バリアフリーのための心理学09
(3)携帯電話はバリアフリ-の
ための援助設定か?
ITによるバリアフリ- and ITのバリアフリ-(樋口
宜男先生@情報理工)
コメントは、
http://d.hatena.ne.jp/marumo55/
1
バリアフリーの位置づけ
●同化・統合:本人のリハビリテーション
●異化・統合(これが重要):反応形態の
差異のまま、多数派の享受する権利に
アクセスを可能にする(accessibility)。
そのために、差異のある反応形態が不利益に
ならないように「援助設定」を整える作業
(バリアフリー)
●しかし多数派の享受する権利を基準にして良
いか?
2
基礎ターム
0)表出と理解(Expression and Comprehension)
1)トータルコミュニケーションとは?
2)反応形態を学習するための教授の方法
課題分析、全課題呈示法
3)機能を学習するための教授
機会利用型学習法(Incidental Teaching)
4)バリアフリーのための IT, ITのための
バリアフリー(http://www.ritsumei.ac.jp/~bfit/)
BKC:樋口宣男先生
3
様々なコミュニケーションモード
• 口話・手話・カード・各種AAC機器など
様々なコミュニケーションモードがあるが、
それぞれに特徴がある。
• 極端にいえば、それぞれ文化があるかも知れない
• 携帯電話はどんな特徴があるか?
4
予行演習
• デジカメって、どんな点が特徴?
• デジカメを、学校教育に導入できるか?
5
携帯電話はTCM?
(Total Communication Machine)
●反応形態の「差異」を生める援助機器?
AAC:Augmentative and Alternative
Communication
●援助設定(行動を成立させるための新たな環境
設定)といえるか?
●実は新しいバリア?
6
100
%
予定なし
通話機能
予定なし
メイル機能
50
使用している
試みたい
試みたい
使用している
0
小中高
小中高
小中高
小中高
小中高
小中高
図1. 聾学校の「重複学級」で、携帯電話の「通話機能」あるいは「メイ
ル機能」をどれくらい使っているか(望月,2002)
7
図2. 一般には、携帯メールはどのように使われているか?(丹生ら、1996)
8
携帯が認められたら
携帯電話?
9
文部科学省通知(2008)
• 文部科学省は全国の学校や教育委員会に対し、携帯電
話の取り扱いに関するルールを明確化するよう通知した。
具体例の一つとして「小中学校では持ち込みを原則禁止
する」という規制案も提示。児童生徒の利用実態把握に
努めることや、情報モラル教育を充実させることなども要
請した。
• 通知は7月25日付。都道府県教委などを通じ、小中学
校や高校、市町村教委にも周知するよう求めた。携帯電
話に関するルールとしては、「校内持ち込み禁止」のほか、
「やむを得ない事情で持ち込みが必要と判断される場合
もある」として、▽居場所確認や通話機能に(用途を)限
定して持ち込み可能とする▽登校後に学校で預かり下校
時に返却する--の2例も示した。
10
携帯ってTCM?
●考えられるメリット
1)自分のペースで確認可能
要議論
2)再現可能なC(不揮発モード) 要議論
3)防犯ベル、GPS、安否メール
(管理的デメリット?)
要議論
4)実は、日本語教育にも役立つ
のでは(助詞の使い方など日常的に)要議論
11
1)自分のペースで確認可能
• かつて(現在も)パソコン通信時代、この利用につ
いては障害のある個人(とくに肢体不自由系)の普
及率は高かった。
・BBS(掲示板)を通じたコミュニケーションは、
「時間遅延」を許す言語行動
(参考文献)
望月昭・正木茂夫(1989):
「BBSネットの開設と運営:愛知県コロニーMARUMONETを
例に」.行動分析学研究、4, 57-70.
12
2)再現可能なコミュニケーションモード
• コミュニケーションモード?
モード:表出の形態
メディア:感覚系としての分類:聴覚・視覚
●揮発系モード:表出と同時に消えてしまう
(日常的な口話や手話)
●不揮発性モード:痕跡が残る
(書字、写真、動画ファックスetc)
13
遠隔地コミュニケーション
表出モード
•
•
•
•
固定電話
音声
無線機
音声
ファックス
書字・描画
携帯電話(通話) 音声
携帯メール
文字入力
写メール
撮影
動画メール
撮影
テレビ電話
撮影
理解モード
聴覚(揮発・即対)
聴覚(
〃
)
視覚(読字)不揮発
聴覚(揮発・即対)
読字(不揮発)
写真の理解(不揮発)
動画理解(不揮発)
動画理解(揮発・即対)
14
3)防犯ベル・GPS・安否メイル
• 従来の障害のある個人に対する携帯電話
の利用についての研究の多くは、地域生活
のsafety(安全確保)に関わる研究が多い。
• しかし「安全確保」は個人のQOLを拡大と一
致するか?
