ぼくが葬儀屋さんになった理由
冨安徳久
(株)ティア代表取締役社長
土田裕実 村木真理子
中村文俊 渡辺拓也
目次
第1章
 第2章
 第3章
 第4章
 第5章

天職に出会う
遺族の悲しみに寄り添う
命の尊厳に触れる
理想の“お見送り”を求めて
葬儀ビジネスに新しい風を!
第1章:天職に出会う
高校卒業後、山口大学に合格するが入学せず
 同時期に、葬儀屋のバイトに夢中になる
 尊敬できる先輩に出会う
 正社員になるために独自で勉強し始める

第2章:遺族の悲しみに寄り添う
正社員となり、はじめて遺体と接触
 遺体に触れることに抵抗感をおぼえる
 18歳という若さゆえに、遺族から信頼が得られない
 先輩から「仏さんを自分の最愛の人と思う。遺族の目に
なるんだ。」
 人の死で金もうけをしているという世間からの偏見

第3章:命の尊厳に触れる
山口の葬儀屋を退職し、故郷愛知に戻る
 静岡の大手葬儀社に就職
 山口の会社に比べ、教育が充実していない
 さまざまな死に出会う


自殺、母を失った少女、事故死
第4章:理想の“お見送り”を求めて
セレモニーハンターという病院営業
 病院経営者と他社との癒着がある中での新規顧客獲得
の難しさを経験
 お世話になった人の死


先輩、婦長
生活保護者への冷たい会社の対応に不満
 葬儀代のブラックボックス化によって、さらに不満がつの
る

第5章:葬儀ビジネスに新しい風を!
独立しようとするが、資金なし
 しかし、中古車販売会社社長に目を付けられ資金調達
に成功
 今まで学んだことを糧に起業

第5章:続き
日本で一番「ありがとう」といわれる葬儀社
 組織があれば理念などいらない?
 起業3ヶ月目で早くも窮地に立たされる
 写真入り広告や地域内戸別訪問を展開
 大手には少ない会員システムの導入



入会金一回払い
経営理念を浸透させるために社長自らセミナー開催
第5章:続き
「仕事には慣れよ、悲しみに慣れるな」
 人材より“人財”
仕事より“志事”

ダウンロード

テイア