プログラミング入門2
第2回
型と演算
条件分岐
篠埜 功
今回の講義内容
 型と演算

いろいろな演算(四則演算など)

浮動小数点型


(例)平均点
型と演算の関係
 条件分岐

if文
第2回
プログラミング入門2
2
四則演算
 四則演算の演算子
第2回
使い方
意味
a+b
aとbの和
a-b
aとbの差
a*b
aとbの積
a/b
aをbで割った商
a%b
aをbで割った剰余
プログラミング入門2
3
(例) 2つの整数の和、差、積、商を表示(打ち込んで実行)
#include <stdio.h>
int main(void)
{
int x;
int y;
printf("二つの整数を入力してください。\n");
printf("整数x:"); scanf("%d", &x);
printf("整数y:"); scanf("%d", &y);
printf("x + y = %d\n", x + y);
printf("x - y = %d\n", x - y);
printf("x * y = %d\n", x * y);
printf("x / y = %d\n", x / y);
printf("x %% y = %d\n", x % y);
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
4
整数演算から実数演算へ
 これまでの計算は整数(int型)のみ
 実数計算の例




点数の平均点
平方根
sin, cos
その他
第2回
プログラミング入門2
5
平均点を求めるプログラム(打ち込んで実行)
/* average_double.c 2科目の点数の平均を表示するプログラム */
#include <stdio.h>
int main(void)
{
int math;
int english;
double average;
printf (“数学の点数は?: ”);
scanf (“%d”, &math);
printf (“英語の点数は?: ”);
scanf (“%d”, &english);
average = (math + english) / 2.0;
/* 平均点を計算 */
printf (“平均点は、%f 点 です。\n”, average );
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
6
型とは
 C言語 実数を 浮動小数点数で表す
 整数 → int 型
 浮動小数点 → double型
型名
int
型名
int
型名
変数名
english ;
タコ焼
(各変数)
int型
english
int型
math
double型
average
変数名
math ;
変数名
double average ;
第2回
タコ焼のカタ
(型)
プログラミング入門2
7
int, double型に対するprintf, scanf関数
int型の場合
double型の場合
printf
printf(“%d”, x);
printf(“%f”, y);
scanf
scanf(“%d”, &x);
scanf(“%lf”, &y);
(参考) printfではfloat型もdouble型も%fを用いる。printf関数のfloat型の引数
はdouble型に変換される(default argument promotion, 既定の実引数拡張)
ので、float型用の変換指定子はいらない。scanf関数では、float型は%f、
double型は%lfを用いる。scanf関数の第2以降引数にはポインタ型の式が与
えられるので、実引数拡張に該当せず、float型とdouble型の区別が必要。
(補足) printfで%lfを用いた場合の動作は未定義だが、多くのコンパイラにお
いて%fと同様に動作する。
第2回
プログラミング入門2
8
double型変数への値の入力と表示
/* 二つの実数値を読み込んで和・差・積・商を実数で表示 */
#include <stdio.h>
int main(void)
{
double x;
double y;
printf ("二つの数を入力してください。\n");
printf ("実数x:"); scanf("%lf", &x);
printf ("実数y:"); scanf("%lf", &y);
printf ("x + y = %f\n", x + y);
printf (“x - y = %f\n", x - y);
printf (“x * y = %f\n", x * y);
printf (“x / y = %f\n", x / y);
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
9
型と代入

