ユニバーサルデザイン
地域農業システム
17070050
市原 聡一郎
1 定義について
(又は、使用・利用目的)
• ユニバーサルデザインの7つの原則
1.誰でも使えて手にいれることが出来る(公平性)
2.柔軟に使用できる(自由度)
3.使い方が簡単にわかる(単純性)
4.使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
5.間違えても重大な結果にならない(安全性)
6.少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
7.使うときに適当な広さがある(スペースの確保)
2 装置の概要について
あらかじめ、できる限りすべての人にとって使い
やすい製品・建物・空間をデザインしておくとい
う考え方
(ロン・メイス)
3 測定方法・調査方法について
・チェックリスト
ユニバーサルデザインの7原則を柱に、チェッ クリストを作成
し、観光地を「公平性」、「自由・柔軟性」、「単純性」、「わかりやす
さ」、「安全性」、「省体力」、「スペースの確保」という視点から
チェック
・調査レポート
現地調査の中で、特に気付いた点などについて
・調査票
・インターネットを利用した市場調査
4.具体な利用例・応用例について
滋賀県の農業技術振興センターでは、平成7年度に農業改良普及セ
ンターと協力して、少量土壌培地耕によるイチゴの高設栽培技術を
開発しました。この技術により、全ての作業がかがまずに立ったまま
できるようになり、高齢者、女性をはじめ、だれもがイチゴ栽培に気
軽に取り組めるようになりました。また、観光イチゴ園としても見た目
がきれいで、車いすの人なども楽にイチゴが摘めるようになり、多く
の人に喜ばれています。
5. その他・特記事項
ユニバーサルデザインとバリアフリーの違いははじ
めから障害を取り除いてつくられることをユニバー
サルデザインといい、作られたものの障害を取り除
くことをバリアフリーという
6. 参考サイト
Google
http://www.pref.shiga.jp/ud/02_torikumi/nougyou_01.html
http://www.pref.mie.jp/UD/HP/home/know/univer/index.htm
など
ダウンロード

レポート No.1