1977年にWest Virginiaでアライグマに狂犬病が侵入し
て以降、中部大西洋沿岸地域に次々と拡大した。
Virginia:1978
Maryland:1981
Columbia:1982
Pennsylvania:1982
Delaware:1987
New Jersey:1989
New York:1990
Connecticut:1991
North Carolina:1991
Massachusetts:1992
New Hampshire:1992
アライグマから種々
の狂犬病ウイルスが分
離されるが、それらは
人の症例からは分離さ
れていない。
NY: ニューヨーク
Vt:ベルモント
NH:ニューハンプシャー
Me:メイン
Mass:マサチューセッツ
Conn:コネティカット
Ri: ロードアイランド
Pa: ペンシルベニア
1977
W Va: ウエストバージニア
Va: バージニア
NC: ノースカロライナ
Nj: ニュージャージー
Del:デラウェア
Md:マリーランド
NC: ノースカロライナ
CDC MNWR: April 22, 1994 / Vol. 43 / No. 15
症
例
数
(
千
頭
)
1990年に、米国で最も頻繁に狂犬病が発見されて
いたスカンクをアライグマが追い抜き、その症例数は
増え続けている。1991年から92年にかけて、中部大
西洋沿岸地域と北東部地域のアライグマの狂犬病の
報告数は3079から4311へと40%増加した。
アライグマを標的とした経口ワクチン投与が行われ
ているが、餌の撒き方と散布密度、時期と頻度など、
改善の余地が残されている。
*Connecticut, Delaware, District of Columbia, Maryland, Massachusetts, New
Hampshire, New Jersey, New York, northern North Carolina, Pennsylvania, Virginia,
and West Virginia.
†Alabama, Florida, Georgia, southern North Carolina, and South Carolina.
ニューヨーク市で確認された狂犬病感染動物数
ブロンクス
ブルックリン
マンハッタン
クイーンズ
スタッテン島
2003
2004
2005
2006
6
0
0
0
0
13
0
0
0
1
26
1
0
1
0
6
0
0
0
0
2007 2008
6
0
1
2
35
14
0
0
1
29
2009
14
0
12
1
1
0
1
39
0
0
検査数
陽性数
207
イヌ
261
ネコ
17
ウシ
21
その他の家畜
24
スカンク
22
キツネ
269
コウモリ
247
アライグマ
19
ネズミ
43
その他の野生動物
1130
計
0
5
4
0
12
6
2
50
0
2
81
2011年のニューヨーク州の発生動向調査(1/1~4/30)
ニューヨーク州において確認された
狂犬病罹患動物数
2009
検査室で確認された狂犬病(2011 年1月1日~4月30日)
アライグマの狂犬病はニューヨーク州に
1990年に侵入し、全域に広がった。ニュー
ヨーク州の狂犬病症例の大半はアライグ
マであるが、感染症例が様々な野生動物
およびワクチンを接種していない家畜を感
染させている。
New York Gov.
Dep. Health
Rabies
コウモリ:2
ネコ:5
ウシ:4
シカ1
灰色キツネ:3
赤キツネ:3
その他:1
スカンク:12
アライグマ:50
米国における狂犬病の発生状況
年
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
州
ルイジアナ
バージニア
ミシガン
インディアナ
テキサス
ミズーリ
カリフォルニア
ミネソタ
カリフォルニア
インディアナ
テキサス
ミシシッピ
テキサス(3名)
オクラホマ
アーカンソー(ドナー)
Rabies in Human Beings
ウイルス型
感染場所
コウモリ
犬
コウモリ
コウモリ
コウモリ
コウモリ
キツネ
コウモリ
犬
コウモリ
コウモリ
コウモリ
コウモリ
コウモリ
コウモリ
メキシコ
インド
?
?
?
国内
メキシコ
?
フィリピン
?
?
?
臓器移植
臓器移植
?
ダウンロード

米国東部での発生状況