2012/1/24現在
内容
JAMP AIS Ver.4準拠入力支援ツール
AIS作成支援ツール(エクセルマクロ)
外部リスト(管理対象物質)
AIS作成支援ツールの動作時にツールが参照す
るファイル。ツールと同じフォルダにて使用
JAMP AIS作成手順書 Ver.4*準拠
AISの作成手順書
JAMP AIS入力支援ツールVer.4.0
操作説明書
AISの作成支援ツールの操作説明書
JAMP AIS材質分類リスト(Ver.2.00)
AISに記載する材質分類の説明とリスト
JAMP AIS物質用途リスト(Ver.1.00)
AISに記載する用途、除外、適合などの
選択肢リスト
JAMP管理対象物質参照リスト Ver.
3.000
法規性別管理物質一覧表
(エクセルファイル)
JAMP管理物質Ver.3.000説明書
基準と運用上の注意事項等の説明
JAMP管理物質解説書(第3版)
方針や改定方法など基本的な事項
46
目次
(1) 電線業界における製品含有化学物質の取り組み
(2) 電線版ガイダンス(第5版)の改訂内容
(3) JAMP AISの概要と作成手順
(4) (参考資料)フタル酸系可塑剤の規制情報
(成形品への含有規制)
本情報には、審議中等まだ確定されていない情報が含まれています。また、和訳、要約の過程
で細部については割愛しています。
法律の内容・解釈については常に最新の情報を参照され、必ず原文等にてご自身または、個社
にてご確認下さい。
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(1)
47
EUの法規制(1)
(1)玩具指令(2005/84/EC)
対象物質
規制内容
DEHP、DBP、BBP 玩具、子供用品に使用禁止(閾値0.1%)
DINP、DIDP、DNOP 玩具、子供用品の口に入る用途に使用禁止
(閾値0.1%)
略号
物質名(例)
CAS番号
DEHP
フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)
117-81-7
DBP
フタル酸ブチルベンジル
84-74-2
BBP
フタル酸ジブチル
85-68-7
DINP
フタル酸ジイソノニル
28553-12-0、68515-48-0
DIDP
フタル酸ジイソデンシル
267761-40-0、68515-49-1
DNOP
フタル酸ジ-n-オクチル
117-84-0
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(2)
EUの法規制(2)
(2)REACH規則(EC No.1907/2006)
①認可対象候補物質(SVHC)
対象物質
DEHP、DBP、BBP(1次)
DIBP(2次)
DHNUP、DIHP(5次)
DMHP(6次)
規制内容
成形品に含有している場合、含有情
報を伝達(閾値0.1%)
②認可対象物質(附属書XIV)
対象物質
規制内容
DEHP、DBP、BBP 認可された用途以外は使用禁止
(但し、成形品は対象外)
48
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(3)
49
EUの法規制(3)
(2)REACH規則(EC No.1907/2006)
③制限物質(附属書XVII)
対象物質
規制内容
DEHP、DBP、BBP 玩具、子供用品に使用禁止(閾値0.1%)
DINP、DIDP、DNOP 玩具、子供用品の口に入る用途に使用禁止
(閾値0.1%)
現時点の内容は玩具指令に同じ
特記:
現在デンマークより規制追加提案が提出されパブリックコメント募集中(締切り3/16)
対象物質:DEHP、DBP、BBP、DIBP
規制内容:屋内で使用する成形品、皮膚や粘膜に直接接触する成形品
(具体例:電機電子機器、屋外使用以外の電線)
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(4)
50
USAの法規制
CPSC Improvement Act(2008)
対象物質
規制内容(2009年より)
DEHP、DBP、BBP
玩具、子供用品に使用禁止(閾値0.1%)
DINP、DIDP、DNOP
玩具、子供用品の口に入る用途に使用禁止
(閾値0.1%)
特記
1 内容はEU玩具指令に同じ
2 カナダ、アルゼンチン、ブラジル、中国もほぼ同様の規制
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(5)
韓国の法規制
品質経営及び工業産品安全管理法
対象物質
DEHP、DBP、BBP
規制内容 (2007年より)
玩具、子供用品に使用禁止(閾値0.1%)
現在検討中の規制内容
1 PVC床材、壁紙での上記3物質の使用を総量で0.1%以下に規制
2 PVCオンドル床材へのフタル酸系可塑剤の規制
51
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(6)
52
日本の法規制
食品衛生法
対象物質
規制内容 (2003年より)
油脂又は脂肪性食品を含有する食品に接触
DEHP(DOP)
する器具、食品包装にはDOPを原材料として
用いたPVCを主成分としる合成樹脂を禁止
おもちゃには、DOP、DINPを原材料として用い
DEHP(DOP)、DINP たPVCを主成分とする合成樹脂を禁止
(DOPはおもちゃ全般、DINPは口に入れる用途)
特記
DEHP(DOP)は上記のほか、改正化審法(優先評価化学物質)、労働安全衛生法(通知
物質、有害性ばく露作業報告対象物質)に規定があるが、化学物質の取扱上の規制で、
成形品への規制ではない。
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(物質別1)
DEHP (DOP) フタル酸ビス(2-エチルへキシル)
CAS番号117-81-7 C24H38O4
法規制情報
EU REACH SVHC、認可対象物質
制限物質(玩具用品に規制)
玩具指令(玩具用品に規制)
USA CPSC Improvement Act 玩具用品規制
日本 食品衛生法 (食品、おもちゃに規制)
用途情報
塩化ビニル可塑剤、ゴム可塑剤、接着剤、インキ、ペンキ
接着剤、リーリング剤、ペンキ、インキ等
53
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(物質別2)
BBP フタル酸ブチルベンジル
CAS番号85-68-7 C19H20O4
法規制情報
EU REACH SVHC、認可対象物質
制限物質(玩具用品に規制)
玩具指令(玩具用品に規制)
USA CPSC Improvement Act 玩具用品規制
用途情報
顔料、塗料 合成樹脂/合成繊維 可塑剤
日本での使用は少ない
54
参考資料 フタル酸系可塑剤の規制情報(物質別3)
BBP フタル酸ジブチル
CAS番号84-74-2 C16H22O4
法規制情報
EU REACH SVHC、認可対象物質
制限物質(玩具用品に規制)
玩具指令(玩具用品に規制)
USA CPSC Improvement Act 玩具用品規制
用途情報
顔料、塗料 合成樹脂/合成繊維 可塑剤、絶縁テープ、チューブ
接着剤、合成皮革、香料の溶剤、繊維用潤滑剤
日本での使用は少ないと推定される
55
56
ご清聴ありがとうございました。
ダウンロード

1 - 一般社団法人 電線総合技術センター【JECTEC】