ダウンロード違法化(文化庁案)
○法改正するとされていること
違法であると知って、違法複製物又は違法配信から録音録画する場合を、著
作権法第30条(私的複製の権利制限)の適用対象外に。
ストリーミングに伴うキャッシュについては、必要に応じ法改正。
コンピュータソフトがさらに対象外となる可能性も。
○権利者団体がするとされていること
適法サイトマークの推進と適法サイトに関する情報提供。
民事手続きにおける警告・執行方法の手順に関する周知、相談窓口の設置。
(ネットに公開されている情報を元に概要を作成)
この資料は完全に著作権フリーです。
利用は自己責任でお願いします。
ダウンロード違法化(文化庁案)の問題点
(世界共通の情報インフラ)
ブログ
掲示板
動画共有サイト等々
ほとんどのサイト
は違法かも知れ
ないサイトに!
文化庁
適法サイト認定
権利者団体
あるいは
新たに作られる
適法サイト認定機関
適法サイト
認定料
アップロード
自分のサイトの
適法性を証明す
るためには、適法
サイト認定をもう
らしかないが、コ
スト的に見合わ
ない!
ネット検閲にもつ
ながる!
PCが自動的に
行うダウンロード
とそうでないダウ
ンロードは区別で
きず、ネット利用
そのものが違法
に近くなる!
ダウンロード
天下り
送信可能化権で
アップロード 対応可能!
ダウンロード
悪意ユーザー
プライバシーを完全に侵して個人PCを
差し押さえない限り権利行使不能!
警告状を装った架空請求も増える!
違法かも知れな
いサイトからダ
ウンロードした
言われたとき、
「情を知っていな
かった」というこ
とは反証不能!
善意の一般ユーザー・善意の一般ユーザークリエーター
ダウンロード違法化は、一般ユーザーによるネット利用を萎縮させるだけ!
この資料は完全に著作権フリーです。
利用は自己責任でお願いします。
文化庁の問題点
審議会のユーザー・消費者代表委員の意見をほぼ無
視、7500件のパブコメをロクに精査もしないまま切り
捨て、法改正の方針を一方的に示す。
違法ダウンロードによる権利者の経済的不利益が大
きいとする根拠は薄弱
送信可能化権で対応できないとする根拠も薄弱
ダウンロード違法化が国際潮流であるとする根拠も
不明
この資料は完全に著作権フリーです。
利用は自己責任でお願いします。
本当に必要な認識
インターネットにより生まれた新しい文化は古い文化によって否定され得ないこと。
レコードや放送といったコンテンツ流通産業が、インターネットという新たに登場した
流通手段との競合により、そのパイを減らすのは当たり前のことであり、著作権保護強
化はこれらの産業に対する根本的な対策とはなり得ないこと。
役人の無意味な天下り利権強化につながる認定制度や検閲制度は、新たに生まれ
た文化と産業を潰し、ネット暗黒時代を招く愚策であること。
情報とは自ら作り出し、自ら守るものであり、有害も違法も利用者の認識次第である
ということ。
権利者団体が、ネットを不当に敵視することを止め、利便性の高いコンテンツを正当
な価格で流通させれば、悪意ユーザーよりもはるかに多い善意の一般ユーザーをすぐ
にでも味方につけられるだろうこと。
まだインターネットは生まれたばかりであり、本当の意識改革はこれから。
その段階において、一般ユーザによるネット利用を萎縮させるような法改
正は日本の文化と産業にマイナスの影響しかもたらさない!
この資料は完全に著作権フリーです。
利用は自己責任でお願いします。
最後に
•著作権は文化庁や権利者団体のためのみ
にあるのではない!
•音楽を、映像を、著作権を、文化を国民の
手に!
この資料は完全に著作権フリーです。
利用は自己責任でお願いします。
ダウンロード

「download_siryou」をダウンロード