Geonovaテクノロジー
Copyright © 2002 SystemK Corporation
1
概要

Geonovaとはどのような技術か
Geonovaテクノロジーとは標高データと画像データをマッピングさせることによって地形の3D
などを生成するGIS技術です.
Geonovaテクノロジーでは標高データをDirect3D/OpenGLエンジンで3Dで描画し、その上にタ
イル分割・マッピングされた画像データを貼り付けます.これにより、Web上でも従来にない
速度とクオリティを実現しました.

Geonovaを構成する製品
G-Vista
G-Compress・・・素材データを標高データファイルと画像データファイルに加工する
G-Scene・・・・・・標高データファイルと画像データファイルを配置、オーサリングを行う
Viewer・・・・・・・・ActiveXによるビューワ
GRIDSサーバ
デー
GRIDSサーバ(Oracle+Spatial)・・・・・・標高データや画像データなどを格納・管理
GRIDSクライアントツール(Java)・・・・上記サーバから任意の範囲を指定して、標高
タファイルと画像データファイルを生成する
Copyright © 2002 SystemK Corporation
2
3D生成までの流れ
G-Compressで標高データと画像データをマッピングした
素材データを生成し、G-Sceneで配置する
標高データ
(テキストデータ)
G-Compress
G-Scenes
画像データ(衛星・空撮データ.
フォーマットはJPEG、BMP、TGA)
Copyright © 2002 SystemK Corporation
3
VRML技術とも共存
G-SceneにはVRMLオブジェクトもインポートできる
(現在はversion1のみ.他バージョン対応も開発中)
これ以外にも画像、テキストなどのオブジェクトやリンクを埋め込むことができます.
Copyright © 2002 SystemK Corporation
4
Webでの表示
Webへの配置も可能
Copyright © 2002 SystemK Corporation
5
GeonovaとGIS
高まるGISニーズに合致
e-Japan構想の中でも重要要素として位置付けられてい
るGISの活用.
画像データ
標高データ
立体オブジェクト
データ
Geonovaが素材を素早く統合、
3Dワールドを生成します.
Copyright © 2002 SystemK Corporation
6
ダウンロード

GEONOVA概要説明