int型の変数に小数値を代入すると
9.99
9.99が整数9に変換され、
変数nxに代入される。
nx
int型
 double型の変数に整数値を代入すると
9
9が浮動小数点数9.000…に変
換され、変数dxに代入される。
dx
double型
第2回
プログラミング入門2
10
型と演算
 int型同士、double型同士の演算
5
/ 2
→ 2
5.0 / 2.0 → 2.5
int型同士の場合結果もint型。
double型同士の場合結果もdouble型。
 double型とint型の演算
5.0 / 2 → 2.5
5 / 2.0 → 2.5
片方がint型、もう片方がdouble型の場合、int型の数値をdouble型に
変換してから演算が行われれる(暗黙の型変換, implicit conversion)
。+ や * などの演算でも同様。
第2回
プログラミング入門2
11
型と演算
算術演算+, -, *, /において、異なる型同士の演算では、
型が小さい方のオペランドは、大きい方の型に変換さ
れた上で演算が行われる。
(注)%演算子(割り算の余りを求める演算子)は
double型は引数にとれない。
第2回
プログラミング入門2
12
キャスト演算子 ~ 値の型を強制的に変換
(例1)
(double) 5 → 5.0
(int) 2.55 → 2
85は85.0にキャスト演算子(double)に
よって強制的に型変換される
average = (double) (a + b) / 2 ;
85(int型)
42.5が代
入される
85.0(double型)
(例2)
85.0 / 2
int a;
85.0 / 2.0
(double) / (int)
(double) / (double)
int b;
double average;
2は2.0に暗黙に型変換
される(implicit conversion)
a = 40;
b = 45;
average = (double) (a+b) / 2
第2回
プログラミング入門2
13
キャスト演算子の構文
構文
(<型>) <式>
式 (t) e の意味
式eの評価結果の値を型tに変換した値が、式 (t) e の
評価結果となる。
第2回
プログラミング入門2
14
if文による条件分岐
 条件により、プログラムの流れを変える。
(例)キーボードから入力した整数値が、
• 5で割り切れなかったら、“5の倍数でありません。”
と表示する。
• そうでなかったら(5で割り切れたら)、“5の倍数です。”
と表示する。
第2回
プログラミング入門2
15
if文の構文(その1)
if文の構文(その1)
if (<式>) <文>
(これ自体も文である。たとえば、if文の中にif文
を書くことができる。)
if文 if (e) s の意味
式eを評価し、その結果が0でな
いとき文sを実行する。
第2回
プログラミング入門2
16
例(打ち込んで確認してください)
/* 読み込んだ整数値が5で割り切れるかどうか判定 */
#include <stdio.h>
int main(void)
{
int x;
printf("整数を入力してください:");
scanf("%d", &x);
if (x % 5)
printf ("その数は5で割り切れません。\n");
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
17
if文の構文(その2)
if文の構文(その2)
if (<式>) <文> else <文>
(これ自体も文である。たとえば、if文の中にif文
を書くことができる。)
if文
if (e) s1 else s2
の意味
式eを評価し、その結果が0でない
とき文s1を実行し、0のとき文s2を
実行する。
第2回
プログラミング入門2
18
例(打ち込んで確認してださい)
#include <stdio.h>
int main (void)
{
int x;
printf ("整数を入力してください:");
scanf ("%d", &x);
if (x % 5)
printf (“その数は5で割り切れません。\n");
else
printf (“その数は5で割り切れます。\n");
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
19
式の評価
 C言語における式の例
x
 38
 x + 38
 (x+38) / 2
 式の評価
 xがint型で、15が代入されていたとする。そのとき、
 式xの値は15
 式38の値は38
 式 x+38の値は、53
 式 (x+38) / 2 の値は、26
 上記のように、複雑な式は、部分式の評価をまず行い、その結果の値
を用いて演算(この例では足し算、割り算)を行う。

第2回
プログラミング入門2
20
四則演算式
足し算式の構文
(引き算、掛け算なども同様。)
<式> + <式>
足し算式 e1 + e2 の意味
e1とe2をまず評価し、それらの結果v1, v2の和が足
し算式 e1+e2 の評価結果である。
四則演算式は式である。したがって、たとえば+の左側や右側に引き算式
を書いてよい。
(例)1 - 2 + 3 など。 この例では、赤字の部分の1-2という式が、足し算式
の左側の式を成している。
(補足)四則演算の演算子は左結合である。よって1-2+3は1-2に3を足す
という意味である。2+3を先にしたい場合は括弧をつけ、1-(2+3)のように
記述する。
第2回
プログラミング入門2
21
値の比較の式: 等価演算子(その1) ==
構文
<式> == <式>
(これ自体も式である。たとえば、==の左辺や右辺
で==を使った比較式を書ける。)
式 e1==e2 の意味
式e1, e2を評価し、それらの結果v1, v2が等しいと
きは1、異なるときは0が、式e1==e2の評価結果と
なる。
第2回
プログラミング入門2
22
値比較のプログラム(1)
/* 二つの整数値をキーボードから読み込んで比較 */
#include <stdio.h>
int main (void)
{
int x1;
int x2;
printf ("二つの整数を入力してください。\n");
printf("整数1:");
scanf("%d", &x1);
printf("整数2:");
scanf("%d", &x2);
if (x1 == x2)
printf ("それらの値は同じです。\n");
else
printf (“それらの値は違います。\n”);
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
23
値の比較の式: 等価演算子(その2) !=
構文
<式> != <式>
(これ自体も式である。たとえば、==や!=の左辺や
右辺で!=を使った比較式を書ける。)
式 e1!=e2 の意味
式e1, e2を評価し、それらの結果v1, v2が異なると
きは1、等しいときは0が、式e1!=e2の評価結果とな
る。
第2回
プログラミング入門2
24
値比較のプログラム(2)
/* 二つの整数値をキーボードから読み込んで比較 */
#include <stdio.h>
int main (void)
{
int x1;
int x2;
printf ("二つの整数を入力してください。\n");
printf ("整数1:");
scanf ("%d", &x1);
printf ("整数2:");
scanf ("%d", &x2);
if (x1 != x2)
printf (“それらの値は違います。\n");
else
printf (“それらの値は同じです。\n”);
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
25
3つ以上の条件分岐をするには?
 これまでは流れを2つに分岐 → 3つ以上の場合は?
 例)

