ロボットの設計と改良
矢萩研究室
ソ16026 高木 裕宣
http://www.aomori-u.ac.jp/staff/yahagi/lab/CW_2006/takagi/
このテーマを選んだ理由
一からロボットを作りたい!!
目標
ロボットの動きをより人に近づけるために捻る
ためのモーターを追加する。
完成予想図
この肘の部分に捻る
ためのモーターを新
たに追加したい。
完成予想図
股関節の部分にも捻
るためのモーターを
新たに追加したい。
さらに、出来る範囲
内でいろいろなところ
にモーターを追加し
たい。
具体化の手段
•
•
•
•
SolidWorksで部品を設計する。
SolidWorksで設計した部品を造型機で作る。
出来上がった部品をロボットに組み込む。
新たな部品のためのプログラムを作る。
スケジュール
9月から10月
• 改良のための部品を設計する(1~2週間)
• 設計した部品を造型機で作る。(1週間)
• 出来た部品をロボットに組み込む。(1週間)
11月
• 新しいロボット用の動作プログラムを作る。(1~2週間)
• 動作確認とプログラムまたは部品の改良。(1~2週間)
11月末から12月
• 発表の準備
レビューポイント
•
•
•
•
設計が終わった段階
動作プログラムが出来た段階
再改良型の部品の設計の段階
発表の直前
ダウンロード

PowerPoint