アメリカの経済
パックス・アメリカーナの崩壊
アメリカ経済の再生
ニュー・エコノミーの光と影
中国
インドネシア
マレーシア
タイ
ASEAN4
シンガポール
香港
台湾
200
韓国
NIEs
フランス
ドイツ
イギリス
ユーロエリア
アメリカ
日本
アメリカ経済の概要
250
各国の経済規模
1999年、日本=100
150
総額
1人あたり
100
50
0
日米の経済比較
ドル
50,000
45,000
40,000
国民所得ランキング
35,000
30,000
25,000
20,000
日本
アメリカ
ドイツ
一位
最下位
15,000
10,000
5,000
99
00
20
98
97
96
95
94
93
92
91
90
89
88
87
86
85
84
83
82
81
80
79
0
戦後日本の経済成長率
25%
経済成長率
20%
名目(新系列)
実質(新系列)
名目(旧系列)
名目(旧系列)
15%
10%
5%
0%
1955
-5%
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
2000
-4%
-2%
ア メ リ カ の経済成長率
2000
1998
1996
1994
1992
1990
1988
1986
1984
1982
1980
1978
1976
1974
1972
1970
1968
1966
1964
1962
1960
アメリカの経済成長率
8%
6%
4%
2%
0%
2000
1998
1996
1994
1992
1990
1988
1986
1984
1982
1980
1978
1976
1974
1972
1970
1968
1966
1964
1962
1960
アメリカの悲惨指数
25%
ア メ リ カ の悲惨指数
20%
15%
10%
5%
0%
戦後の国際通貨制度

ブレトン・ウッズへの道



国際通貨基金 IMF International Monetary
Fund)
国際復興開発銀行(世銀)IBRD
International Bank for Reconstruction and
Development(World Bank)
金・ドル本位制
IMF体制におけるドル
金
ドル
円
ポンド
マルク
フラン
ニクソン・ショック

ドル不足からドル不安へ


ジョンソン大統領の「偉大な社会」論



ゴールド・ラッシュ(1960)
大砲もバターも
ベトナム戦争と覇権の代償
ドルの金交換性停止(1971.8.15)
レーガンの診断
アメリカの弱体化の原因
改善策
「大きな政府」
「小さな政府」
規制による企業家精神の衰退
規制緩和
高福祉・高負担による
貯蓄と投資の不足
減税と
政府支出の削減
レーガノミックス

サプライサイド・エコノミックス

「大きな政府」から「小さな政府」へ



規制緩和
高福祉・高負担からの脱却
マネタリズム

マネー・サプライ重視の金融政策
2000
1998
1996
1994
1992
1990
1988
1986
1984
1982
1980
1978
1976
1974
1972
1970
1968
1966
1964
1962
1960
財政赤字の発生
10億ド ル
2, 500
2, 000
ア メ リ カ の財政
1, 500
連邦政府歳出
連邦政府歳入
1, 000
500
0
高金利とドル高
財政赤字
+
マネタリズム
↓
高金利
↓
アメリカへの資金の流入
ドルの独歩高と日米経済摩擦
アメリカへの資金の流入
↓
ドルの独歩高
↓
国際収支の赤字
国内産業の空洞化
日米経済摩擦
←
強いアメリカへの
信認という
幻想
円ドル・レート
円/ドル
50
100
150
外国為替相場(年末値)
200
250
300
350
400
1950
1955
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
2000 年
アメリカの国際収支赤字
100万ドル
40000
日米の経常収支
20000
0
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98
-20000
-40000
アメリカ
日本
-60000
-80000
ドル高是正と円高不況

プラザ合意(1985.9.22)


ドルの過大評価認識
ドル高是正


1ドル250円から125円へ
円高不況への不安
ダウンロード

アメリカの経済