人工呼吸器
ザ・エビータ
・従圧式:一定の気道内圧になるまで空気を送る。気
道内圧が高まっていると換気量は少ない。
・従量式:一定の換気量に達するまで空気を送る。コン
プライアンスが低いと気道内圧が上がりすぎる。
・PEEP(Positive Endexpiratory Pressure:呼気
終末陽圧 ):呼気終末(呼気相)にかかっている気
道内圧をPEEPと呼ぶ。(吸気相でも圧はかかって
いるので、PEEPは呼気のみにかかっているわけで
はない。換気モードではない。)
・PSV:プレッシャーサポート。自発呼吸に合わせて決
めた圧(PS圧、例:10mmHg)まで空気を送り込む。
つまり吸気時に空気を送り込みサポートする。
モード
• CPPV
(continuous positive pressure ventilation:持続陽圧換気 )
• SIMV
(synchronized intermittent mandatory ventilation:
同期的間欠的強制的換気 )
• BIPAP
( Biphasic ( Bi-level 、Bi-Vent ) intermittent positive air pressure )
• CPAP+PSV
(continuous positive airway pressure:持続的陽圧気道圧)
(pressure support ventilation )
CPPV
continuous positive pressure ventilation
持続陽圧換気
• CPPV=IPPV+PEEP
・持続的陽圧呼吸
・強制呼吸方法で麻酔科の従圧式呼吸器
・設定するのは
呼吸回数(例:10/min)
呼気時間(例: 2→呼気:吸気=1:2→
6sec×2/3=4sec )
最高気道内圧(例:20mmHg)
酸素濃度(例:0.4)
患者本人の自発呼吸が出ようと関係なく換気させる。
当然ファイティング起こりやすく、
自発呼吸が出ない患者に使用。
SIMV
synchronized intermittent mandatory ventilation
同期的間欠的強制的換気
• 基本的には従量式。患者の自発呼吸があれば自発に合わせて換気させ、自発が
なければ強制呼吸する。
・設定するのは
換気量(例:500ml)
呼吸回数(例:10/min)
吸気時間(例:2)
PEEP圧(例:5 mmHg)
PS圧(例:15 mmHg)
酸素濃度(例:0.4)
・一定時間のトリガーポイントが決められており、そのトリガーポイントの間に生じた
トリガーのみに反応する。反応した場合は設定した換気量の500mlの換気量を
送り込む。
・トリガーポイント以外のトリガーに対してはPSVとして気道内圧が15mmHgとなる
まで空気を送り込む。吸気時間は関係なし。
・設定した呼吸回数に達しない場合は最低10/minは500ml、吸気時間4secで強制
換気させる。
BIPAP
(Biphasic intermittent positive air pressure )
• 基本的には従圧式。Biphasicの名の通りニ相性の圧をかけるモー
ド。つまりCPAPの圧が1分間に決めた回数、決めた時間だけ変化
する。自発の補助をしているわけではない。
・設定するのは
最高気道内圧(例:20mmHg)
呼吸回数(例:10/min)
吸気時間(例:2)
PEEP圧(例:5 mmHg)
PS圧(例:15 mmHg)
酸素濃度(例:0.4)
・高圧相(吸気相:上の20mmHg)と低圧相(PEEP)を設定するのでこ
れがBi-level。
・SIMVと異なる部分は、従圧式であるために強制換気中に自発が出
たとしても過剰な空気を送りこむことがない。
CPAP+PSV
continuous positive airway pressure
持続的陽圧気道圧
• CPAP:自発呼吸が出ている状態でPEEPをかけている
モード。CPAPのみでは肺胞を広げているだけで、呼吸は
させていない。
・そこでPSV機能が一緒に。
・設定するのは
PEEP圧(例:5 mmHg)
PS圧(例:15 mmHg)
酸素濃度(例:0.4)
・呼吸器から離脱する直前に使用するモードで、自発呼吸
がしっかりあるが、まだサポートが必要な時に使用する。
逆に自発が弱ければ、十分な換気を確保することはでき
ない。
ダウンロード

人工呼吸器