所持金2,000円
(1) 商品が2,000円より高かったら,惜しくも買えない.
(2) 商品が2,000円ピッタリだったら,ビンゴ.
(3) 商品が2,000円より安ければ,余裕で買える.
if文の中でif文を使えばよい。(nest, 入れ子)
復習 if文の構文(その2)
if (<式>) <文> else <文>
if文自体、文である。したがって、if文の中の
<文>のところにif文を書いてよい。
第2回
プログラミング入門2
26
値比較のプログラム(3)(打ち込んで確認)
/* 読み込んだ整数値の符号を判定 */
#include <stdio.h>
int main (void)
{
int n;
printf ("整数を入力してください:");
scanf ("%d", &n);
if (n == 0)
printf ("その数は0です。\n");
else if (n > 0)
printf ("その数は正です。\n");
else
printf ("その数は負です。\n");
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
赤字の部分はif文で
あり、外側のif文の
elseパートを成してい
る。
27
大小関係を比較する ~ 関係演算子 >
大小比較式の構文
<式>
>
<式>
大小比較式 e1 > e2 の意味
式e1, e2を評価し、その結果をv1, v2とする。v1がv2より
大きければ1,そうでなければ0が、式e1>e2の評価結果
である。
この比較式自体、式である。==や!=と同様、典型的にはif
文の条件部分に使われるが、その他にも、式が書けると
ころなら自由に書くことができる。
比較演算子には、< 以外に、>, <=, >= もある。
第2回
プログラミング入門2
28
大小関係を比較する ~ 関係演算子
比較式
意味
e1 < e2
式e1, e2を評価し、その結果をv1, v2とすると、v1がv2より小さけ
れば1,そうでなければ0が、式e1<e2の評価結果である。
e1 > e2
式e1, e2を評価し、その結果をv1, v2とすると、v1がv2より大き
ければ1,そうでなければ0が、式e1>e2の評価結果である。
e1 <= e2
式e1, e2を評価し、その結果をv1, v2とすると、v1がv2以下のとき
1,そうでなければ0が、式e1<=e2の評価結果である。
e1 >= e2
式e1, e2を評価し、その結果をv1, v2とすると、v1がv2以上のとき
1,そうでなければ0が、式e1>=e2の評価結果である。
第2回
プログラミング入門2
29
基本課題1
キーボードから金額をint型で読み込み、それに対し消費税を
含む金額を計算するプログラムを書け。ただし、消費税は5%
で、小数点以下は切り捨てとする。
[実行例]
[[email protected] enshu]$ ./kihon2-1
金額を入力してください: 100
消費税を含めた金額は105円です
[[email protected] enshu]$
(実行例において、赤字がキーボードからの入力部分である
。)
第2回
プログラミング入門2
30
基本課題2
int型の値をキーボードから読み込み、それが偶数か奇数かを判
定し、結果を画面上に表示するプログラムを作成せよ。
[実行例]
[[email protected] enshu]$ ./kadai2-2
整数値を入力してください: 100
100は偶数です。
第2回
プログラミング入門2
31
発展課題1
西暦の年数(1868年以降)をキーボードから読み込み、明治、大正、昭和、
平成の表記に変換し、画面上に表示するプログラムを作成せよ。ただし、平
成は永久に続くと仮定する。また、1年は元年と表示するようにせよ。境目
の年(明治45年と大正元年、大正15年と昭和元年、昭和64年と平成元年)
は、新しい元号で表示するようにせよ。
[実行例]
[[email protected] enshu]$ ./hatten2
西暦(1868年以降)を入力してください: 2000
2000年は平成12年です。
[[email protected] enshu]$ ./hatten2
西暦(1868年以降)を入力してください: 1912
1912年は大正元年です。
[[email protected] enshu]$
(上記実行例において、赤字がキーボードからの入力部分である。)
(ヒント) if文のネストで記述する。
第2回
プログラミング入門2
32
発展課題2
西暦の年数(1582年以降)をキーボードから読み込み、閏年かどうかを判
定し、結果を画面上に表示するプログラムを作成せよ。
 閏年の定義としては、以下を用いる。
4で割り切れる年は閏年。
ただし、100で割り切れる年は閏年ではない。ただし、400で割り
切れる年は閏年。

