ネブライザーについて
2009年4月30日
集学治療病棟 白石 美恵
ネブライザーについて





ネブライザーの原理と構造
ネブライザーの種類と使用目的
ネブライザーの吸入薬液
ネブライザーの感染予防と感染管理
ネブライザーのトラブル
ネブライザーの原理と構造
超音波ネブライザー
(ウルトラネブライザー)
①発振器でつくられた電気エネルギーによって
振動子が振動
②この振動波が水槽内の水、ダイヤフラム、
チャンバー内の薬液に伝播する
③液面が激しく揺さぶられ、噴水状に盛り上がり、
その先端で細かい霧となり舞い上がる
細かい霧をエアロゾルという
直径0.5~5μmの微小で安定した均一の粒子
○全身麻酔下術後の患者の排痰のための加湿
×気管支が過敏で狭窄しているような喘息や慢性
閉塞性肺疾患(COPD)患者
発作を増悪可能性あり
ウルトラネブライザーの構造
ハンドネブライザー
(ジェットネブライ
ザー)
①薬液の中に細い管を立て、その片端にジェット
流を供給する細管の先端が接する構造
②ジェット流が供給されると、流速の早い部分の
圧力が他の部分より低くなって、薬液は細い管
から吸い上げられ、ジェット流によって吹き飛ば
され、微小なエアロゾルを作り出す
(ベルヌーイの定理)
毛細血管現象を利用してくみあげられた溶液に
空気を吹き付けて、溶液を霧状粒子にして吸入
ジェットネブライザーの構造
*超音波式よりも粒子が不均一で粗い
*使用する薬液は2~4mlと少量であり、過剰な水分で気道閉塞しない
*適応:喘息発作時、COPD増悪時
*圧縮空気を用いて吸入
ネブライザーの使用目的
給湿とエアロゾル吸入療法
給湿

生成された粒子表面からの気化で湿度を保持
効果:超音波ネブライザー>ジェットネブライザー
副作用:長時間の直接の気道吸入→水分過剰→気道粘膜が
粘稠度を著しく低下→自浄作用低下
短時間の使用:超音波ネブライザー
長時間の使用:ジェットネブライザー
ネブライザーの使い分け
吸入療法
薬物をエアロゾル化して気道や肺に投与
エアロゾルが沈着する部位がその粒子の
大きさによってことなる
治療部位に沈着する粒子の
大きさを知っておく!!!
気管支や肺胞のような末梢レベルの治療
超音波ネブライザーが有効
手前の気管レベルの治療
ジェットネブライザーが有効
粒子の大きさと沈着部位
ネブライザーの吸入薬液



ネブライザーで使用される水や薬液が汚染され
ていると、細菌を含んだエアロゾルが生成され
る
エアロゾルは、数μmの小さい粒子であるため、
細菌を含んだエアロゾルは呼吸器の深部や肺胞
まで
到達する
肺炎や感染症を起こす危険性があるため、ネブ
ライ
誤薬予防・感染予防のために






吸入薬液は必ずカラーシリンジで作成
清潔操作で作成し、清潔に取り扱う
作成日、患者氏名、薬液内容を明記
薬液は24時間毎に作成し冷所に保管
吸入薬作成、吸入療法実施前には手洗い・手
指消毒などを行う
患者、医療スタッフへの指導
細菌感染を防ぐには






定期的な回路交換
水槽内の水は毎日交換
薬液カップは使用毎に洗浄
薬液のつぎ足しはしない
蛇管内に水分を貯留させない
使用後の回路消毒と本体清拭
ウルトラネブライザーチェックリ
スト
ネブライザーを実施する前
に・・・

使用前点検
・本体に汚れや破損はないか?
・フィルターの汚染や破損はないか?
・薬液カップやダイアフラム、発振筒に汚染や破
損
はないか?
・し管の破損やひび割れなどがないか?
・し管、蛇管、薬液カップなどは患者毎に使用し
滅
菌されたものであるか?
超音波ネブライザーをしよう

必要物品
超音波ネブライザー本体
蛇管
薬液カップ、ダイヤフラム
発振筒
吸入薬液
水道水(水槽内用)
タオル、ティッシュなど
ガーグルベースン
(含嗽用)
送風量
噴霧量調整
パネル
送風器フィルター
バクテリアフィル
ター
ジェットネブライザーをしよう

必要物品
ジェットネブライザー本
体
エアフィルター
し管
延長チューブ
薬液
タオル、ティッシュなど
ガーグルベースン(含嗽
用)
し管
本体
延長チューブを接続
圧縮空気吹き出し口
ネブライザーのトラブル

チャンバー内で噴霧していないor噴霧量が少ない
本体の電源は?
噴霧量設定レベルは?
水槽内の水は?
薬液は?
ダイヤフラムが逆さま?変形は?

蛇管の出口まで噴霧されない
蛇管内の水分貯留は?
送風器フィルターの汚染は?
送風器の故障は?
ダウンロード

ネブライザーについて