BLJ2013
Revit 2014 モデル作成手順
IAI日本 FAT分科会
1.起動後
【標準:建築テンプレート】で起動しました。
2.通り芯配置
【建築】タブ→【データム】パネル→【通芯】を配置します。
2.通り芯配置
【建築】タブ→【データム】パネル→【通芯】を配置します。
3.レベル設定
【建築】タブ→【データム】パネル→【レベル】を配置します。
立面ビューもしくは断面ビューで行います。
4.壁配置
1Fに壁を配置します。平面図1Fビューに切り替えます。
【建築】タブ→【構築】パネル→【壁】を配置します。
4.壁配置
5.部屋の配置
【建築】タブ→【部屋とエリア】パネル→【部屋】を配置します。
[部屋]という名称がつきますので、各室名に変更します。
6.部屋配置のTIPS
①部屋面積算定基準
【部屋とエリア】パネル→【面積と体積の計算】で設定
・ 体積の計算 → 面積と体積 に設定
・ 部屋面積の計算 → 求めたい基準に設定
6.部屋配置のTIPS
②部屋の領域について
部屋は壁で空間を区分けします。
境界になる壁はプロパティの【部屋の境界】にチェックを付けます。
(初期値ON)
壁がなく、領域を区分けするときは、【部屋を分割】コマンドを使用して分
割します。
7.建具(ドア)配置
【建築】タブ→【構築】パネル→【ドア】を配置します。
8.建具(窓)
【建築】タブ→【構築】パネル→【窓】を配置します。
9.建物モデル完成
10.IFC変換:書き出し
【アプリケーションメニュー】→【書き出し】→【IFC】を選択します。
11.IFC変換:書き出し設定画面
書出しができないときは、【アプリケーションメニュー】→【書き出し】→【オプション】→
【IFCオプション】でIFCクラス名を設定します。(exportlayers-ifc-IAI.txt)
12.SolibriModelViewerでの確認
ダウンロード

Revit