メディア論
第13回 テレビと政治
(2015.1.19)
担当:野原仁
本日のテーマ
テレポリティクスとは?
スピン・ドクターの役割
政治家にとってのテレビ
テレポリティクス①
テレビが世論をつくり,それが社
会を動かす巨大な影響力をもった
政治状況のこと
テレビ+ポリティクス
象徴的な事件としていわれるのは
1960年にアメリカ大統領選挙史上
はじめて行われた,ケネディ対ニ
クソンの放送をつかった対抗討論
会(詳しくはビデオで)
テレポリティクス②
これ以後,政治家たちは内容よりもイ
メージで評価を得るテレビ向けの政治
手法を採り入れるようになってきた
東京都や大阪府ではテレビで有名に
なったタレントがあいついで知事に当
選したのも,政治的実力もさることな
がら,テレビなどのマスメディアで人
びとによく知られていたことがその原
因であるといえる
テレポリティクスの問題点
①テレビには論理的な説明よりも刺激のつよい
映像を優先する傾向があり,政治に論理的正
しさを軽視させるよう機能しているのではな
いかということ
②インタビューなどの時間が極端にみじかく
なったり,全体の説明をせずに一部で全体を
表現してしまう手法がまかりとおるように
なってきたこと
③テレビは視聴率競争の結果,娯楽性を重用視
するあまり,ほんとうに大切なことが報道さ
れにくくなっていること,そしてその裏で権
力と社会的強者の悪が深刻化している可能性
があること
スピン・ドクター
スピン・マスターともいい,英米などの選挙
戦や企業・国家の広報(PR)戦略担当者の
こと
情報工作者という意味で,糸をつむぐ(スピ
ン)ように情報を加工してしまう人という原
意からきている。
もともとはイメージの向上のために情報や世
論の操作などにあたる人のことであったが,
最近では政府や企業などが悪い情報の流出を
ふせぎ,イメージアップをはかるために利用
する戦略としての側面が突出してきている
テレポリティクスの手法①
ネガティブ・キャンペーン
対立する人物に関する問題点や負の側面
に焦点を当て、集中的に繰り返して、そ
うした問題点などを攻撃すること
特にアメリカの選挙では日常的に行われ
ている
テレポリティクスの手法②
サウンド・バイト
テレビ・ラジオのニュース番組などで
短く引用される政治家などの発言・所
見など
サウンド・バイトを多用した政治活動
を「ワンフレーズ・ポリティクス」と
言う
政治家は意図的にサウンド・バイトを
用いる→小泉元首相の「自民党をぶっ
壊す!」オバマ米大統領の「Change!」
など
テレポリティクスの手法③
イメージ操作
候補者の政策ではなく、容姿や生活ス
タイルなどに焦点を当て、有権者にで
きる限り「好感」を抱いてもらうよう
なイメージ作りを重要視する
スピン・ドクターが主に担当する
ダウンロード

第13回テレビと政治