[実行例]
$ ./hatten2-2
西暦(1582年以降)を入力してください: 2010
2010年は閏年ではありません。
$ ./hatten2-2
西暦(1582年以降)を入力してください: 2000
2000年は閏年です。
$ ./hatten2-2
西暦(1582年以降)を入力してください: 1900
1900年は閏年ではありません。
第2回
プログラミング入門2
33
参考課題1
 int型の値を3つキーボードから読み込み、それらの最大
値を画面に表示するプログラムを書け。
[実行例]
[[email protected] enshu]$ ./sankou2-1
3つの値から最大値を求めます。
1つ目の値を入力してください。:3
2つ目の値を入力してください。:4
3つ目の値を入力してください。:2
最大値は4です。
[[email protected] enshu]$
第2回
プログラミング入門2
34
参考課題1 解答例
#include <stdio.h>
int main(void)
{
int x;
int y;
int z;
int max;
/* 続き */
max = x;
if (max < y) max = y;
if (max < z) max = z;
printf("最大値は%dです。\n" , max);
return 0;
}
printf("3つの値から最大値を求めます。\n");
printf("1つ目の値を入力してください。:");
scanf("%d" , &x);
printf("2つ目の値を入力してください。:");
scanf("%d" , &y);
printf("3つ目の値を入力してください。:");
scanf("%d" , &z);
第2回
プログラミング入門2
35
参考課題2
時速をキーボードから読み込み、秒速に変換して画
面に表示するプログラムを書け。
[[email protected] enshu]$ ./sankou2-2
時速何kmですか:100
それを秒速に変換すると秒速0.027778kmです
[[email protected] enshu]$
第2回
プログラミング入門2
36
参考課題2 解答例
#include <stdio.h>
int main()
{
double a;
double b;
printf("時速何kmですか:");
scanf("%lf", &a);
b=a/3600;
printf(“それを秒速に変換すると秒速%fkmです”, b);
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
37
参考課題3
double型の値をキーボードから受け取り、四捨五入した
値を表示するプログラムを書け。
[実行例]
[[email protected] enshu]$ ./sankou2-3
小数点第1位を四捨五入します。
値を入力してください:2.6
四捨五入した値は3です。
[[email protected] enshu]$
第2回
プログラミング入門2
38
参考課題3 解答例
#include <stdio.h>
int main(void)
{
double x;
int y;
printf("小数点第1位を四捨五入します。\n");
printf("値を入力してください:");
scanf("%lf" , &x);
y = (int)(x+0.5);
printf("四捨五入した値は%dです。\n", y);
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
39
参考課題4
次のプログラムを実行すると1.000...と表示される。この
プログラムを1.500...と表示されるようにせよ。
#include<stdio.h>
int main(void)
{
printf(“%f\n”, 3/2);
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
40
参考課題4 解答例
#include<stdio.h>
int main(void)
{
printf("%f\n",3.0/2);
return 0;
}
上記の解答で、printfの部分は
printf("%f\n",3/2.0);
や
printf("%f\n",3.0/2.0);
でもよい。
第2回
プログラミング入門2
41
参考課題5
身長をint型でキーボードから読み込み、それに対する標準体重を
double型で求め、それを画面上に表示するプログラムを作成せよ
。なお、標準体重の計算式は以下で与えられるものとする。
標準体重 = (身長-100)×0.9
[実行例]
[[email protected] enshu]$ ./kadai2-1
身長を入力してください: 176
身長176cmの人の標準体重は68.400000kgです。
第2回
プログラミング入門2
42
参考課題5 解答例
#include <stdio.h>
int main (void) {
int height;
printf ("身長を入力してください: ");
scanf ("%d", &height);
printf ("身長%dcmの人の標準体重は%fkgです。\n",
height, (height - 100) * 0.9);
return 0;
}
第2回
プログラミング入門2
43
ダウンロード

ppt file