衛星画像とセンサスデータを用いた
QOLのマッピング
筑波大学生命環境系
松下文経
2011年10月13日
QOLとは?
• Quality of Life (QOL)
• 生活の質・人生の質・生命の質を指す。
• 医療福祉・都市計画・地理学・社会学・経済学・心
理学・政治学・市場管理
• QOLの「幸福」とは?
身心の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な
住環境、十分な教育、レクリエーション活動、レジャーなど
先行研究:アメリカ・インディアナポリス市
のQOLマッピング(Li and Weng, 2007)
環境指標(植生被覆率・不浸透面面積ISA・地表面温度:衛星データ)
社会経済指標(人口密度・住宅密度・教育レベル・収入・失業率など:
センサスデータ
解析の流れ
主成分分析の結果
経済指標
環境指標
人口密度指標
アメリカ・インディアナポリス市QOL指標の空間分布
×0.4067
+
×0.2469
+
Factor 2
Factor 1
×0.2156=
-
Factor 3
QOL
本研究の目的
• 先行研究の手法を用いて日本におけるQOL
を算出、地図化する。
• 先行研究と比較し、日本とアメリカの相違点を
明らかにする。
• 日本国内での地域差を明らかにする。
使用データⅠ(衛星画像)
2000年6月4日東京都周辺に
おけるLandsat7/ETM+の画像
地表面温度
ISA比率(Yang et al., 2010)
植生の被覆率(Yang et al., 2010)
使用データⅡ(センサスデータ2000,2005)
使用データⅢ
株式会社JPS発行2011年版個人所得指標より
これらのデータを全て1k㎡のメッシュに統一し、
メッシュごとにQOLを算出する。
主成分分析の結果
固有値
寄与率
累積寄与率
主成分№1
4.909
44.62%
44.62%
主成分№2
2.157
19.61%
64.23%
主成分№3
1.576
14.33%
78.56%
主成分№4
0.884
8.03%
86.59%
主成分№5
0.651
5.92%
92.51%
主成分№6
0.495
4.50%
97.01%
主成分№7
0.193
1.75%
98.77%
主成分№8
0.068
0.62%
99.38%
主成分№9
0.042
0.38%
99.76%
主成分№10
0.017
0.16%
99.92%
主成分№11
0.009
0.08%
100.00%
主成分 1(環境+人口密度+経済指標)
主成分1の主成分負荷量
高得点なほど人口密度・ISA・地表面温度、また所得が高く、植被率が低い
生活環境重視の場合
経済重視の場合
QOLに対して負のファクター
QOLに対して正のファクター
指標の混在!
主成分 2(経済指標)
主成分2の主成分負荷量
高得点なほど経済指標が高く、生活レベルが高い
QOLに対して正のファクター
主成分 3(都市成熟度指標)
主成分3の主成分負荷量
高得点なほど居住面積が大きく、所得が低い
社会とのつながりが少ない
QOLに対して負のファクター
QOLの計算
生活環境重視の場合
QOL= -(0.4462 * PC1) +(0.1961 * PC2) -(0.1433 * PC3)
経済重視の場合
QOL= +(0.4462 * PC1) +(0.1961 * PC2) -(0.1433 * PC3)
・各係数は主成分ごとの寄与率
・PCnはそれぞれの主成分スコア
・符号は各主成分がQOLに対し、正負どち
らの働きを示すかを表す
算出されたQOL①
①生活環境重視の場合
人口密度や住宅密度が低い
農村部ほど高い結果に
算出されたQOL②
②経済重視の場合
所得や高学歴者分布が高い
都心部ほど高い結果に
まとめ
• 東京都におけるQOLのマッピングを行った。
• アメリカのインディアナポリス市と異なった結
果となった。
• 日本とアメリカの生活スタイルが異なることを
示唆した。
今後の予定
• 日本における他の地域でのQOLマッピング
を行う(例えば、北海道、鹿児島など)。
• 他の有効となる指標はないか考察する。
• 様々なシナリオでQOLのマッピングを行う (例
えば、駅・病院・学校・スパー・湖からの距離
など)。
ダウンロード

松下 - 筑波大学