• 「電源を切る」スキルは教えるべきか?
「リスクを冒す権利」もあるのでは?
15
4)日本語教育にも役立つ?
• 携帯電話(メイル)の使用は、教科書などで
学ぶ場合と異なり、実際の生活の文脈の中
でその内容がシェイプアップされる?
16
実践的な教授方法を考える
• 仮想事例:
自閉的傾向もあるろう重複の障害のある
聾学校生徒、17歳。
・一部、書字と文字理解あり。
・携帯電話を遠隔地ではなく、文字表示をし
て楽しむ。50音構造は理解している(入力
が可能)
17
実践的な練習問題
1)携帯電話(メイル)をどのような設定の中で具体
的に「教授」するか?
2)宿題:携帯電話の受信・送信の操作をどのよう
に教えるか?
・まず操作に関する「課題分析表」を作ってみよう。
・それに従って「全課題提示法」で援助つきで教
授をするための細かい手続きを考える。
18
課題分析の例
• 以下の表は、高齢者にPCでメイルを送信
することを教授するための課題分析表で
ある。
これも参考にしながら携帯電話メイルの課題
分析をしてみよう。
書いてみよう!
19
高齢者におけ
るPC操作の支
援
(課題分析)
斉藤(2001)
Mさんの課題分析 : メールを送信する
1
電源ボタンを右に引く。
2
スタートボタンの横にある「Outlook Express」のアイコンをクリックす
る。
3
「ダイヤルアップの接続」の[オフライン作業]ボタンをクリックする。
4
[Outlook Express]の青い帯の端の×印をクリックする。
5
「新しいメール」アイコンをクリックする。
6
メッセージの作成が出るので「宛先:」の横の白い枠をクリックし、送信
先のメールアドレスを入力する。
7
キーボードの「半角/全角」キーを押し日本語入力ができる状態にす
る。
8
「件名:」の横の白い枠をクリックし、メールのタイトルを入力する。
9
下の白い画面をクリックし、本文を入力する。
10
メールができたらツールボタンの「送信」アイコンをクリックする。
11
「送受信」アイコンをクリックする。
12
「オンラインに切り替えますか」で「はい」ボタンをクリックする。
13
「ダイヤルアップの接続」の[接続]ボタンをクリックする。
14
「送信済みアイテム」ホルダに移動したのを確認して、×印をクリック
して「OutlookExpress」を終了する。
15
「今すぐ切断する」をクリックして回線を切断する
16
「スタート」ボタンを押し「Windowsの終了」をクリックする。「電源を切れ
る状態にする」にチェックがついてることを確認して「OK」ボタンを押
す。
20
聴覚障害と知的障害がある生徒における携帯
メールを使用した「おつかい行動」の獲得
濃添晋矢・南 美知代・望月 昭( 2004)
立命館人間科学研究, 7,181-191.
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/krsc/hs/ningen/NINGEN_7/181-191nozoe.pdf
21
ケータイメ-ル:どの特性を活かすか?
• 1)自分のペースで、コミュニケーション
• 2)「不揮発」な特性を活かして、コミュニ
ケーション(言語行動)の痕跡を繰り返して
確認することができる(備忘録機能)
• (当然ながら)モバイル性
そこで、「お使い」場面
22
大学
「バナナ買っ
てきて」②
大学
田中 佐藤
鈴木
K
「ジュース
買ってきて」
①
鈴木さんにジュースを、
佐藤さんにアイスを
買って帰る⑥
コンビニ
「バナナい
りません
(田中)」④
「アイスも買っ
てきて(佐
藤)」⑤
K
おつかいに行く③
目標行動(おつかい物の追加と取り消し)
23
研究デザイン
• プレポストテストデザイン
予備訓練
地
域
店
舗
プ
レ
テ
ス
ト
シミュレーション場
面での訓練
地
域
店
舗
ポ
ス
ト
テ
ス
ト
24
操作訓練(予備訓練)
• 条件性弁別訓練(見本あわせ)のスタイル
着信(物品名)→4物品から→タッチ→強化
選択
25
26
シミュレーション場面の設定
(創思館のトレイニングルーム)
移動中に「追加・取り消し」
文面例:「バナナいりません 佐藤」
27
28
29
実践的問題
• 「着信に気づく」:その改善について、行動
分析学的な観点から説明せよ!
• この研究で、日常生活の中で、ケータイの
持つ特性として、どのようなことが明らかに
なったか(固定電話やファックスとの違い、
ハンドライトのメモとの違い等)?
30
参考記事
「新しい対人援助と情報通信技術」
望月 昭(文学部教授)
樋口宜男(情報理工学部教授)
「学びの交差点」,立命, 230. 立命館大学校友会
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/al/report/pdf/230p
df/20_25.pdf
31
ダウンロード

携帯電話はバリアフリ